無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataruwataさん..
by ゼク at 20:32
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:26
wataruwataさん..
by ゼク at 18:09
wataruwataさん..
by ゼク at 18:08
ゼクさん、こんにちは。 ..
by wataru-wata at 11:02
ゼクさん、こんにちは! ..
by wataru-wata at 10:52
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ゴルフ ( 64 ) タグの人気記事
雨・・・・
c0145198_1839162.jpg



今日は久々のゴルフ。
昔は年間60回も行った事があったが、最近では年間4~5回程度に減った。
今日も4ヶ月ぶりのゴルフ、しかも大事な取引先のコンペに参加したが天気予報は雨。

昨日も明日も10月に入ってずっといい天気だったのに今日だけ雨。


午前中から降り続けた雨は昼食中に豪雨となりグリーンが不能になった。
コンペも昼で中止になり、そのまま表彰式に。

僕は雷は不可能だが雨は大雨でもやる気満々だったのに・・・。
まぁ、仕方ない。ゴルフに雨はつき物。
モータースポーツも雨でしか撮れないシーンがあるように、雨のゴルフも結構趣き深いかもしれない。

さて、ゴルフはまた来年4月まで封印か・・・・!?
by eos1d3 | 2012-10-17 18:44 | 徒然に | Comments(0)
SEV GOLF
c0145198_20522429.jpg




来月からゴルフコンペ秋の陣が始まります。
とは言っても2ラウンドだけですが・・・。
そこで秘密兵器を一つ購入!

それはSEVのグローブです。
息子が応援する中山選手がSEVの商品をたくさんつけています。
確か塚越選手もつけているはずです。

これで、底力が出て久々の80台が出ないかなぁ~~。
by eos1d3 | 2012-09-16 20:55 | 徒然に | Comments(0)
ゴルフ会員権 3
ゴルフ場のメンバー数は1ホールに付き100人以内と言うのが適正と言われていました。
ようするに18ホールのゴルフ場では1800人、36ホールのゴルフ場では3600人です。
実際に、高級クラブといわれるゴルフ場は18ホールで1000人程度のところもあります。

預託金の支払いやゴルフ場経営がうまく行か無い場合、メンバーに無許可でメンバーを募集したりします。
単純に1人500万円で募集して100人なら5億円入ることになります。しかし、メンバー数が増えて
エントリーするのが難しくなるでしょう。

また、会員権の返済をされても預託金が返せない場合、会員権の分割という方法を取る場合もありました。
ようするに1枚1000万円の券が市場で250万円になっていたとします。
本当は据え置き期間を過ぎていれば1000万円を返さなければいけませんがゴルフ場にお金はありません。
そうすると簡単に言えば券を4枚に割るのです。

しかし、これではドンドンメンバー数が増えて行きます。
当初、1000人の予定で会員名簿を出していた倶楽部もいつしか名簿を出さなくなります。
ある倶楽部では10000人近くメンバーがいるのでは?と言われているところもあるのです・・・。

こうして、景気の低下が会員権の値打ちを下落さ巡りめぐって会員数を増やし、メンバーでもエントリーが
出来なくなります。そして、やがて倒産し、ビジターがエントリーするのと何ら変わらなくなり、会員権神話が
崩壊したのでした。

c0145198_18572684.jpg


こうやって、某ゴルフエントリーサービスサイトを見ると、ほとんどの倶楽部が誰でもエントリーできるように
なっています。金額が書いてあり、予約するというボタンがあるところではメンバーの同伴・紹介なしに
エントリーが出来ます。ただ、金額が無く予約出来ないゴルフ場があります。
宝塚ゴルフ倶楽部がそうですが、ここは数少ない本物のメンバーシップゴルフ倶楽部です。
今でも、会員からの紹介がないとエントリー出来ないのです。
こうやって、戦前の社団法人の倶楽部の多くは今もメンバーシップが確立しています。


私がゴルフを始めた1986年ごろからバブルの時期は、インターネットもなくゴルフ場のエントリーは
メンバーに紹介してもらうしかなかったのです。
時にはクレジットカード会社のゴールドデスクから申し込んでもらったりしました。

今のように、誰でもエントリーできると言う事はメンバーになる意味があまりありません。
年会費は高く、会員権の名義変更に50~100万円もかかるのでは、そら買い手もいないでしょう。

今後、ゴルフの預託金式の会員集めはもうなくなっていくと予想されます。
それは何より、外資系のアコーディアやPGMが倒産した倶楽部を安く買い、
儲け主義でメンバーをないがしろにしビジターをたくさん入れるパブニック化を推し進めた結果だと思います。

とは、言っても下がるはずが無いとして売られた会員権、それを当て込んで作られたゴルフ場。
値上がりするものと疑わずに買った人たち、どれも先を考えない、無責任な結果が今のようになった
最大の原因だと思います。

売るに売れない紙切れ同然の会員権を見つめてため息をついている人はきっとたくさんいるんだろうな~~。
by eos1d3 | 2012-07-04 18:59 | 徒然に | Comments(2)
ゴルフ会員権 2
さて、下の表を見れば1980年頃は今と同じレベルでバブル期に一気に10倍に跳ね上がり、
また急下落し2006年にやや持ち直しますが、今はさらに悪化して最安値を記録しています。

バブル期はゴルフのプレーよりも投機目的に金額の値上がりだけを願って会員権を買ったものでした。
酷い例では、地方の山間部のゴルフ場で1回も行ったこともないのに会員権を持っていると言った例もあったようです。


2枚目の表は2000年に1040万円だった会員権が今では21万円の値打ちしかないことを意味します。
実際、このゴルフ場は1989年に開場して確か1000万円で募集してすぐにバブルに入り最高で
1億円にまでなったそうです。そうなれば、1000万円で買った人が数年で9000万円儲ける事ができたのです。


しかし、バブルの崩壊後、誰も予想してなかった額面割れの事態に直面してきたのです。
そうなれば、誰も会員権を売ることは考えずにゴルフ経営会社に券を返して1000万円の預託金を
戻してもらおうと考えます。

ゴルフ会社は会員から集めた会員権分(預託金)はいつでもプールしておく必要があったのですが、
まさか額面を割ることはないと考えていたので、そのお金で新しいゴルフ場を作ったりして、
既に返すお金は所有してなかったのです。

こうやって、幾多のゴルフ場が倒産したでしょうか。そして預託金は戻らないまま外資系の会社に
ゴルフ場ごと売られたりしたのです・・・・・。

続く・・・。
c0145198_16355134.jpg
c0145198_1636020.jpg

by eos1d3 | 2012-07-03 16:36 | 徒然に | Comments(0)
ゴルフ会員権 1
c0145198_1973721.jpg



ゴルフにはパブリック制と会員制があって、会員制のゴルフ倶楽部は通常メンバーとして
会員を募集している。僕もいくつかのゴルフ倶楽部の会員になっているのですが、
バブル崩壊後、徐々に値打ちを下げてきたのですが、ここにきてさらに悪化の道を辿っているのであります。

まず、本当の意味でのゴルフ場の会員権と言うのは、ゴルフ場を作るときにその資金として会員を
募集します。例えば、一般的に1口1000万円で1000名募集なら100億円の資金が調達できるというのです。

ゴルフ場経営の会社はこのお金をもってゴルフ場を作ります。
もちろん、会員権をもつ会員はメンバーと呼ばれ、そのゴルフ場でゴルフをすることが許されるのです。
会員には特権があります。まず、いつでも自分のやりたいときにゴルフのプレーが出来ます。
しかも、メンバー料金と言って通常一般価格平日25000円、休日35000円のところいつでも8000円で出来ます。
それと、ビジターを連れてくることができます。そして、平日のみビジターを紹介してプレーしてもらうことが出来ます。

そして、何より倶楽部ライフと言って、その倶楽部の中で腕を磨き、月例競技やキャプテン杯、理事長杯、
倶楽部チャンピオン等の競技に参加することが出来ます。

とここまではバブル期の常識的な話でした。
この場合、ゴルフ会員権の1000万円と言う金額は下がることがないと言う理論の元で成り立ちます。
一応、会員権は1000万円で権利を買うと、据え置き期間がありその後はいつでもその額面で買い取って
もらえる約束でした。ようするに1000万円は好きなときに戻ってくるというのが原則でした。
先に書いたように、バブル期では会員権の値打ちは直ぐに上がりましたので1000万円の券が、
1500万円で売って欲しい、いやっ2000万円出すから売ってくれ!!となったのです。

結局、会員権を返して1000万円もらうより会員権業者を通じて市場に出した方が「儲かる」ので、
ゴルフ倶楽部経営会社も、まさか会員権の額面(預託金という)を返すことはないと思っていたのです・・。

つづく・・・・。
by eos1d3 | 2012-07-02 19:29 | 徒然に | Comments(4)
グリップも交換
c0145198_20314284.jpg



このパターは僕が2004年からずっと使っているパターなのですが、グリップが酷いことになっていました。
最近ゴルフに行っていなかったのでずっとほったらかしだったのですが、ようやく交換しました。

僕はいつもグリップは自分で交換します。
簡単に交換できます。そして8年ぶりに新品のグリップになりました。


でも、本日のゴルフは・・・・・・・97叩きました。
やっぱり、どうやっても上手くならない??
by eos1d3 | 2012-06-24 20:39 | 機材紹介 | Comments(4)
ゴルフの必需品
最近はゴルフにほとんど行かなくなったが以前はよく行ったものだった。
それこそ、最高で1年60回行った事がある。
ところがいろんな事情があり2007年を境に減少の一途を辿っている。

昔は父とよくゴルフに行ったが、会社の儲けが減って経費を使ってのゴルフはなるべく減らした結果、
親子でゴルフに行くこともほとんどなくなった。

明日は久々、2~3年ぶりに親子でゴルフに行く予定である。

さて、ゴルフには僕の必需品がある。
c0145198_1939545.jpg


NikonのLASER 800という光学製品であるが、実は800ヤードまでかなり精密に距離を測ることができる。
元々、土木や建築の造成や測量に使う光学製品でファインダーを覗きこんでボタンを押せば距離がわかる。

c0145198_19403224.jpg

メートルでもヤードでも測れるがゴルフのときはヤードである。
ベランダから向かいの家までの距離を測ると25.5yだと分かる。
これをゴルフ場のグリーンにたなびくピンの旗に合わせて測定するのである。

最初は合わせるのが難しいが、直ぐに慣れてくる。
特に、100y以内のヤード杭のない時に役立つのである。

それと同時に、ピンまでではなくハザードまでの距離も測定可能だ。
池を越えるのに何ヤード必要か測定できるのである。

最近はコンペばかりに行っているのでこの機器を使うのは久々である。
コンペではこういう機器を使うのは良くないと思い使わないのである。

さて、明日はこれで距離だけは完璧だ!!


*ピンまでの距離は完璧でも、その距離を打てる保障はどこにもありません(笑)
by eos1d3 | 2012-06-23 19:48 | 機材紹介 | Comments(4)
最速売却
c0145198_2034523.jpg



先日、机の奥から見つかったUSBメモリーの中にいつか撮った懐かしい写真データーが見つかった。
その中には、まだ子供達がチビッ子だった頃の写真やゴルフを一生懸命やっていた写真もあった。

上の写真はその中の一枚。撮影日は2007/3/27となっています。

そして、何を隠そうこのドライバーは僕が買ったゴルフ用品の中で一番早くに売却したものであったのです。
確か、記憶が正しければゴルフの問屋に行って買いに行ったこのクラブ。
当時流行りだすといわれた四角いドライバー!珍しいもの好きの僕は早速購入!!

ところがです、練習場で早速打って見るとその打音?の大きさと音色!!
3発打って、鼓膜が破れそうなのでとりあえず仕舞いました。

そして、ゴルフ場で使えばそんなに違和感がないだろうと思い、実際に1番のティーショットで使いました。
するとどう~~でしょうかぁ~~?18ホール全部に響き渡るような大きな爆発音!!

「ッッパッコ~~~~ンッッ~~~~~」となりボールも異次元の方向に飛んでいきました。

そうです、二度とこのクラブを使うことは無く売却したのでありました。


やはり、この四角いドライバーは音が大きいため人気が出なかったですね。
その後もやはり四角いドライバーはキャロからも出ましたが流行るほどでも無かったですね。


それにしても、懐かしい思い出でした(笑)
by eos1d3 | 2012-06-11 20:44 | 徒然に | Comments(6)
スポーツの放送
今日は朝から娘が友達と嵐のコンサートDVDを8時間にも渡って見るというので、
どこかに出かけようかと思いましたが、結局JGTOのツアー選手権を生放送でやっているで
それを見ることにしました。

ツアー選手権はJGTO( (社)日本ゴルフツアー機構)の構成メンバー(身分的にはトーナメントプレーヤー)
の中でのNo.1を決める国内のメジャーと呼ばれる試合である。

勝てば5年間のシード権が与えられる国内メジャーは後、日本OP、日本プロ、日本シリーズとある。
その中でこのツアー選手権は一番新しくカテゴリーとしても日本シリーズ<ツアー<プロ<OPと
3番目に出場選手に制限があるものである。

OPは日本アマチュア選手のトップとプロ選手のトップが出場出来ゴルファー日本一を決める、
日本プロはPGAのテスト(いわゆるプロテスト)に合格したPGA会員の中でのNo.1を決める、
ツアー選手権はプロの中のトップとアマの中のトップがJGTOというツアー機構に登録して
1年間のツアーを闘う、プロテストに受からずにもJGTOのQTに受かればアマでもプロ宣言して
ツアーに参加することが出来ます。そのツアー選手の中のNo.1をきめる試合なのです。
一番異質なのは、日本シリーズで、その年の優勝者と賞金ランキング25位までが出れる
本当に限られた試合になるのです。


さて、今回は今年プロ転向した(PGAテストを受けてプロ資格を得てるかQTを受けてツアーメンバーに
なったかは調べていません)藤本選手が絶好調である。
彼は2005年位の東北高校の時代から頭角を現し、超有名でアマ時代もJGTOのツアーに出ていた。
ツアー参戦5試合目にしてメジャを取るとはかなりの実力でありますね。


それにしても、いつから民放のスポーツ中継は堕落してしまったのだろうか。
ボクシングにしてもゴルフにしても視聴率を重視しすぎるために実際のスポーツの面白みを
伝えるという大事な部分がかなりそぎ落とされているように感じる。

例えば、ゴルフなら遼君一色である。
予選落ちしてもその模様を何回も何回も繰り返し放送する。
実況も、大声を張り上げてうるさいだけである。しかもそれが生中継でないのである。

ゴルフのメジャーは生放送であることが多いので臨場感がある。
今回のようにNHKで放送してくれると、必要な情報をゆっくりと穏やかに実況してくれて実に心地よい。
スポーツの実況放送はやはりNHKに限ると確信した一日であった。

c0145198_2120252.jpg




とにかく、有望な若者がまた出てきて楽しみである。
この若さで5年シード確定したのだから海外に出て行ってもいいかもしれませんね!!
by eos1d3 | 2012-06-03 21:20 | 徒然に | Comments(2)
久々のゴルフ
c0145198_2020917.jpg



先週のことですが、本当に久々にゴルフに行きました。
この前に行ったのが昨年の10月でした。実に半年振りに行きました。
しかも、昨年10月と同じコンペでゴルフです。

よく考えたら、最近は得意先のコンペでしかゴルフしてないなぁ~。
1年に3~4回くらいでしょうか・・・。

一番行ったときは年間70回近く行った事があります。
ゴルフ自体は凄く好きなので、また景気がよくなって会社が儲かったら行きたいな~~。
by eos1d3 | 2012-04-27 20:26 | IXF 210F | Comments(0)