無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
記事ランキング
ブログジャンル
<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
第10回 大阪モーターショー  その1
2年ぶりのモーターショーに行ってきた。
今年は息子が同じく南港の横にある舞洲で8時からクラブの練習試合があったので
8時半にはインテックス大阪に着き9時半の開門に並んだ。
近くにある駐車場にも止めれてイイコトばかりだと思った。

さて、今年のモーターショーは特に大きな目玉がなく、各企業のブースも
未来の実現するかしないか無責任な夢ばかりのコンセプトカーが目立った。
そんな中、私の一番の目的は実際に発売されたアルファロメオのジュリアクアドリである。

フェラーリーチューンのエンジンを積むとうわさがあったジュリアのクアドリであるが
実際はそうではなかったようである。それでも、当初のスペックのまま510Psで
発売された。本国では左ハンドルの6MTもあり、走りを楽しむにはこれ一択であるが、
ジュリエッタの時のように右ハンドル仕様の輸入バージョン右ハンドル6MTは見送られた。

ジュリエッタもミトもアルファは初期モデルのみ6MTを積極的に右ハンドル化して
輸入したが、どうも売れ行きが悪かったようで、両車種とも6MTは廃番となっている。


GIULIA QUADRIFOGLIO
c0145198_1847497.jpg

c0145198_18475794.jpg

c0145198_18481899.jpg


実際に見てみると、1200万円もする高級感はあまりない。
ちょうどアルファブースの真ん前にあってメルセデスブースのAMGは同じ価格帯の
AMGでも、もっと高級感と威圧感をコウディネートしていた。
この辺り、アルファは見せ方が下手である。イタリア車にとってドイツ車は大きな
ライバルであるが、いささかこの車格ではBMW、ベンツに大きく水を開けられている。

c0145198_18512699.jpg


この四つ葉のクローバーはかつてのワークスドライバーが幸せのクローバーを
マシンに描いてレースに勝ったことから、アルファの各モデルの最上モデルに奢られている
伝統のマークである。正式にはクアドリフォリオベルデと呼ぶらしい。

c0145198_18534056.jpg


横からフロント部分を見てみると、イタリヤ車であることを示す「色気」がある。
マセラティのグランツーリスモにも通じる、イタリア顔である。
ドイツの剛健質実とは違い、イタリア車はしなやかなイメージである。

c0145198_1855433.jpg


こうやって人間の立った目線から見ても、1200万円もして510Psもあるような
スーパーカーには見えないところが大好きだ。ベンツのAMGのE63と比べても
ダサさは無い。私はもし買えるのであればBMWのM3やAMGよりも、コイツを
選びたいと思った。

さて、既に発売されているGIULIA QUADRIFOGLIOであるが、実際に公道で見るのは
いつの日になるだろうか!!
by eos1d3 | 2017-12-11 18:58 | 徒然に | Comments(4)
ルマンド アイス
ルマンドアイスが販売されると宣伝があり、妻とそんな話題をしていると
数日後、「ルマンドアイス、ほんまに売ってたわ!!」と買ってきてくれた。
しかも、1コ198円もする庶民にはやや高級なアイスだった。

c0145198_18254962.jpg


注意深く中を開けてみると、ややズッシリするモナカアイスがそこに入っていた。

c0145198_18265556.jpg


ルマンドはブルボンの有名なお菓子で、昭和時代の我々でもみんな知っているお菓子だ。
ルマンド、ルマンドホワイト、ホワイトロリータ、バームロール、レーズンサンドと
変わったネーミングで有名である。

c0145198_18433322.jpg


さて、かじってみると、中には確かにルマンドがそのまま入っている!!

ようするにこうである!
ルマンドアイスは、ルマンドをバニラモナカに無理やり入れたやや購入なアイスだったのだ!

しかし、おいしい!!
一度食べてみてください!!
by eos1d3 | 2017-12-10 18:45 | 徒然に | Comments(0)
FX-Audio D802 デジタルアンプ
またもやいらんもんを買ってしまった。
このところ中華製のデジタルアンプに凝っております。
6月に買ったのはハイレゾ対応ではなかったけど、今回のはハイレゾ対応のDACだ。
DACとはデジタルをアナログに変換する装置であるが、余っていたノートPCに
JRiver22というハイレゾ対応の音楽ソフトを入れてそれをUSBにて出力する。
AISOで出力したモノをこのDACでアナログ信号に変えてそのままスピーカーに。
本体にアンプの付いているので、アンプ付きDACという事になります。

それにしても怪しいパッケージです。
c0145198_18245368.jpg

c0145198_18252844.jpg


この製品の仕様は一応こんな感じ


フルデジタルアンプIC STMicroelectronics製
「STA326」搭載 デジタル入出力に対応したICを使用することにより、入力からアンプIC
までをフルデジタル化することでデジタル音源の劣化を最小限にし、 デジタルアンプの
メリットを最大限に引き出しています。 最大80W×2chの出力、ギャングエラーのない
電子ボリューム (100Step) アナログボリュームではどうしても出てしまうギャングエラー
(左右のボリューム誤差)を排除し、小音量での定位が安定します。
100段階の細かいボリューム調整が可能です。
トーンコントロール機能 (調整範囲±12dB/±14ステップ) デジタルトーンコントロール機能に
より、アナログなトーンコントロール回路でありがちな信号の損失を回避しつつ高音質な
トーン調節が可能です。
16種類のイコライザープリセット設定 デジタル制御のイコライザー機能により16種類の
プリセットからお好みの設定が可能です。

デジタル入力3系統を装備
(ハイレゾ対応) 光デジタル/同軸デジタル/USB の3系統デジタル信号入力に対応。
FX-AUDIO- DAC-X5J/DAC-X6Jなどで実績のある「VT1630」をUSBレシーバー(USB DDC)と
して搭載(最大24bit/96kHz)し、光/同軸入力に対し、デジタルオーディオレシーバーとして旭化成
「AKM4113」を搭載(最大24bit/192kHz)。信頼の日本メーカー旭化成エレクトロニクス社の
DIR(DAI)を採用致しました。


と書いてあります。
実際に細かくインプレッションを!
まず、電子ボリュームの100ステップは細かすぎてイカン!!
なかなか音量が大きく出来ないし小さくも出来ない。
それとトーンコントロールやイコライザー機能を使うと途端に音がアナログ化して劣化する。
これはダイレクトの「Hi-Fi」が一番である。

入力端子にアナログのピンコード入力が出来ないので、例えばiPhoneを繋いでそのまま
アナログ入力して出力は出来ない。あくまでもDACである。
それと、PC等からUSB入力した場合は24bit/96khzが最大である。特にASIO出力した場合
音楽ソフト側でアップサンプリングして192kHzとかにすると16bitに落ちてしまいます。

c0145198_18342528.jpg


私はUSB接続のバナナプラグからダリのスピーカーに出力しています。
音質の方は最初はやや籠り気味な感じです。今後エイジングしてクリアーになるかな?と
言った感じです。
c0145198_1836917.jpg


ただ、この金額(1万円前)では、このディスプレイがついていてDACアンプという事で
そこそこのお得感があります。周波数もPC側のサウンド設定を変えるとちゃんと連動して
変化するので、その辺りは大丈夫そうです。

モノが小さいのDACとして使うのは最高だと思いますよ!
by eos1d3 | 2017-12-09 18:37 | 徒然に | Comments(0)
母のステント手術
c0145198_208424.jpg



今日は母のカテーテルによるステント手術が行われた。
前回書いたようにバイパス手術はする必要がないという事だったのでした。

心臓には大きな動脈が3本流れています。
右側に1本と左側に2本です。
特に右側の冠動脈は重要らしく、ここが完全に詰まると虚血性の急性心不全となり
ほぼ即死ということです。そして、左の2本も重要で父はこの3本全部にステントを入れました。

母の方は左側は狭窄しているものの、血流はそれほど落ちていなくてここにステントを入れても
それほどの効果がないという事であった。

今日は右冠動脈のステント手術ですが、狭窄部分が2か所あり約2時間かかりました。
それでも、十分にバルーンで膨らませてステントを入れたので造影剤を入れての撮影では
狭窄部分が見えないほどに広がっていました。

これで、今年は様子見で、来年は心臓の静脈部分の心房細動についての治療が始まります。
これもカテーテルによって患部を低温やけどさせて心臓の余計な震えを(微細動)を
制御するそうです。この手術は4泊5日で予定されています。
上手くいけばいいのですが・・・。
by eos1d3 | 2017-12-08 20:17 | 徒然に | Comments(0)
ハイレゾ再び
ずっと昔、子供たちがまだ小学生だった頃に使っていた部屋の一角を使った
机と本棚に使っていないハイレゾ音楽再生装置を移設した。
そもそもこのノートPCも2008年に購入した超古いPCであるが、
それにJRiver22をインストールしたら、ハイレゾ音源を入れて十分に聞くことが出来る。

ノートPCからデジタルOUTしてDENON DA-300USBに繋いで、それをアンプに繋いで
ダリのスピーカーから出力する。
これで、Amazon Musicの音楽も疑似ハイレゾとしてアップサンプリングして出力。

河合奈保子や斉藤由貴などの昭和のナンバーでご機嫌だ。

c0145198_18164628.jpg

c0145198_1817262.jpg

by eos1d3 | 2017-12-07 18:17 | 徒然に | Comments(0)
イージークリック ベルト
c0145198_18203012.jpg
c0145198_18204175.jpg


イージークリックのベルトとは時計のベルトを変えるときに、工具が要らないベルトです。
一般的にベルトを変えるときにはバネ棒と呼ばれる金属製の棒を工具で外す必要があります。
しかし、このイージークリックであれば、工具入らずで簡単に外せます。

この見えている「チョボ」をスライドさせることでバネ棒のストッパーがヘッコんで
ベルトが外れるのです。

c0145198_1824062.jpg


茶色から鼠色に変えてみました。

c0145198_18243148.jpg


c0145198_18245424.jpg

c0145198_1825869.jpg


色温度がばっちり決まっていないので分かりにくいですが、どっちがいいでしょうか??


これなら、毎日簡単に交換出来て面白いですね。
by eos1d3 | 2017-12-06 18:26 | 徒然に | Comments(0)
Martin D45(1971) リペアー完了
今年5月に予約をしたギターのリペアーでしたが、11月になって順番がやってきて
ギターを送ると、約2週間でリペアーを終え戻ってきました。
ネックの状況を変えたかったですが、店主いわく、「リセットの必要はなく、前のリペアーマンが
適正な処置をしている」との事で、ネック状況と弾きやすさの向上は主に、リフレットと
ナット・サドルの再製作で調整を行う事にしました。

そもそも、元々1971年のネック幅は狭い方の42.9mmです。これがD45GEや戦前モデルの
リバイバル品であれば45mmとなって、手の大きな男性には弾きやすいのです。
それが3mm狭いだけでナットの弦の切込み幅が窮屈になり、特に2弦の1フレット辺りを
押さえた時にどうしてもミュート気味になってしまうのです。
それを、出来る限り広げた特製ナットを作ってもらいました。それでいて、決して弦落ちしない
絶妙の調整です。それと、1フレット以降のフレットの高さを上手く合わせて、軽い力で
弦を押さえられるようにすると、音の一つ一つがより生きてきます。

c0145198_18214193.jpg


前のナットと作ってもらった特製オフセットナットの違いです。
弦間が全く違います。

この状態で弦を張ると2mm切っていました。

c0145198_18212041.jpg

c0145198_18213660.jpg


それでいて、サドルの高さもこれだけ残っています。
12フレットはナット・サドル間のちょうど半分の位置にあるので、サドルを1mm削ると
12フレット上では0.5mm下がる計算です。

それと、ペグも長年の間で動きにくくなっていたところを、分解掃除してもらいました。
これで、ピカピカです。
c0145198_18213219.jpg



チューニングには電子メーターを使い、ペグは直接触りません。
ペグに指の油が着くと、色あせが歪になるのです。

c0145198_18211221.jpg



サドルの2弦部分の接地を1mm下げているので、オンチにはなりません。



後は、アバロン貝の全体的なリペアーです。
Martinのビンテージのアバロン貝(メキシコアワビ貝)はその装飾の抑えの塗料が
どんどん剥がれてきます。それをヒビンテージの風味を損なえずに修繕していきます。

最後に軽くパフ掛けをして仕上がります。
c0145198_18205773.jpg



元々を知っているので、かなりきれいにパフ掛かっています。
1日経って、ネック具合を見てみると、12フレット上での弦高は2.1mmです、
c0145198_18215123.jpg



おそらく、ネックを触っていないので、この程度で落ち着くと思われます。
そして弾いてみると、軽い力でしっかりと全部の弦を押さえられます。
簡単なようで、これが一番難しいセッティングだと思います。

ちなみに、私の送った時のダンボールが薄かったので、専用のダンボールで
送ってくれました。「高級ギター取り扱い厳重注意」と印刷されています。
今後、この2重の分厚いダンボールで送れるので安心です。

リフレットをして、同い年の1971年生まれのギターを今後も大事にしていこうと思います。
c0145198_18215998.jpg

by eos1d3 | 2017-12-05 18:45 | 徒然に | Comments(2)
アルファロメオ・ザウバーF1
アルファロメオが33年ぶりにF1の世界に復帰するらしい。
アルファがF1で走っていたころのレースは見たことがないが、
昨年ジュリアのクアドリを発表しそのパフォーマンスから、
アルファも超スポーツカーの世界に舞い戻っってくるのかと予感しておりました。

アルファロメオジュリアのクアドリが510psなので、1回でも乗ってみたいと
思っていましたが、実際に日本の公道を走るには持て余すこと間違いないので、
宝の持ち腐れになるかな~とそんな思いです。

c0145198_16253624.jpg



そういう私も4年前からアルファロメオジュリエッタのクアドリに乗っていて
満足しています。だから、来年はアルファロメオ・ザウバーF1を応援したいと思います。

ちなみに、現在はスポーツカーの雄となっているフェラーリーも、もともとは
アルファロメオのワークスドライバーでした。
その後、独立しF1チームを作り、ついにはアルファロメオを負かしてしまいます。
「私は母を殺してしまった」
フェラーリーの有名すぎる言葉です。
by eos1d3 | 2017-12-04 16:28 | 徒然に | Comments(0)
スピーカー移設
DALI ZENSOR1というスピーカーですが、サブ的な用途で買いましたが、
ほとんど使っていない毎日です。そこで、狭い本棚のスペースに入れてみました。
使うアンプはこれまたあまり使っていない中華アンプです。

c0145198_17145853.jpg
c0145198_17151081.jpg


これをPCのヘッドフォン端子に繋ぎ、Amazon Musicで無料で音楽を聞きながら
Mini の本を読むのが最近の私の流行りです。

それにしても、Amazon Musicは最強やなぁ~。
デジタルアウトでハイレゾ出力できたらDAC繋いでハイレゾ再生できるのになぁ~。
by eos1d3 | 2017-12-03 17:17 | 徒然に | Comments(0)
当選案内
c0145198_1826948.jpg


2年ぶりの大阪モーターショーを1週間後に控えた今日、
「来週のモーターショーの前売り券そろそろ買わなあかんな~」と話していた。
そして、そういえば、かなり前にJ:COMからペア招待券を応募したことを思い出した。
「まぁ、応募してるから、ひょっとして当たったらあかんから、もうちょっとまっとこ」
そんなやり取りをしていた。

先ほど、会社から帰ってきて郵便受けをみてみると、この封筒が入っていた。
リアルタイムな話題だったのですぐに分かった。

c0145198_18295331.jpg

c0145198_1830821.jpg



「今日、話してたらほんまに当たった!!」

そう、なかなかこういうのには当たらない我が家。
前売り1400円の2枚分、ほんとに助かりました!!ありがと~~
by eos1d3 | 2017-12-02 18:31 | 徒然に | Comments(0)