無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
ジュニアユースさん、どう..
by ゼク at 17:07
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:10
MOGUさん、私も気を付..
by ゼク at 19:01
私は逆に20年超えてから..
by MOGU at 19:14
ジュニアユースさん、どう..
by ゼク at 22:22
ゼクさん、こんにちは。 ..
by ジュニアユース at 22:04
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
アコースティックギターについて
以前よりこのBLOGでギターネタが出てくる時があります。
詳しくは私のもう一つのBLOGに載っていますが、そのことについて少々書きたいと思います。


アコースティックギター(以下アコギ)は自分の中学校3年生の時からの趣味であります。

そのアコギの世界にはメーカーも世界的にたくさんあり同じような形のギターを作っているのですが、今回は材料について少しだけ・・・・・・。

一般的にアコギに使われる木材は
TOP材(サウンドホールの開いた表側)にはスプルースが多く使われます。
呼び方もたくさんありジャーマンスプルース、シトカスプルース、イングルマンスプルース、
アディロンスプルース、えぞ松・・・・・・と色々あります。

そしてサイド(横側の木)とバック(裏側の木)は同じ物が使われることがおおく、
日本で言う、紫檀系が多くつかわれます。その名もローズウッドでこれもいろいろあります!
インドローズ、マダガスカルローズ、コーラルローズ、アマゾンローズ、そしてブラジリアンローズ・・・・・とあります。

この中でブラジリアンローズだけ「そして」と付けました。
理由があります!数ある材の中でこのブラジリアンローズだけは1960年代後半に
絶滅の危機に直面したためにワシントン条約により規制されたのでありました。
それは現在でも続いておりブラジリアンローズで作ったギターを輸出するには許可状がいります!それでも1970年初頭にはまだ材は結構あったみたいでYAMAHA、MORRISという
日本のメーカーも材を買い込んで保存していました。

そうして、ついに2000年を超えたあたりでとうとうメーカーにも材は尽きて高騰の一途を
辿るのでありました。

要するに簡単に言うと、
アコギを作り出した時代(1800年中ごろ?)くらいはブラジリアンローズがたくさんあり
ギターつくりに向いていることからどのギターにも普通に使われてきました。
ところがあまりにみんながブラジリアンローズばかりで作るのでついには材が無くなった。

・・・・とこんなところだと思います。

世界で有名なアコギメーカーと言えばMARTIN社、GIBSON社とありますが、
その中でMARTIN社は1969年を以てローズウッドをブラジル産から東インド産に換えた。
それ以降MARTIN社ではスタンダードモデルにはすべてインド産ローズを使うようになったのだ。


となると最後のスタンダードのブラジリアンローズ製ギターであっても約40年前になる。
そうです、すでにビンテージ品と呼べるくらいになっているんです。
金額的には1969年製のブラジリアンローズ製ギターと1970年に東インド産に変わったギター
では1年しかかわらないのに大袈裟に言えば3倍近い差があります。

先ほど2000年を超えた辺りで急激にブラジリアンローズ製のギターが値上がりしたと書きましたが、
2008年の今ではほぼ新品でのブラジリアンローズ製のギターは入手不可になってきています。
材はもう在庫分があるだけなのですべて限定品になります。
昨年MARTIN社から出たD28オーセンティックと言うモデルは現在新品で購入出来る
MARTIN社の唯一のギターで日本でも500万円で売られていることからその高騰ぶりが
伺える。

ブラジリアンローズとはいろんな木目があります。

ブラジリアンローズとは・・・・・
# by eos1d3 | 2008-05-08 15:04 | 徒然に | Comments(2)
GW最終日・・・・・・・
今日は大阪は朝から雲ひとつ無い快晴のピーカンでした。
今日は朝からいつもの場所でカワセミ君と戯れようと足早に出かけました・・。

ところが着いていきなり異変が・・・・・。

いつもの常連さんが誰一人としていないのであります。
という事は、ついにカワセミ君は全く出なくなって場所換えされたのか!?!?と勘繰りました。

ところが待つこと1時間半でカワセミ君は頭上を通り過ぎました。
今日は来るかもしれないな・・・、と淡い期待を抱きつつ待ちました。

時にはトンボを撮ったり時間を潰しながら・・・・。

c0145198_18594671.jpg



しかし、今日は連休の最終日とあってか皆さん、身近なところで済まそうとしたのか、
いつもに増して凄い人で子供たちも凄くて池の周りは網を持った子供たちで埋め尽くされました。

ついに外国人の子供が池の中に入り出しました。しかも歩き回ります!!
池の中は完全に濁ってしまい、私の心も濁ってしまいました。

時間は2時になっていましたが僕はここを諦めて、車を走らせて更に北に余野(大阪府最北部)
に行きました。ここまで来れば人は少なく自然の川があります。僕はここでカワセミを待ちました。
・・・がやはり幾ら待っても全く気配すらありません。

すると、昨日行った、箕面市の国定公園で夕方になるとオオルリが来ることを思い出したのです。
そこの管理のおっちゃんが夕方になると毎日くるから待っとり!!

ところで、どの辺りにくるんですか??と僕が聞くと

おじさんは、「あっこやで!」と言いました。
さらにおじさんは、オオルリはいつもあっこに止まりよる!今日ももうすぐ来るで!!


・・・・・・・おじさんの指差したところは公園の中の一番高い木のそれも天辺でした。
おそらく30mはあると思います!!!

待つこと1時間
# by eos1d3 | 2008-05-06 19:12 | 徒然に | Comments(4)
2008 ゴールデンウィーク
今年のゴールデンウィークは大手企業では10連休というのもあるようですが、
零細企業のうちでは完璧な暦どおりでございます。もちろん土曜日も仕事です!!

まず、4月27日(日)は朝からいつもの場所にカワセミ撮りに!!
しかし2回だけ頭上を飛んでいっただけで1枚も撮れずに帰って来ました。

29日(祝)は朝から初めてのフリーマーケットです。夕方までピーカンの中でフリマ楽しみました。このフリマは万博公園内と言うことで、途中カワセミ見に行きましたが1回も来ませんでした。

30、5/1、2と仕事。

3日(祝)は朝から淀川の河川敷でバーベキュウ大会!夕方まで楽しみました。
ひばりが飛んでました・・・・・。

4日(日)は朝から部屋の掃除!昼からはSUPER GT第3戦富士のLIVE中継観戦!
この日は一回も外に出ずです。

5日(祝)は朝から箕面国定公園にてカワセミ君を散策!一度も見れず!オオルリは間違いなく現れるとの情報もありましたが全く気配すらなく退散!

明日6日も朝からカワセミ探索に出かけるつもりです!!
しかし、どこも情報でもこの時期のカワセミ君の出没状況は悪いようです。明日も期待はできません!!

この後、7、8、9日と仕事で、10(土)、11(日)は今年初めてのフォーミュラーニッポン鈴鹿です!今年から始まった予選のノックアウト方式を見てみたいです!!
開幕のコンドウ号の2台は予選の調子はよかったので非常に楽しみです!!

行かれる方、どこかでお会いできればいいですね!
# by eos1d3 | 2008-05-05 23:38 | 徒然に | Comments(12)
名曲特集
カメラとは関係ないですが、僕も大好きなYouTubeを見ていて素晴らしい名曲に辿り着きました。
というよりこの曲は前から知っていましたが、作曲者の玉置浩二氏が歌っているのを初めてみました。

ここ最近、玉置作品が大好きでCDを購入しています。
安全地帯時代はなんだかトゲトゲしていて??でしたが最近は実に優しい曲が多いと思います。
「プレゼント」「しあわせのランプ」「あの頃へ」等大好きな唄をよく車で聴きます。

嘲笑
作詞:北野武
作曲:玉置浩二

さて、この世の中に永遠というものがあるでしょうか?
何気ない風景や音、匂い、色まで永遠ではないでしょう。
しかし人は変わって欲しくない、変わりたくないものが誰しも一つ二つ持っています。

遥か昔見た星が今見ている星と何ら変わらない・・・・・・、
人は変わってしまった、私もあなたも変わってしまった、でも変わらないものがあるんだ!
とそう事実に直面したときのうれしさを唄った曲です。

人生が深く、感性の豊かな北野氏だから書けた詩だと思います。

私も・・・・・・
# by eos1d3 | 2008-05-04 15:06 | 徒然に | Comments(9)