無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、最初は..
by ゼク at 20:14
wataru-wataさ..
by ゼク at 20:11
セグさま コメントにお..
by uemura at 22:04
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:57
You actua..
by Cialis online at 17:55
uemuraさん、お久し..
by ゼク at 18:37
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
大きな樹
c0145198_16135788.jpg

うちの近くの神社にはそれはそれは大きな樹があります。
この楠は樹齢400年以上で大阪市の保存樹に指定されています。
下から見上げれば本当に大きな樹です!
正直言ってAPS-Hの24mmでも入りきらないのでFULLの17mmだったらいいかもしれません。

5D2が来たらもう一回チャレンジしよう。


樹と言うのはご存じのとおり我々人間より長生きします。
この樹がこの場所に植えられたのはおそらく戦国時代であったと思われます。

1600年頃ってこの辺りはどんな感じだったのだろうか?
そしてこの樹は一体何を見てきたのだろうか?
変わりゆく大阪をずっと見てきたに違いない!そう考えると人間なんてちっぽけな存在に思えます。

c0145198_16212394.jpg

きっと室町時代の人、江戸時代の人、明治の人、大正の人、昭和の人、平成の人・・・・・
いろんな時代の人がこの樹に願いを賭けたに違いない。
いまだに青々と茂るこの楠を見ていろんなことを考えてしまいました・・・・・。


空は秋空で、実に清々しい一日でした!
c0145198_16243334.jpg

# by eos1d3 | 2008-10-10 16:26 | EF24-70mmF2.8L | Comments(6)
うちの机事情
最近、下のチビが小学校に入り約半年が経ちよくよく考えてみた。
「そう言えば、上の子は小学校入学前に自分の机を欲しがったが、下の子は全く欲しがらないな」って事であります。

やはり上の子は最初の子なのでなんでも新品で当然机も良い物を買ってやった。
既に自分の子供が小学生になった周囲の親たちから、「最初のうちは机なんか使わへんで!
だいたいリビングのテーブルで十分やわ!」と聞いていた。
それでも、親としても自分の子が小学生になるのが嬉しくて、そういう意味も込めて机を買った!

うちは3階建ての家で娘の部屋を3階にしてやり、そこに机やタンスを置いてやった。





あれから5年・・・・・・・・・・・。
c0145198_20364181.jpg

自分の机を一度も使うことなく平然と5年生になっている(笑)
娘いわく、「だって3階はお化けが出るから怖いし、一人やったら寂しいもん」と言うことだ。

こんな事があったので下の息子が小学校に入学する前から机の増設は考えずに、2階の居間にある隙間に僕が机のスペースを作ってやったのである。

しかも2人が並んでもいいように長めの机を買って、棚も隙間にはめて照明までバッチリだ!

c0145198_2041251.jpg

こんな感じで見事に隙間に入って2人仲良く勉強?しています。

親としては低年齢化する非行とは無縁の娘をみてホッとするのだが、やはり5年前に買ってやった
机の事は今でも心残りだ!!!

娘よ!中学校になったら6年越しの机をちゃんと使うんだぞ!!

しかし仲良く、姉弟2人で僕の作った机に座っているのを見るのも実に嬉しい気分だ!
いつまでも素直に育って欲しいと願わずにはいられない今日この頃でした。
# by eos1d3 | 2008-10-09 20:46 | Xacti C4 | Comments(4)
僕の中の永遠の新幹線
いつもBLOGの方でお世話になっているWisteriaさんに新幹線の初期型(新幹線0系電車)が今年11月末で全ての運転を終えることを聞きました。

正直に言いまして僕はこの新幹線0型がまだ東海道線を含め全国で走っていると思っていました。
ところが調べてみると東海道線ではすでに1999年9月18日を最後に運転されていないらしく、
僅かに残った山陽新幹線でも残り2か月の運転となっているとのことだった。

思い起こせば、1971年生まれの僕にとって新幹線と言えばこの0型だった。
初めて乗った新幹線も小学校の修学旅行で乗ったのも高校の修学旅行で乗ったのもこの新幹線だった。
1964年から走っているので実はすでに44年も走り続けている。
僕より人生の先輩になる。そんな僕にとって「超当たり前だった真の新幹線」が44年間の運転を後2か月で終えようとしてるのである。

僕の家から新大阪は目と鼻の先!思い立ったが吉日と言わんばかりに時刻表をみて行ってきました!

やはり0型新幹線が来るころにはカメラマンが増えてきて最終的には20人くらいになりました!
誰が何と言っても昭和生まれの僕はこいつが新幹線だ!!!

その雄姿が神戸方面から見えた時には万感の思いでした!
目の前で見て本当に懐かしい感じがした。そして温かかった。
コイツがもう2か月でなくなるなんてどうしても考えられません!!
c0145198_17413979.jpg


c0145198_17452843.jpg

実にま~~るくやわらかいお顔をしておられます。

c0145198_17463297.jpg

カメラマンに囲まれて運転士さんも誇らしげです!

c0145198_1747418.jpg

コイツも別れが寂しくて目を真っ赤にして泣いています。

c0145198_17483525.jpg

c0145198_17484682.jpg

しかしいつもでも泣いておれません!目を白目にパッと換えて男らしい顔になりました!
そしてたくさんのカメラマンに見送られて西へ西へ旅立ちました!



昭和39年から始まった我が国の新幹線運転!
高度成長の日本を支え、大阪ー東京と一体幾人のビジネスマンを運んだことだろうか!
そして、人と共に夢も乗せてずっと走りつづけた0型新幹線!!!
その雄姿が見れるのもあと2か月だけとなりました!!!
最終日、果たして一体幾人の人がお別れに行くのだろうか・・・・・・。
それまでは元気で走り続けて欲しいと思い、いつまでも見送るのでありました!
# by eos1d3 | 2008-10-07 17:50 | EF24-70mmF2.8L | Comments(20)
運動会の写真のそれから
先月末の子供たちの運動会の記事はすでに掲載しましたが、
それから10日あまり経って思わぬところで嬉しい声が聞こえてきました・・・・!!

うちの小学校は大阪市内でもかなりの少人数児童であると思います。
ということは小学校区域も住民が少ないと言うことになります。そんな中で地域の役をやっているともうほとんど顔がみなに知れているという感じになるのです。

いろんな行事で写真を撮っていると「ゼクさんは見たこともないようなデカいカメラでいつも写真を撮っている」と噂になります。

確かにこの規模の運動会ではコンパクトカメラの割合が半分以上で一眼レフも最近増えてきましたがやはりコンパクトなものが多い印象を受けるのです。

その中で僕の見た中ではCANONの白レンズは僕以外にはおらず、誰とすれ違っても「えらいカメラ持ってまんなぁ」とコテコテの大阪弁であいさつ代わりに言われるのでありました。

そして、決まって「そのデカいレンズやったらごっつい先まで見えるやろ?うちの子も撮っといてや!」と言われるのでありました!!

よし!それならチビたちの友達の分も撮ってやろう!と知ってる顔が見えたらシャッターを押すのでありました!もちろん義務ではないのでプレッシャーはありません。

ここだけの話、自分の子が出る前の露出チェックに友達を撮ったりもします!
しかし逆にプレッシャーのない分その方が上手に撮れていることが多々ありました!

そうやって家に帰ってみてみるとやはり良く撮れています!
そのうちの何枚かをプリントして娘や息子に持たせ、友達に渡してもらいました!

そうするとやがてご両親から電話があり「うわぁ~、ほんまにありがとう!めっちゃ上手いこと撮れててほんまに嬉しいわぁ~~!」と社交辞令でない本当の喜びを語ってくれます。
お母さんによっては涙を浮かべながら「今回の運動会は旦那が仕事で1枚も写真撮ってやれんかったからほんまに嬉しいわ!」と言ってくれさえしました!

僕の考えでは、こういったスナップは時間が経つほどに値打ちが出るのです。
今はたいしたことがなくても10年後20年後と大事にしておけば、いつしかその写真は掛け替えのない「宝物」に代わることもあるのです。

ですのでよく言われるように「子供の時の写真はお金がかかってでも残してあげたら、実際はお金で買えない価値がある」というはの本当だと思うのです。

写真は動画と違い一瞬の「静止画像」でしかありませんが、人間と言うものは記憶のどこかに全てを覚えていて、その一瞬を見るだけでその時の周りの景色・友人の表情・そして匂いまでも
思い出すことが出来ると思うのです。

そんな思いを込めながら、今までずっと子供たちの写真を撮ってきました。
そしてこれからもその気持ちはかわりません。

c0145198_110256.jpg


娘が「パパ!組体(組み立て体操)頑張って練習したから、いっぱい写真撮ってや!絶対やで!」と嬉しそうに言っていたことも、満足そうな笑みで保護者にお礼をするこの写真を
見るたびにこれから先、永年に渡って瞬間にこのときの空気の中に戻して記憶を蘇らせてくれることだと確信するのでありました。
# by eos1d3 | 2008-10-06 11:04 | 徒然に | Comments(18)