無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ゴルフ ( 64 ) タグの人気記事
ごめんよ・・・・
以前はゴルフに凝っていたことがある。
初めてゴルフに行ったのは1987年だったが、それから必ず年に何度か行き100切りまで行った。
特に2004~2007年までは年間30~60回行くようになっていた。

それが最近では半年に2回、業者のコンペに行く位になった。

c0145198_19135065.jpg



そもそも、僕のゼクというハンドルネームはゴルフ用品の「ゼクシオ」からきているのである。
それほどゴルフが好きだったが今は事情があって行かない。いや、行けない。

クルマのトランクにいつも乗せていたゴルフバックも今は玄関に置いたまま。
いつかまた、あの頃のようにゴルフに行ってみたいな~~。
by eos1d3 | 2012-02-26 19:15 | IXF 210F | Comments(0)
杉原輝雄よ永遠に・・・・・
男子プロゴルフ界から大きな人が去ってしまった。

「杉原輝雄」

僕がゴルフを始めた1986年、杉原プロは50歳前後だったと思うが、まだバリバリだった。
特に覚えているのが1990年のダンロップOPでフランキーミノザとプレーオフを闘ったときのこと。
あの小さな体で、大きな体のミノザに立ち向かったが惜しくも負けてしまった。

あれからもう21年経ってしまったが、もう彼を見ることは出来ない。

c0145198_22142078.jpg



晩年は長男である敏一プロと一緒にゴルフ番組をやっていて毎週見ていた。
その厳しさの中にも実に優しさで溢れていることがよく分かった。
ゴルフを心から愛し、ゴルフから愛された本物のプロである。

彼は日本に7人しかいない永久シーダーであり永遠にJGTOのメンバーである。

本当に自分の親が死んだような深い悲しみを覚えます。
残念で、残念で、残念でたまらない。

心からご冥福をお祈りいたします。
by eos1d3 | 2011-12-28 22:19 | 徒然に | Comments(6)
松山の優勝
先日のJGTO公式戦のVISA太平洋マスターズでアマチュアの松山英樹選手が優勝した。
僕は最終日はずっとTVで見ていたが、17番のPAR3で大きく右に曲げてボギーにした以外は
バックナインにおいては最高の出来だったように思う。

アマチュア優勝で記憶に新しいのはもちろん石川遼選手の15歳での優勝ですが、
今回の松山選手は石川選手とは全く違ったアマチュア優勝と言えると思います。

石川選手はアマ優勝当時、ほぼ無名の選手でした。
もちろんジュニアの中では優秀な選手でしたしおそらく日本アマにも出場していたでしょうから
日本のTOPアマだったのは間違いないと思いますが、一般のゴルフファンに言わずと知れた存在ではありませんでした。

しかし、松山選手は昨年のアジアアマを獲って、その資格で日本人初のアマとしてのマスターズに
出場し、しかもその中でローアマを獲得した言わば世界的に見ても超有名なアマなのであります。
しかも今年も早々とアジアアマの2連覇を達成しマスターズの2年連続出場を決めている。

ところでマスターズのローアマですが、順位にして確か30位前後だったと思います。
マスターズは世界中からTOPプロがやってきますし、実際プロでも世界ランキング50位に入らないと
出場できない出るのにもっとも難しいトーナメントの一つなのです。

要するに、彼の実力は既に日本のプロの中ではシード選手並み以上にあるのです。
ですので石川選手が勝った時ほどの驚きはありませんでした。



さて、JGTOのツアーに勝ったと言う事は再来年までのシード権を同時に得たわけですが、
これプロ宣言しなければ行使できません。もちろんプロ宣言を今すると来年のアマとして出るマスターズは
キャンセルしなければならなくなるでしょう。彼はこのままアマチュア資格を保持したまま、今後も
推薦等でJGTOに出場すると思われます。


それにしても、日本の男子ゴルフの未来は明るいです。
石川、池田、薗田、浅地、松山・・・・・・、いつか彼らがメジャーを獲ってくれる日が必ず来ると思います。
その日まで、僕は頑張って応援するぞ~~~。
by eos1d3 | 2011-11-15 20:14 | 徒然に | Comments(0)
やりました!
6月から約4ヶ月ぶりにクラブを握り、得意先のゴルフコンペに行ってきました。
もちろん、まともに球に当るか不安でなりませんでした。
空振りの恐怖からようやく開放され、気楽に18ホール回りました。
スコアー的には93という特に何というスコアーでないですが、ダブルペリア式のコンペだったので
なんと優勝しておりました!!賞品は皆が狙っていた「松茸&国産和牛すき焼きセット」です。


c0145198_18192950.jpg



ゴルフを始めて25年、ほとんどお金をドブに捨てる毎日でしたが、これでその僅かでも
戻ってきたように思います(涙)

もちろん明日のBLOGはすき焼きパーティー(松茸入り)編をお送りいたします(笑)
by eos1d3 | 2011-10-13 18:15 | 徒然に | Comments(2)
THE OPEN やってます
c0145198_21375375.jpg




全英オープンゴルフ、なんと今年は140回大会!
第一回は日本はまだ江戸時代だった・・・・・。
僕は1985年から見ています(笑)

石川遼プロが出だしてから、ゴールデンタイムに生放送しています。
しかも19:00~やっています。本当に凄い時代になったな~。

こんな風に、モータースポーツも民放で生放送されたらなぁ~~。
by eos1d3 | 2011-07-14 21:40 | 徒然に | Comments(0)
セベ・バレスレロス 
昨夜、訃報があった。それは僕がゴルフを始めたとき本当に大好きだったセベの訃報だった。
最近、体調を崩しているのよく知っていましたが、まだ50代半ば・・・・・。本当に早すぎます。

c0145198_93223100.jpg



マスターズ 2勝
全英OP 3勝のうちの最後の勝利1988年の全英は初日からずっと見ていた。
セベのスイングはフィニュッシュがピタッと止まって本当にきれいだった。

攻撃的なゴルフは多くのファンを作り、今でもスペインというばオラサバルやガルシアよりセベを思い出す。
トムワトソンが60歳を超えてもまだ活躍していることを思えば本当に早すぎる死である。
もっと彼のプレーを見たかった。情熱的で攻撃的で、しかし繊細なプレーをもう一回見たかった。


天国で、偉大なゴルファーたちと一緒にゴルフを楽しんでください。
心からご冥福をお祈りいたします。
by eos1d3 | 2011-05-08 09:37 | 徒然に | Comments(2)
感動!!   松山英樹選手ありがとう!!
今年のマスターズゴルフは実に感動的だった。
大きな震災に見舞われた日本のそれも東北の学生である松山英樹選手の健闘が光った。

ゴルフの世界には年間4つのメジャー大会があってその最初にくるのがこのマスターズである。
例年桜の咲く4月上旬に開催されることから、ゴルフファンはマスターズがくると今年もシーズンインだと
実感するものであります。

さて、このマスターズですが出場するには非常にハードルが高いことで有名です。
と言うのは、全英OP、全米OPにあるような地区予選的なものがありません。
一番ポピュラーな出場の資格の得方は世界のランキングの50位に入ることです。
日本の賞金王になれば通常この50位には入れますので出場出来ます。
今年はそんな感じで、JGTOから昨年の賞金王であるキョンテ選手、石川選手、藤田選手、池田選手に
招待状が贈られ、さらに5つしかないアマチュアの枠に、アジアアマチュア選手権を制した松山選手にも
出場権利が与えられたのです。

アマチュアとして日本人初の出場!そんな話題がゴルフ界を賑わせました。
しかし、あの地震が起きてしまい東北福祉大学の学生である彼は出場を辞退しようとも考えたようです。
結局、大学の方や、地域のみなさんに支えられて出場を決意したようですが、本戦が始まって素晴らしい
活躍をしてくれました!!

c0145198_105612100.jpg


なんと、彼は出場した全てのアマチュアの中で一番の成績であるマスターズローアマチュアに輝いたのです。
日本の超トッププロである藤田選手や池田選手が予選落ちしたことから、予選通過がどれほど難しいかが
わかると思いますが、松山選手は予選通過したばかりでなく、4日間をアンダーパーで収めたのです。

最終日が終わり、オーガスタナショナルに夕暮れの時間が来ました。
優勝者と共にローアマとして彼は表彰されました。もちろん日本人として初めてです。
そして、彼は立派なスピーチをしました。まさに感無量の瞬間です。

僕も1986年からマスターズを見始めてこれほど感動したのは初めてです。
本当によく出場を決心して、日本の為に、自分の為によく頑張ってくれたと思います!

彼は大学卒業までプロ転向しないと言う事を明言しました。
と言う事は賞金やポイントでのランキング50位でマスターズ出場というのは無縁になります。
彼が来年またオーガスタに戻ってくるには、同じようにアジアアマを連覇するしかないのです。

でも彼ならやってくれそうな気がします!
そして近い将来に、石川選手ら、若手の素晴らしい選手とともに世界一のツアーUSPGAツアーで
活躍し、いつかメジャーを制してくれると信じています。

そんな希望に満ち溢れた今年のマスターズでした!
by eos1d3 | 2011-04-12 11:05 | 徒然に | Comments(2)
ゴルフ女子日本一は20歳 宮里美香
10月にはいると、ゴルフシーズン到来と言うことで、まず女子のナショナルOPENがあった。
この日本女子オープンゴルフは設定が難しいことで有名ですが、終わってみれば宮里美香選手の
ぶっちぎりでの大会最小スコアー優勝となりました!

c0145198_10191942.jpg


彼女はアマチュアの頃から女子のトーナメントに出ていたがプロになってからはアメリカに行き日本では
あまり姿が見れなかった。しかしここに来て初優勝が日本女子OPENと、最高の試合での快挙!!
昔から凄いと思っていたが、今後の日本女子ゴルフ界を支える存在になるのは間違いないので
彼女の成長を心から楽しみにしています。


さて、男子ゴルフのほうもJGAチャンピオンシップ(日本OPEN)が再来週開幕する。
文字通り、今年のゴルフの日本一を決める意味のある大会だ!

この日本OPENは普通のトーナメントの中に入っているが実際は全く違った独立した競技であることを
確認したい!日本にプロゴルファーがほとんどいない時期から開催されて今年で75回目!
この大会だけはシード選手が全て出れるということでなく、あくまでもその年の地方OPENでの
成績によってアマにもプロにも門戸が開かれているのである。

オープン競技の醍醐味であるアマもプロも上手い人間が出場出来るまさにチャンピオンシップ!!
女子は平成生まれの20歳の宮里美香選手が制した!
男子も平成生まれの石川遼選手が制することが出来るのか!!

再来週が楽しみですね~~!
by eos1d3 | 2010-10-04 12:06 | 徒然に | Comments(6)
楽しい仲間と久々のゴルフ
私がネット上のハンドルネームであるゼクという名前を使い出したのは、ゴルフのHPを立ち上げてから!
しかもその時に使っていたゴルフクラブがゼクシオだったので、何も考えずにゼクと決めました。
それが2004年6月くらいの話!まさか、そのいい加減なHNを6年以上も使うことになるとは全く考えていませんでした。

さて、僕がゴルフクラブの事である方のゴルフHPの掲示板に質問したのが始まりで、そこからネットの世界に
足を踏み入れたと言っても過言ではないです。
その掲示板の管理人がネット上のゴルフサークルの会員の方で僕も勧誘された!

聞く所によると全く面識のないもの同士が、mixiのような会員制サイトに入って、あ~でもないとか、こ~でもない
と論議したり楽しく話したりするものだった!
ネットの性格上、メンバーは全国にいましたので、いろんな話が聞けて面白かったです!!

2005年の6月にはこのネットのゴルフ仲間が北海道に25人も集まって全国大会をしました!
いつもネットでしか話したことの無い人たちが集まって、初めて「こんな人だったのか~」と感激したものです。
しかしこうやって、北海道まで出てくるような人はみなさん紳士ばかりで、さすが口だけではなく実力も
ともなった素晴らしい人ばかりだな~と、それとネットも正しく使えば人と人とがちゃんと繋がれると確信した
瞬間でもありました。

c0145198_9283539.jpg


さて、今回一緒にゴルフしたのはその中のメンバーで6年来のゴルフ仲間であります!
とは言いながら、お二人は兵庫県の日本海側で僕を含めた2人は大阪・川西と言うことでなかなか一緒に
まわる機会がなかったのです!

今回は本当に久々に、ゴルフをしましょう!と言うことで私のホームコースである兵庫県の
美奈木ゴルフ倶楽部にご招待して、一日楽しませてもらいました!

ちなみにパターをされている方はハンディキャップがなんと4です。もう一人の方も9で上級者さんとの
ラウンドで非常に勉強になりました!!

c0145198_933579.jpg


当ゴルフ場はつい一週間前に兵庫県オープンゴルフ大会を開催したばかりでコンディションは抜群でした!
そして、フルバックティー7116yを使ってのラウンドとなりました。

私の結果は前半は43と最高の出来でしたが、後半は疲れと実力のなさで59も叩き102でした。
特に16番10点、17番7点、18番10点と自爆テロのような大叩きで最下位になりました。

上の写真はOUTの1番543yにロングですが、左の山に打ち込み大変な思いをしました・・・笑


それにしても、楽しいゴルフでした!また一緒に回りましょう!!




P.S
明日から小旅行に出ます。一応今まで506日間連続更新記録中ですので、ノートPCは持っていきます!
それと秘密兵器のドッチーカを持って行って現地から更新予定ですが、ドコモ回線が繋がらなければ水の泡です。

なんとか頑張ります!!
by eos1d3 | 2010-08-12 09:39 | Xacti C4 | Comments(8)
しかしすごいなぁ~
ミズノ・オープンよみうりクラシック最終日は27日、兵庫県よみうりCC(パー72)で行われ、首位で出た20歳の新人、薗田峻輔が1イーグル、5バーディー、1ボギーで66とスコアを伸ばし、通算15アンダーの201でツアー初優勝を果たした。ツアー選手としてのデビュー年の優勝は一昨年の石川遼以来。2位は3打差で谷口徹だった。前年覇者の石川遼は通算イーブンパーの52位に終わった。

c0145198_19315469.jpg



しかし本当に凄いですね~~!
彼は石川遼プロの2年先輩で中学時代からずっと遼クンが目標にしていた人物であった。
2007年のマンシングウェアの大会で遼クンが劇的なアマチュア優勝をしてからは遼くんの方が
爆発的な国民的スターになりましたが、実はこの薗田選手もかなり凄い実力であったのであります。

彼は今、明治大学の学生でありながらアマではなくプロでJGTOツアーの参加している。
昨年のJGTOのQTで上位に入ったので今年はツアーで優先的に出ることが出来ます。
と言うことは「プロ宣言」をすれば賞金を稼ぐことも出来ます。
前にも言ったように、最近ではPGAのプロテストに合格しなくてもプロゴルファーになれる。
PGAとJGTOとは直接関係を持たなくなっています。

プロ宣言をしてJGTOツアーに参加している薗田プロは逆言えば、アマチュア資格がなくなります。
大学生である彼は「日本学生選手権」「日本アマ」等の試合には出れません。

どちらにしても現役大学生がツアー優勝すると言ったことは遼クンがアマチュア優勝したことで
あまりびっくりすることではなくなりましたが、本当は凄い快挙です。
しかも中学時代からの仲のよかった先輩後輩同士でJGTOのTOPにいるなんて昔では考えられませんでした。

20代~30代のプロゴルファ~はもっと頑張って欲しいですね!


今後とも薗田選手の活躍を楽しみにしています!!
by eos1d3 | 2010-06-27 19:43 | 徒然に | Comments(12)