無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、最初は..
by ゼク at 20:14
wataru-wataさ..
by ゼク at 20:11
セグさま コメントにお..
by uemura at 22:04
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:57
You actua..
by Cialis online at 17:55
uemuraさん、お久し..
by ゼク at 18:37
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
肝油ドロップ
みなさんは「カワイ 肝油ドロップ」というものをご存知でしょうか?

実は僕も知りませんでした。僕が始めてこのドロップを知ったのは娘が幼稚園に入園した
7年前のことだった。うちの幼稚園では帰る時に先生が園児に1粒づつこのドロップを
配るシステムになっている。

結構体にいいらしくビタミンAとビタミンD2がたくさん入っていて体力低下の時にビタミンを
補給してくれるのである。しかも目の乾燥にも効果があるのである。
僕は5年前にLASIKという目の近視矯正手術をしてから目が乾くようになりこのドロップを
1日2粒ずっと飲んでいます。

c0145198_2057971.jpg


ちなみに家では小さい方の缶の「ビタミンECカワイ」も飲んでいる。
これは字の如くビタミンE、ビタミンCたくさん入っていて、しみ、そばかす、肩こり、
手足のしびれ、冷え、鼻血、肉体疲労・・・・に効きます。

しかしこの缶のレトロなモノクロの写真は何か平成の現代によってはとても惹かれる
もので特に大きい方の缶の子供の写真は今はどんな立派は大人になっているのだろう?
とそればかりが気になって仕方ないのであります。

EOS 5DMarkII + SIGMA 50mmF1.4
# by eos1d3 | 2009-01-11 21:02 | 徒然に | Comments(20)
商売繁盛しますように・・・・・!
うちは今年で19年目になる小さな会社を営んでいます。
いろいろ景気に左右されながら何とか売り上げを横ばいに保ちながら頑張っております。
これも社員一同の努力の賜物といつも感謝しております。

さて、毎年のことながら今年も戎さんの時期が来て、昨年のお札等を返し、今年の
新しいものを買ってきました。そしてまた来年も何事もなくこの場所に来れますように!
とお祈りをするのです。

昨年までのお札を返します!たくさんのお札が神社に返されています。
c0145198_16432351.jpg


今年はどれにしようか?たくさんありますね!
c0145198_16445310.jpg


え~~い!今年は張り込んで一番大きい恵比寿さんのお顔入りにしよう!
c0145198_1645543.jpg



今年は例年になく厳しい年になるかもしれません。
何とか景気が良くなってたくさんの人が笑顔になれるように!といつも思います。


c0145198_16573995.jpg

神社の梅はまだ蕾も固いですが、その小さな蕾の一つ一つに確かに赤い花が見えています。
これからまだまだ寒くなりますが、間違いなく春はやってくるよ!と私たちに教えてくれています。

撮影機材
ALL
EOS 5DMarkII + SIGMA 50mmF1.4
# by eos1d3 | 2009-01-10 16:52 | SIG 50mmF1.4 | Comments(20)
2009 SUPER GT apr   カローラ アクシオ仕様 
c0145198_1223642.jpg


昨年までMR-SでGT300クラスに参戦していたaprチームですが、今年からカローラアクシオに変え参戦する事になったようです。
しかもカローラボディーにV6 3500ccをブチ込んでしかもミッドシップになるそうです。

ベース車は1800ccの136psですので、このマンモスカーぶりがわかりますよね??
c0145198_1261812.jpg




2007年はトイズ号として石浦・大嶋組でチャンピオンに輝き、2008年はカーズ号として
平手選手(2008年FN新人賞)、国本選手(F3マカオチャンピオン)を擁して何かと
話題を振りまきました!GW中の富士では優勝しましたね!!

このaprチームは凄い選手ばかりで注目度抜群です!

さて、今年はカローラアクシオでどんな戦いをみせてくれるのだろうか!

2008年 Cars号に敬意を表して!
c0145198_1211383.jpg

c0145198_12114962.jpg

c0145198_1212341.jpg

EOS 1DMarkIII + EF500mmF4LIS:鈴鹿POKKA1000Km

しかしMRSは本当に小さかった!ムルシエラゴと並んだら同じクラスとは思わなかった・・・。
ありがとうMRS!
# by eos1d3 | 2009-01-09 12:11 | EF500mmF4LIS | Comments(36)
大阪で生まれた女 18
みなさんはBOROが唄った「大阪で生まれた女」という曲を知っているでしょうか?

おそらく40歳前後の方はリアルタイムで知っていると思います。

     踊り疲れた ディスコの帰り
     これで青春も終わりかなと呟いて
     あなたの肩を眺めながら
     痩せたなと思ったら泣けてきた

     大阪で生まれた女やさかい 大阪の町よう捨てん
     大阪で生まれた女やさかい 東京へはようついて行かん
     踊り疲れた ディスコの帰り
     電信柱に染み付いた夜

という曲であります。

実はこの曲は本当は18番まである30分を超える長い曲なのです。
それをレコーディングする際にその中から4番と6番だけをつまみだして世に出したと
言うものなのです。僕はこの18番まである「原曲」のものを1989年に買いました。

c0145198_9115990.jpg



実は1989年と言うのは僕にとっては意味のある大きな年でした。
1つ目に高校卒業して今までの仲間と離れ、しかも大学受験に失敗し環境が大きくかわったこと。
2つ目に昭和の時代が終わり平成になったこと。高校生ながらにこの年号が変わると言う事は
非常に意味のある出来事でした。
3つ目に車の免許を取り、行動範囲が大きく増えていろんな場所に行けるようになったこと。
責任のある自由の痛感しました。(免許は高校時代に取得です)
4つ目に人生でたった1年ですがどこにも属さない「浪人」という極めて不安定な境地に立った
のです。その不安は意外に大きく勉強嫌いな僕は本当に苦しみました。


そんな年に、ようするに浪人中にこの曲を購入したのです。

僕はギターをやっていたのでBOROの曲は結構聞いていました。
そしてこの長い18番までに曲を買ったのでした。

そんな激動の中で聞いたこの曲にびっくりしました。

この歌の主人公「大阪で生まれた女」の高校生から現在までが唄われているのでありました。
高校の時に夢を追いかける男を好きになり、やがて男は夢を叶える為に東京に出る。
自分は大阪を出たくなかったけど、結局は彼を追って東京に行くことを決意した。
ここまでがレコードになった内容です。

しかし実際はここからまだ12番もあるのです。

東京で2人で力を合わせ暮らすのですが、生活に追われてなかなか夢が現実にならない
そんな苦しい生活の中「大阪で生まれた女」の親から大阪に戻ってこいと手紙がきたのです。

「大阪で生まれた女」は夢を追い続ける人と別れて1人大阪に戻る決意をしました。
そして2人には別々の好きな人が出来、大人への扉を開けたのでした。

結局、「大阪で生まれた女」は大阪で夢を追った人ではない人と結婚し子供が出来ました。
そこである日、夢を追った人が「夢を叶えた」人になった事を知るのです。
高校での出会い、そして東京での2人の暮らし、すべてが素晴らしい思い出に変わった今
それと同時に過去の出来事にも変わった瞬間でした。

これは16番です。

    最後の手紙
    夢をつかんだ人へ
    すばらしい人生を創る人よ
    あなたがくれた日々に乾杯
    大阪は今日もあの日のまま
    あなたの青春が残っている
    大阪は今日も活気にあふれ
    又どこからか人が来る
    最後の手紙
    夢をつかんだ人へおめでとう
    大阪で生まれた女より
    大阪で生まれた女より


そして最後の18番はこう締めくくっています。

    青春は何かを
    つかもうとする時
    ゆがんだ正義を
    つかまされもする
    それを否定することは出来ない
    たとえ小さな過ちでさえも
    それは小さな二人の
    愛のせいではなく
    青春そのものが
    ゆれ動く時代

青春とは同時に未熟ながら一生懸命に生きている瞬間でもある。
未熟であるから故に間違った道に進んでしまうこともあり得ます。
しかしそれを否定する事は出来ません。
青春とは何かに向かって真っすぐ進んでいる姿であり過程でもあります。
決して、若かった時のことではなく、今も真っ直ぐに夢に向かって進んでいる人は
青春の中に生きているのであります。
# by eos1d3 | 2009-01-08 09:55 | 徒然に | Comments(14)