無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:22
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:20
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 09:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 09:28
Energy Slim ..
by GregoryDax at 02:57
wataru-wataさ..
by ゼク at 13:26
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:アコースティックギター ( 95 ) タグの人気記事
ERNIE BALL サムピック
c0145198_18282193.jpg



フォークギターを弾くのに欠かせないピック。
普通のフラットピックはもちろんですが、フィンガリングにはサムピックを
利用する人も多いのではないでしょうか。

しかし、このサムピックですが、一口にサム(親指)ピックといっても色んなメーカーがあります。
サイズもMとかLとかあって実際に店舗に行って親指にはめないと感覚がつかめません。

私も高校生のころはYAMAHAを使うのが正義と思っていたので、弦、カポ、ピック、サムピックと
全てYAMAHAでした。そのうち、タカミネやモーリスも使うようになります。
やがて、このERNIE BALLサムピックが柔らかく弦を弾くのに「生きた」音が出ることにに気付きました。

ところが、柔らかいので耐久性が悪く、すぐに割れるのです。
なかなか取り扱っている店舗も少なく困っていましたが、ようやく楽天で見つけました。

とりあず12コ買いましたがこれで何年かは大丈夫でしょう!!
安心しました!!

c0145198_18351768.jpg

by eos1d3 | 2016-03-29 18:35 | 徒然に | Comments(0)
ギターのナット高さと弾きやすさ
ギターの弾きやすさは何も12フレットの弦高だけで決まるわけではない。
ネックの順反りでも5フレット前後が弾き難くなるし、ナットの溝の切り込みや
ナット自体の高さにも弾きやすさは大きく左右される。

私の持っているギターでも、ナットの高さで1フレットの弾きやすさが全然違う。
差し金を当てて図ってみると、僅かな違いであるが見て取れる。

c0145198_1963793.jpg
c0145198_1965096.jpg


この写真はそれぞれ6弦のの1フレットと5フレットの弦高である。
Martin o-18とMorris W-150はそれぞれ5フレットの弦高が1.2mm前後で
1フレットはo-18が0.5mm以下、W-150も0.6mmくらいだろうか。

c0145198_1992621.jpg


しかしMartin D-45は5フレットで1.7mm、1フレットで0.9mmくらいの高さになっている。
この微妙な高さの違いが指に効いてくるのである。

あまり低くなるとビビリの原因になるが、不思議とo-18は全くビビラない。
こんな感じで調整出来れば同じ感覚で弾けるのであるが・・・・。
by eos1d3 | 2016-02-29 19:12 | 徒然に | Comments(2)
ギターのチューニング
c0145198_18311645.jpg




ギターを演奏するにはまずチューニングしなければなりません。そして正しいチューニングを
するには5弦の開放音を110Hzに合わせる必要があるのです。
音叉には大抵440Hzと書いてありますが、それは5弦の5フレのハーモニクスの音です。


私はこの音叉を使うのが生ギターを愛するものの勤めだ!と信じて疑わず、実に10年以上は
音叉のみでチューニングしてきたのであった。

すると、どこからかそんな古臭いもんで音合わせてるんか??と文句が出てきます。
c0145198_18372940.jpg



そこで、チューニングメーターを買うに至ります。
これはエレキもOKなのでピンプラグをさすところがあります。
まぁ、マイクも付いているのでそのまま開放弦を弾けば液晶のメーターが上がり音が合います。

このメーターのいいところは6つの弦をバラバラにチューニングできることから平均的にうまく
合っている状態に出来るのです。


音叉であわせれば、合っているのは5弦だけなので、あとは自力で合わせて行かなければなりません。
このあたりの平均的全体的な音の出来はメーターの方が上だと感じております。


そして、ついに・・・・・。
c0145198_18415045.jpg


時代はクリップ式チューニングメーターへ!(ってもう何年も前からありまんで~~)

ギターのヘッドに挟むと音を拾ってメーターが動きます。
このメーターの優秀なのは、半音落としのチューニングにも完璧にあわせてくれることです。

右上にFLAT1と書いているのがそうです。

ミュージシャンの方も結構いますが、半音落として1カポでレヒュラーになるようにチューニング
している場合があります。まず1つ単純にキーを落とせることと、もう一つは1カポのほうが
弾きやすいかだと2つあると思われます。

私はギターに負担を少しでもかけたくないのでもう何年も前からそうしています。

まぁ、それにしても2500円ほどのこのクリップ式メーター、本当に優秀です。
これだったら、もう一個買おうかな~~。
by eos1d3 | 2016-02-21 18:50 | 徒然に | Comments(0)
Martin D-45 DX CFM BR
a0083903_22591219.jpg

a0083903_22592122.jpg
a0083903_22593043.jpg
a0083903_2259379.jpg
a0083903_22594548.jpg


私の持っているもう1本のD45は購入して既に10年ほど経っている。
ハカランダのD45は今では本当に新品では手に入れにくい。
マダガスカルローズやココボロのような木材がよく使われていて、
金額的も150万円~200万円くらいの値がついている。

さて、このギターは1996年製で購入したのは2006年だった。
当時同じモデルでBR(ブラジリアンローズ)とR(インドローズ)と両方が作られたらしい。
BRの方は、ロングサドルでメキシコアワビ貝の装飾が写真のようにネック裏にも入っている。
おそらくオリジナルD45になぞられて91本発売された。
一方R版は200本くらい売られたと言われている。サドルは普通のサドルである。

インレイがスノーフレイクであることとネック幅が広い方(44mm)であり、オリジナルでも
初期型を模している。1971年のD45がヘキサゴンインレイであることを思えば静かな印象だ。

ローズ版の1971年とこのハカランダの1996年では音の出方がまったく違う。
確かブレージングも違うはずである。
このギターは音が大きく、グランドピアノのように鳴ります。
一方、1971年は音がきめ細かくてクリアーです。

両方のD45を今後どのようにしていこうか??
宝の持ち腐れであるが、やはり楽しいものだ。
by eos1d3 | 2016-02-03 19:23 | 徒然に | Comments(1)
YAMAHA LL-55D 激鳴り?
c0145198_18474839.jpg
c0145198_1848054.jpg




昨年9月にサドルを微調整してからというものLL-55Dが激鳴りの様相を見せている。
というのは購入したMartin D-45(1971)の鳴りが繊細なので55Dが激鳴りに聞こえるのだと思う。

感覚的にはD45の倍くらい鳴っているように思う。
しかし、聴きようによってはぼやけた音かもしれない。
Martinはクリアーであるのはノンスキャロップのブレージングだからかもしれない。

c0145198_18552343.jpg


サドルの高さは12Fで2.5mmの弦高を保ってもまだこれだけ残っている。
ネックの起きもなく極めて健全な状態といえる。
ただ、弦を張ったままだとブリッジ周辺が膨らんでくるので弦高が2.7mm以上になったら
1ヶ月弦を緩めて休ませるようにしている。

c0145198_18581876.jpg


YAMAHAのカスタムはバック板にもインレイ(メキシコアワビ貝)が入っており実にきれいだ。
ヤマハはハカランダ表記なのでこれがブラジル産のローズウッドと確定はしていないが、
なかなかいい木目をしていると思う。
by eos1d3 | 2016-01-27 19:00 | 徒然に | Comments(2)
Martin o-18(1949)
このギター1949年製のMartin O-18というモデルであります。
今年でもう66歳になってます!どえらいです!!

みなさんが良く見るギターの形とは違うと思います。
一般的にギターと言うのはタイプが分かれていて、D,OM,OOO,OO,Oという順番で小さくなっていきます。
Dはドレッドノートと言い普通の形のギターです!
僕のこのギターはO(シングルオー)といい、一番小さいタイプになるのです!
c0145198_195481.jpg


もちろんボディーが小さくなるに従って音量は小さくなります!
しかし66年も使われているとギター全体が乾燥しきって実に素晴らしい音がなるのです!

このギター、数年前に超有名なルシアーさんに全面リフレッシュしてもらいました。
ネックリセット、フレット全交換、ほかナットサドル作成&調整
今でも絶好調で12Fの弦高が2.0mmを保ち、季節によって木の動きがすくないです。

糸巻きもオリジナルです!ようするに60年経ってます!
この糸巻きですが、微調整は難しいような形状ですが、以外によく合います。
c0145198_1955459.jpg




Martinと言うのは憧れのギターです!そしてこの小さなギターはこれからもずっと弾き続けるでしょう!
c0145198_2011590.jpg



このギター、ストロークで弾くには音量不足かもしれませんが、ちょっと爪弾くには
最高にいい音が出ます。決して手放さないギターと思っています。
c0145198_2022864.jpg



撮影機材
ALL Photo:EOS 5DMarkIII+ EF24-70mmF2.8L
by eos1d3 | 2016-01-13 18:47 | 徒然に | Comments(2)
Martin D-45(1971) ナット調整
c0145198_2054419.jpg



どうも弾いてみると2弦の音がおかしい。
音が詰まっていてビビっていてクリアーじゃない。
しかし1フレ、2フレと押さえるとちゃんと出る。
こりゃ2弦のナットの切込みで振動が干渉しているとサッチ。
たまたま近くにナットのミゾを削る専用のヤスリを購入できました。

おそるおそる引いてみると、なんていうことでしょうか!!
ビビリが直りました!!

これで今日は明菜ちゃんの「SO LONG」という弾きます。
角松さんの曲で、Bitter And Sweetに入っている大好きな曲です。

c0145198_20583933.jpg
c0145198_20585255.jpg


やっぱりD45のビンテージの音は実にクリアーであります。
ヤマハとモーリスのハカランダとは全く違う音です。
1つ1つの音がよく言うとはっきりした輪郭を持っていますが悪く言うと広がりません。

ヤマハとモーリスはやや大雑把な音ですが広がります。
まぁ、違う音だから楽しいんですが!!
by eos1d3 | 2016-01-06 21:00 | RICOH GR | Comments(2)
本田美奈子 APERITIF コード譜
私は本田美奈子さんのファンだった。と言っても熱狂的とはいわない。

そして最初に購入した彼女のLPが、本田美奈子「ザ・ヴァージン・コンサート」という彼女の武道館公演
を収めたLPであった。この模様は1986年頃のTVでも放映されていた。見た人もいるのではないだろうか。

さて、中学生のときにLPを購入し、その中の曲「APERITIF」という曲が大好きになった。
美奈子ちゃんは当時高校3年くらい?僕は中学3年生くらいでとにかくかわいいお姉さんだったが
このときのTV放送(武道館コンサートは)は演出が彼女をオトナっぽく演出し実に刺激的であったのを覚えている。

さて、この曲、幾度となくコードを解明しようとしてきたけれど30年近くたっても解明できなかった。
美奈子ちゃんファンでなければほとんど知らないこの曲のコードが載っているWEBや本も皆無だった。
ファンの中では「名曲」の呼び声が高く、人気があるこの曲を何とかコード解明したいと思い。
あることを思い立った。

それはヤンソンである
ヤンソンは当時のアイドルのLPの全曲のコード譜を載せていたのでそれをヤフオクで見つければ
何とかなると考え、それ相当の号を購入し、その中にコードを見つけることに成功したのだった。

そして、オリジナルキーで書いてあるコード譜をやや簡単なコードに書き換えて清書した。

最初に手書きしたのがこれ。半音落として書いてあります。

c0145198_17582023.jpg



さらにそこから全音落として清書したものがこれです。
c0145198_1865358.jpg



これでだいたいの雰囲気は出ると思います。
後は、微調整です。

美奈子ちゃんが天女になりもう10年経ちましたが、もっともっと歌声を聞きたかったですね。





本物の美奈子ちゃんではないですが・・・。
by eos1d3 | 2016-01-04 18:08 | 徒然に | Comments(0)
Gibson J-160E サドル交換
私自身3台目に購入したギター(1991年購入)のGibson J-160Eですが、
ALL合板なので非常に強く、木が全く動かないギターである。
既に購入後24年経つが弦高は3.0mmとずっと一緒だった。

c0145198_18432727.jpg



ギターの弾き易さは一般的に弦高だと言われているが、実際にはそれだけではない。
1フレット側のナットの切り込み次第で押さえやすさが変わるし、フレットの浮きがあれば
ビビリの原因になって弾いていても面白くない。
そう言った意味ではこのギターは3.0mmでも弾く安くいいギターであった。

実は先日このギターを売ってしまおうかと考えたが、24年間、4組ほどの友人の結婚式でも
弾いた経緯もあり売ってもしれているので残しておくことにした。

そこで、サドルを象牙に変えて弦高2.0mmに調整してやろうと考えて、
自分で測定し注文した。

c0145198_18471387.jpg


一般的に12Fはそのギターの弦長の真ん中のでサドルを2.0mm下げれば12F上では1.0mm下がる
事になる。あとは出来てからサンドペーパーで削って微調整である。

c0145198_184937.jpg


これだけ大きさが違います。

新しい象牙はピッチ調整してあります。
ブリッジに装着するとこれだけ違います。
c0145198_18501894.jpg
c0145198_18503694.jpg



これでまた弦を張り、チューニングするとしっかりと2.0mmになりました。
c0145198_18521316.jpg



弾いてみると確かに弾き易い!ビビリもなく最高です。

ちなみにこのサドルは3800円で作ってもらいました。
本象牙でなかなかリーズナブルです!!
by eos1d3 | 2015-12-02 18:53 | 徒然に | Comments(0)
なんでこんな値段??
ギター好きなら毎日何度も見ているサイト「Jギター」に驚愕のギターが売りに出されている。
その名も世界的に有名なMartin D28のそれも1938年製である。
この頃は戦前と言う事でプリウォーと言われていて、非常に高価に取引されている。
しかも大人気のヘリンボーンという「ニシンの骨」のような装飾のバイディングを施していて
とりわけ人気が高い。

c0145198_18544134.jpg

それでも1,188万円の金額がつくとは信じられない。
遡っては作れないし、古いギターはどんどん残っている個数も少なくなっていく。
1938年ならもうすぐ80歳となるギターで、しかも状態が良ければ或る程度の金額が予想される。

さて、このギター11/14に売り出されてまだ表示がそのままだ。
ギターの取引では質問があり問合せして購入する気持ちがあれば「HOLD」と言って
他の人が買うことを待ってくれる。その後、完全に支払いがすむと「SOLD」となるのである。
このギターが1200万円近い値打ちがあるのかどうか?HOLDになるのか毎日、チェックを
続けようではないか!!
by eos1d3 | 2015-11-21 18:59 | 徒然に | Comments(0)