無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、最初は..
by ゼク at 20:14
wataru-wataさ..
by ゼク at 20:11
セグさま コメントにお..
by uemura at 22:04
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:57
You actua..
by Cialis online at 17:55
uemuraさん、お久し..
by ゼク at 18:37
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
<   2018年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2018 NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース
c0145198_19242875.jpg

c0145198_19245339.jpg

c0145198_1925646.jpg

c0145198_19252233.jpg

c0145198_19253665.jpg

c0145198_19255526.jpg

c0145198_1926121.jpg

c0145198_19262535.jpg

c0145198_19265083.jpg

c0145198_1927669.jpg

c0145198_19271640.jpg

c0145198_19273179.jpg




昨年の最終戦は土曜日の予選だけで日曜日は天候不順で中止になりました。
半年ぶりの鈴鹿で忘れたものを取りに行ったつもりが、さらに忘れてきた感じです。
SF14の最後の年になる2018ですが、ドライバーも一新し新しく始まります。
F1のように2種類のスペックの違うタイヤで戦われ、
年間通しての同じフォーマットで行われることになりました。
去年まであった2レース制は、たしかにバタバタして強いチームだけがPtを
増やせる方式でした。見る側は2回のグリッドウォークが経験出来ていいのですが・・・。

さて、開幕戦は山本選手のポール・トゥー・ウィンでした。
結婚しお子様が出来た山本部長は確実にホンダのエースになっていると思います。
おめでとうございました!!
by eos1d3 | 2018-04-23 19:35 | 徒然に | Comments(0)
久々の鈴鹿へ
今日は久々半年ぶりの鈴鹿です!!
昨年のSuper Formulaの最終戦に行ったきり、ファン感にも来なかったので
半年ぶりになります。あの時は天候不順で結局予選だけやって決勝は無くなりました。
その結果、ガスリーが0.5pt差でチャンピオンを逃したのでした。
F1を回避してまでSFに賭けたのに、実に悔しいレースでした。
私もガスリーを応援していたので本当に残念な思いで、土曜日に早々家に帰りました。

例年であれば土曜日の予選から観戦に来るのですが、今年は息子のクラブ活動の
公式戦に被りましたので、そちらを優先し決勝のみです。
PPはそのガスリーが在籍した無限チームの山本選手が獲得。
c0145198_22192136.jpg

(写真は2017年岡山より)

彼も、数年前に最終戦鈴鹿で関口選手を僅差でかわして逆転チャンピオンを獲得し
GTではバトンと組んで走る、いまやホンダのエースと言っていいほどのドライバーに
なりました!!昨年は結婚そしてお子さんが生まれる目出度い事尽くし!
ストイックで真面目な彼は誰からも愛される存在であります。

さて、決勝ではトップチェッカーを切れるでしょうか!!
by eos1d3 | 2018-04-22 12:00 | 徒然に | Comments(0)
第16回大阪高校ソフトボール春季大会
本日はSUPER Formulaの鈴鹿へ行く予定でしたが、息子のクラブ活動の公式戦がありました。
この春季大会と次のインターハイ予選が3年生と出来る最後の試合です。
この大会に負けてしまえば、残りは6月のインターハイ予選だけで、そこで負ければ3年生は
引退してしまいます。1試合でも多く試合したいものです。

1回戦は大阪学芸高校に10-7で勝ちました。
2回戦は常翔学園(旧大阪工大高校)との試合でベスト4を目指します。
初回に2点取られて、2回の表も6点入れられて一時は10-1と負けていました。
3回裏に4点返して10-5となり、膠着状態が続き、最終回の7回表、ノーアウト満塁の
ピンチを0点に切り抜けたのが大きかったのか、7回裏の攻撃は息子からの打順。
足の速い息子はレフト前のヒットで2塁を陥れました。次のヒットで帰ってきて1点返しました。
これで、常翔のピッチャーも疲れたのか、四球が続き、ノーアウト満塁から押し出しの1点を献上。
ここで、7回裏11-7、しかもまだノーアウト満塁。逆転あるかも?と思いましたが、
ここから2人連続三振で、2死満塁のまま。最後の打者も2ストライクと追い込まれ、これまでか?
と思ったところ、なんとライト方向に逆転サヨナラ満塁ホームランを放ちました!!

c0145198_18293559.jpg

c0145198_18294320.jpg




常翔学園高2620100  11
初芝立命館0141006× 12

やはり、先月、全国私学大会でコテンパンにやられながらも、7試合ほどしたことの
実力と自信が花開いたのか、こんなドラマのような試合はなかなか見れません。
本当に、奇跡のような試合を目の当たりにしたものです。
by eos1d3 | 2018-04-21 18:33 | 徒然に | Comments(0)
スミス クロノメトリックタコメーター
c0145198_1935777.jpg



私の今度購入するBL MINI COOPER S Mk-III(1970)にはタコメーターが付いている。
もちろん、現在の車でも付いているのですが、これはスミス クロノメトリックと言って
機械式のタコメーターであります。
私が1992年に乗っていたミニにもタコメーターを後付けしましたが、それは電気式でした。
電気式と機械式ではそもそもの方式が違い、特にミニの場合機械式の方が特段に高いのです。

1960~70年代の英国SMITHS製のクロノメトリック。
その独特の針の動きがいまから楽しみだ。
by eos1d3 | 2018-04-20 19:07 | 徒然に | Comments(0)
TOYOTA 2000GT
c0145198_18492383.jpg

c0145198_1850537.jpg

c0145198_1851583.jpg



TOYOTA 2000GTは日本が誇るビンテージスーパーカーである。
の内装に使われているウッドステアリングやインストルメントパネルなど、
高級志向のパーツは楽器製造で木工技術に長けていたヤマハの技術が多数盛り込まれました。

総生産台数は337台。新車価格は238万円。当時は大卒の初任給が2万ちょっとだった時代ですから、
初任給の100倍!いかに高額な車だったか、おわかりになるでしょう。

エンジンは、2,000ccの直列6気筒で、最高出力は当時としては大きな150ps。
全長4,170mm×全幅1,600mm×全高1,160mmと小柄ですが、
とても存在感のある美しいスタイルでした。

プリマベーラには今までに5台くらいの2000GTを見ました。
どれもきっとフルレストアされていて抜群の状態です。
とにかく、この旧車が最近値上がり方向にあります。
特にハコスカのGTRはちょっと前まで1000万円も出せば買えましたが、今では
2500万円、状態が良ければもっとします。
さらに、ケンメリGTRは197台しか作られていないので5000万円ほどの金額です。
そう考えると、2000GTの1億円と言う金額も納得が行きます。

もちろん、この様な2000万円ほどの旧車を待っている人は当然他にもたくさんの
車を持っている財力があります。何台も持っている1台がこれなのでしょう。
それにしても、2000GTで走るドライブはこの上ない贅沢な時間でしょう。

私の昭和45年式のミニも私にとっては2000GT以上のものです!!
by eos1d3 | 2018-04-19 18:57 | 徒然に | Comments(2)
車で聴いた曲

c0145198_18152318.jpg




よく人は古い歌を聴くと、その時の事を思い出すと言いますが
私もそのように思います。
例えば、MINIに乗っていた1992年頃は当時の長渕剛のJAPANを聴いたり、
流行っていた槇原敬之を聴いていた。
その頃のMINIには新車だったのでカーステレオがあってMDを付けていたので
最新のCDを入れてよく聴いたものだった。
お世辞にもきれいに聞こえる様な遮音性は持ち得ていない車だったので
80kmを越えると、騒音で何も聞こえなかったが・・・。

その頃、ちょうどカーナビも流行りだして、日本橋にポータブルのカーナビを
買いに行ってMINIに付けたこともある。
1994年頃には、普通に普及しだして、ダッシュボードに液晶画面を付けてカーナビを
表示させていた。今のような2DIN一体型になったのはずっと後の事だった。

しかし、あれから25年経って、まさか再びMINIに乗るとは思っていなかった。
次のミニは昭和45年式なので、カーステもカーナビもない。
もちろん、付けることは可能であるが敢えて付けない。

CDが売れなくなって、ダウンロードした楽曲をメモリープレーヤーに入れたり
今では、スマホに入れてイヤホンで聴く時代。カーナビさえもスマホで十分な時代。
時代が進化しすぎて、1994年頃よりは、昭和45年に近づいた??
c0145198_18263396.jpg


きっと何もつけなくても、十分ではないか?
スマホがあればカーナビもいらないのではないか?
結構、現在の状況は昔に近づいて簡素化しているのかもしれません。
by eos1d3 | 2018-04-18 18:27 | 徒然に | Comments(0)
BRITISH LEYLAND サイドバッジ
MiniがMk-iiからMk-iiiになった時に、モーリスとオースチンのブランドがなくなり
ブリテッシュレイランドという会社になったのは有名な話ですが、どうじに、それぞれの
エンブレムも統一されたものになりました。
Mk-iiまでは無かったサイドバッジがドアの前の方に付くようになりました。

このバッジには何種類かあるようですが、時代によって分けられているようです。
1970~71までが青地のこいつです。
c0145198_1825175.jpg

c0145198_18252692.jpg

オリジナルは裏側にピンが2本あります。
そして表面はツルツルとしています。

そして72年以降は凹凸のある青と銀が逆転するパターンのエンブレムです。
c0145198_18271023.jpg

こちらの方が高級感に満ち溢れています。
そして、1975年以降はさらに車の左側だけにしか付かなくなったようです。

詳しく書くと、ミッションのリモートがロッドチェンジになった時にこの凹凸の
バッジに変わったようです。ですのでMk-iiiのクーパーSは全てリモートBOXが
付いているのでこの最初の青地のツルツルのバッジになります。
逆に、1972年以降のMk-iiiは全て凹凸のバッジで間違いないです。

私のクーパーSにも
c0145198_1832868.jpg

青地のツルツルが付いているようです。
by eos1d3 | 2018-04-17 18:32 | 徒然に | Comments(0)
同窓生名簿作成
c0145198_18203274.jpg



先日我が家に高校の同窓生名簿を作るので、現在の近況を教えてほしいという
往復はがきが来ました。もちろん、我が家に届くという事は、私が前回の名簿作成の時に
訂正ハガキを送ってから変更がないからであるが・・。

うちの妻は高校の同級生だから、我が家には同じハガキが2通来ている。
住所、名前、勤務先に違いがあれば訂正して送って欲しいとの事。
それと、最近同窓会をしたなら、その名簿を、年賀状等で同窓生の家を知っているなら
それを教えてほしいとあるが、そんな個人情報がややこしい時代に、教える人がいるだろうか。
ましてや、全卒業生が乗る同窓生名簿に、名前を載せたくない人もいるだろう。

私の高校はちょうど私が生まれた1971年に創立した。なので私は15期生。
今はちょうど47期生くらいだろうか??
一番若い卒業生は18歳で、一番上の卒業生は62歳くらい。
卒業した順に、居場所が分からなくなっているだろう。
私も、友達付き合いが良い方でないので、高校の友達は片手で数えるくらいしかいない。
それでも、高校が思い出深いものになっているのは、やはり妻が同窓生であるからだ。
私にとってそういった意味では高校はいまだずっと続いているように感じるのである。
by eos1d3 | 2018-04-16 18:28 | 徒然に | Comments(0)
La Festa Primavera 2018 大阪市役所
毎年であれば、スタート地点である熱田神宮に行くのですが、今年は仕事の都合で行けずに
地元大阪市役所で通過スタンプポイントで待ち構えて撮影しました。

c0145198_1952653.jpg

c0145198_195468.jpg

c0145198_196585.jpg

c0145198_196224.jpg


昔は大阪スタートで、大阪ゴールだったので2回楽しめましたが、
名古屋スタートの京都ゴールで、大阪は通過点になってしまい少し残念です。
来年くらいは住吉大社スタートの大阪城ゴールでどうでしょうか??
by eos1d3 | 2018-04-15 19:08 | 徒然に | Comments(4)
F1中国GP 予選
c0145198_18423293.jpg



今年はF1が面白いと思ったが、やはり思惑通りにはいかなかった。
昨年中盤より続く、マクラーレンとトロロッソのエンジンメーカーの入れ替えは
色々と面白おかしく報じられて開幕を迎えたが、結局はどっちもどっちだ。
中国GPの予選を見ても両チームとも、中盤から後方の戦い。
どっちが上に行こうが、下位チームの遠吠えになりそうだ。
by eos1d3 | 2018-04-14 18:48 | 徒然に | Comments(0)