無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:ドラマ ( 106 ) タグの人気記事
2014 夏ドラマ 1
c0145198_1933744.jpg



ついに7-9月期の夏ドラマが全部一巡した。

今回見ているのは、赤丸が付いている

ペテロの葬列
HERO
東京スカーレット
あすなろ三三七拍子
ST
ゼロの真実
おやじの背中

載っていないけれど
ラスト・ドクター
芙蓉の人

以上9作品である。

前評判どおり、HEROはなかなか面白い。
2001年に放送があったときは私は30歳だった訳だが、その年に生まれた13歳の長男が
必死に見ているくらいだからきっと面白いのだろう。
何しろ、北川景子ちゃんがかわいいのがいい。

それとあすなろ三三七拍子が最高である。
主役の柳葉さんの必死にエールを送る姿を見ると、面白いを超えて泣けてくる。
彼も必死にこの仕事を請けて頑張っていると思うと、欽ドンの良い先生を演じていた頃の事を
走馬灯のように思い出しハンケチーフを濡らしてしまうのであった。

ペテロの葬列はなんだかややこしい。
黄門枠の月曜8時TBSなのだからほんわか「はなまる旅館」のようなものが見てみたい。

この視聴率一覧にも載っていないほど圏外扱いなテレビ東京系の「ラストドクター」は
相武さんが出ているだけで見ている。内容はそこそこである。

NHKの芙蓉の人は新田次郎の作品である。
新田次郎の作品では1970年代の「聖職の碑」が有名だ。
ともに山が舞台の作品であるが、5回で完結するので見逃さないように見ようと思う。
by eos1d3 | 2014-07-29 19:46 | 徒然に | Comments(0)
WOWOWメンバーズオンデマインド
c0145198_19292791.jpg


MOZU2を見る為にWOWOWに加入したが、今日になって「WOWOWにようこそ」と
郵便が届いた。その中にメンバーズオンデマインドというのがあって、登録すると、
例えばiPhoneではAPPでWOWOWの3000本以上の番組がいつでもどこでも
無料で見れるという。

早速試してみた。
めっちゃ簡単に登録成功!
そこでMOZU2の第2話(先週の日曜日に放送分)を探してみると、2015/6/29まで
自由に何度でも好きなときに見れるようになっているではないですか!

iPad2にもアプリを入れて、これで時間を気にせずに有料番組を見れそうです!
by eos1d3 | 2014-07-04 19:33 | 徒然に | Comments(0)
WOWOW --MOZU2--
c0145198_19313742.jpg




前クールのドラマが一通り終って、次のクールで一番先に始まったのはMOZU2である。
しかしここで問題が生じた。ずっと見ていた人はご存知だろうが、MOZU2は有料放送の
WOWOWでの放送になるというのである。
初回放送だけが無料で2回目からはWOWOWに加入しないと見れない。
妻はどうしても見たいというので1ヶ月2100円払って加入することに決定。
ずっと昔にWOWOWが始まった頃には加入していたが、あの頃はアナログ放送で
スクランブルで何となく見えたが、今はデジタルになって全く見ることが出来ない。
ただ、2100円でWOWOWのプライムとライブとシネマの3番組を見ることが出来るので
必死になってみるといい番組がやっていると思う。

そうやって加入して今日見てみればMOZU2は全5話らしい!
初回無料とこの前のを見たからあと3回で終わりなんかいっっ!!

こりゃ1ヶ月で解約するんかっ!

さて、ドラマの内容ですが、パート1をしっかりと受け継いでいる内容です。
ただやっぱり映像が暗くストーリーも分かりにくいのは継承されている。
それでも、日曜日の22時が楽しみなので第3話を早く見たいと思っている。
by eos1d3 | 2014-06-30 19:57 | 徒然に | Comments(0)
ドラマの最終回 4
c0145198_191633100.jpg



夏ドラマがどんどん最終回を迎えいく。

今回は最後まで一番面白いと思っていたブラックプレジデントが最終回を迎えた。
結局1回も視聴率10%を超えることも無くおわってしまった。
最終回は、社長がニューヨークに行くところが5年間から1年間に短縮されて、
ドラマ上も1~2分で終ってしまったのがやや惜しい。
それと、結局のところ黒木メイサと恋愛関係になるかとも思ったけど、
そう言った色話は全く無かったことが寂しかった。
しかし、テーマとしては面白く楽しめた。間違いなくその2はないと思うが、
続きがあればみてみたいと思った。

SMOKING GUNは最初は面白くなかったが、最終回に近付くにつれて面白くなってきた。
しかしながら最終回6.7%は致命的である。最終回の出来もややワクワク感に欠けた。
まず、とっとと縁が記憶が戻っていればこんなことにならなかった矛盾。
というかそれならドラマにもならなかったか・・・。
神の領域を侵したというテーマがやや薄らボケたように思う。
エミリーが殺された理由も深くない。まぁ、合格点には及ばないドラマだった。

最後にルーズベルトゲーム。
最初にルーズベルトゲームとは野球で一番と面白いとされている8-7の試合だと説明があった。
よって最終回はきっと8-7で勝つと予想がついたと思う。
野球部が8-7で勝ち、会社も技術力でコンペを競り勝つ。
全て予想どうりの展開だったが、視聴率が示すとおりに面白かった。
努力が報われることの尊さをテーマにしたいいドラマだったように思う。
by eos1d3 | 2014-06-23 19:53 | 徒然に | Comments(0)
2014夏ドラマ
c0145198_1983757.jpg



春ドラマが最終回を迎え終わろうとしている中、私の頭では夏ドラマの予定を
あれはどうか?これはどうか?と組み立てている。
1日に見るのは2本までで1週間では10本にしたい。
しかも43歳のおっさんなので恋愛のドロドロ系は見たくない。
警察モノもシリアスなものが見たい。ビターブラッドのようなオチャラケ系は好きではない。

見始めたからには駄作と感じても最終回まで見たいと思っている。
そう考えて、ラインナップを組んだ。

月曜日は
20時TBS「ペテロの葬列」
21時フジ「HERO」

火曜日
21時フジ「あすなろ三三七拍子」
22時TBS「東京スカーレット」

水曜日
21時テレ朝「警視庁捜査一課9係」
22時フジ「若者たち」

木曜日
21時テレ朝「ゼロの真実」

金曜日
22時TBS「家族狩り」

土曜日
21時NHK「芙蓉の人」

日曜日
21時TBS「おやじの背中」
22時WOWOW「MOZU」

この中で楽しみなのは、北川さんがかわいらしいHERO、
最高にかわいらしい武井さんのゼロの真実、
ストーリーが楽しみなおやじの背中である!

頑張ってみるぞ~~~
by eos1d3 | 2014-06-19 19:20 | 徒然に | Comments(0)
ドラマの最終回 3
c0145198_18315419.jpg




今クールのドラマも徐々に最終回を迎えている。

水曜日のTEAMは、本格的な推理モノであったが、最終回は残念といわざるを得なかった。
一番大事な、刑事部長の存在が最後まで曖昧で一体彼の真理と言うものがなんなのか決定する
ようなシーンは出てこなかった。管理官から副署長になった主人公は栄転だろうか?
おそらく警視庁の管理官は警視で副署長も警視。大規模警察署の副署長でなければ栄転では
ないように思う。このドラマは常に1時間の枠では短すぎたように思う。
今度は土曜ワイド劇場等の2時間枠で見てみたいものだ。


木曜日はMOZUである。さすがに今後WOWOWに続くので含みをたくさん持たせた最終回だったが、
死んだはずの東や新谷が生き返るところ?が宜しくない。
室井公安部長(階級は警視監)が死んでその後任が冬彦さんなのか??
警視庁公安部長といえばキャリアの就くポジションで警察庁警察官のなかでもかなりの幹部である。
おそらくは警視長時代にどこかの地方の本部長をいくつか経験した人間に違いない。
第2部はその要となる公安部長がどんなタイプの人間なのか興味津々である・・・・・・が、
うちはWOWOWが映らないのであった(笑)


金曜日はアリスの棘である。妻は納得いく最終回だったと言うが、私は納得いかなかった。
おいちゃんが犯人だったわけで、医者だったことを本当に知らなかったのか??
あれだけ自分の部屋にスパイのように(どこかの探偵事務所に頼んだのか?)いろんな関係者の
写真を貼っていながら、身近な人間はノーマークだったことが不思議である。
消去法的に犯人を見出せばおいちゃんにたどり着くのは視聴者の人は分かっていただろう。
ちょっと手詰まりだった感が否めない最終回だった。


さて、来週も最終回を迎えるドラマがある。
どんな終わり方か楽しみであり怖くもあります。
by eos1d3 | 2014-06-15 18:46 | 徒然に | Comments(0)
春のドラマ 3
c0145198_18393558.jpg



今クールのドラマ終盤を迎えている。
前にも書いたように、私の見ているドラマは

月曜日、ホワイトラボ、極悪ガンボ
火曜日、ビター・ブラッド、ブラック・プレジデント
水曜日、TEAM、スモーキングガン
木曜日、刑事110キロⅡ、MOZU、
金曜日、アリスの棘
日曜日、ルーズベルト・ゲーム

と頑張って全部死に物狂いで見ているのである。


ホワイトラボは相変わらずストーリー性の乏しいドラマである。
視聴率は10%に1度も届いていないが黄門さん枠なので安定した視聴率である。

極悪ガンボも視聴率を落としている。
見ていても、ほとんど面白くないしストーリー性も乏しい。
しかしながら最終回まで見てると何かイイコトがあるかもと信じて待つ。

ビターブラッドも相変わらずである。
視聴率は10%であるが、コメディータッチの警察モノで今クールの警察ドラマの
中では一番の愚作であると思っている。

ブラックプレジデントは視聴率こそ決して上がることがないがやはり今クールで
一番面白いドラマとなっている。小生も小さな会社を経営しているのでブラックプレジデントの
言っていることはよく分かるのである。今後、社長とメイサの関係がどうなるのか?
いろいろと目が離せない!

TEAMは1話完結の刑事ドラマであるが内容も非常に面白いと思う。
しかしながら視聴率はあまり伸びない。
私はこのドラマはなかなか見ごたえがあると思う。

スモーキングガンは最初はどうしようもないくらいに面白くなかったが、
物語が動き出した2~3週前からはエミリーが殺害されたなぞが順を追うごとに明白になっていき
ようやく見る気がしてきた。それでも視聴率が低いのは分かる気がする。

MOZUはじっくり見ないと内容が難しくてわからないのが難点だが、結構面白い。

アリスの棘も終盤にかかっているが、ついに最後の敵と戦う感じである。
オダギリと水野先生がどうなるのかが見もの!!

最後に、ルーズベルトゲームも面白い。
会社と野球部がこんごどのように逆転していくのかが楽しみである!
by eos1d3 | 2014-05-31 18:57 | 徒然に | Comments(2)
春のドラマ 2
c0145198_184881.jpg




今クールのドラマがだいたい半分くらいまで進んでいる。
前回の春のドラマ1では私の見ているドラマは

さて、今春のクールドラマは
月曜日、ホワイトラボ、極悪ガンボ
火曜日、ビター・ブラッド、ブラック・プレジデント
水曜日、TEAM、スモーキングガン
木曜日、刑事110キロⅡ、MOZU、BORDER
金曜日、アリスの棘
日曜日、ルーズベルト・ゲーム

と言ったが、木曜日のBORDERは2回まで見て見なくなってしまった。
しかしその他の10作品は今も辛うじて視聴中である。

視聴率的にいくと、
スモーキングガンとアリスの棘とMOZUが視聴率を下げている。

スモーキングガンは最初は科学捜査によって犯人検挙をする物語であったが、
ここ数回はエミリーの隠された謎を追う展開に変わって行っている。
私としては視聴率が下がってきている理由は見つけることが出来ない。
何しろエミリー役の倉科カナちゃんは最高にかわいいらしいのでそれだけでも見る値打ちがあるからであります。

アリスの棘は下がっている理由は分からずでもない。
あまりに仕返しすることばかりがメインになりすぎて見ていて辛くなるからである。
それでも私は辛抱して見続けるとしよう。最終回はどうなるのか予想しながら・・・・。

MOZUはWOWOWと共同制作と言う事でSEASON2は有料WOWOWで放送と絶望的な展開で
あるが視聴率大きく下げているのは、21時台に放送するにはあまりにハードボイルな内容なのと、
展開が掴みにくく映像も仄暗いところが原因であると思う。
逆にBORDERは視聴率を上げてきている。わかりやすい展開なのだと思う。

その他、ホワイトラボは黄門枠にしてはほっこり感が少なく面白くないし、同い年の和久井映見が
ちょっと年を取りすぎた感もあり我慢してみる感じである。

がんぼも前評判ほど面白くなく月9としては視聴率が伸びないのは友和の金髪のせいもあると踏む。

一番面白いのは依然ブラックプレジデントである。
視聴率こそ伸びないが、話題のブラック企業を主題にしながら働くことの真理をずばっと言う
主人公には共感する人も多いと感じるし、22時台にこそ流せるいい内容だと思う。

今後楽しみなのはルーズベルトゲームである。
倒産の危機にある企業とその中にある野球部がリンクしながら最終的に大逆転する内容であるが
1984年流行った「スクールウォーズ」ににも似たナレーションもお気に入りで、
名球界の工藤友康の長男が出ていることも話題性を持っている。
今後楽しみである!
by eos1d3 | 2014-05-15 19:09 | 徒然に | Comments(0)
春のドラマ
c0145198_18371777.jpg




以前は全くテレビを見なかったが、1年ほど前から毎日何かのドラマを見るように自分に強制している。
今では、一晩に2つ見ることもありなかなか疲れるものである。

さて、今春のクールドラマは
月曜日、ホワイトラボ、極悪ガンボ
火曜日、ビター・ブラッド、ブラック・プレジデント
水曜日、TEAM、スモーキングガン
木曜日、刑事110キロⅡ、MOZU、BORDER
金曜日、アリスの棘
日曜日、ルーズベルト・ゲーム

土曜日はニノの弱くても勝てますを見る予定だったが、ちょうど1回目が鈴鹿のレースと重なり
録画しておいたが、2回目に追いつかれてもう諦めたのである。

それでも、1週間で11作も見るのはなかなかしんどい。
しかも全く面白くないドラマも実は存在する。
それなら見なかったらいいのでは?と思うだろうが、ひょっとして何か得るものがあるのでは?と
歯を食いしばって今夜も頑張るのである。

簡単に感想を書くとしよう。
ホワイトラボ・・・・・・・黄門さんのこの枠はハードボイルドタッチは厳禁である。それでも、前回の隠蔽捜査や
前々回の刑事のまなざしと面白いのがあったが今回は外れのようである。キャスティングミスもさること
ながら、内容ももう一つ詰め込めてないと思う。

極悪がんぼ・・・・・・・月9と言う事で前回のはあまりに恥ずかしくて見ることが出来なかったが、今回は
方向性を換えてきたように思う。しかし内容は中居君が主演し緒方拳が社長の役をした「ナニワ金融道」に
そっくりである。小林薫が両作品に出ていることからナニワ金融道のパロディーでは?と感じる。

ビターブラッド・・・・・・自分の別れた妻の子が部下になる刑事の話である。ただそれだけである。
刑事モノとしての内容としては面白みはない。

ブラックプレジデント・・・今回一番面白いドラマである。大会社の社長が大学に行く話であるが、ストーリー
の展開がいろいろ考えられて面白い。黒木メイサもおかんになった割には変わらずきれいでよろしい!
実務経験のない大学講師の黒木が今後ブラックプレジデントにひかれていくこと必至で見逃せない。

TEAM・・・・・・・・本格的な刑事モノという触れ込みで面白いが、1時間の枠では内容が膨らましすぎて、
展開が早くついていけない視聴者が続出しているだろう。おそらく脚本の手直しがあると思う。

スモーキングガン・・・・・慎吾ちゃん主演のドラマであるが、私の大好きな倉科カナちゃんの出番が少ない
ことが不満である。若手の有望株の西内さんの非常にかわいらしくて良い。しかし同類のドラマであった、
マツジュンのラッキー探偵団には程遠い内容である。

刑事110キロⅡ・・・・・何でか見てしまっている。パート1も全部見たった。だから今度もみたるねん。
もうほとんどTVで見ることが出来ないワカちゃんが見れるのはこの番組だけ!!

MOZU・・・・・・・・ミステリアスな刑事モンである。かなりのハードボイルドタッチだ。ストーリー性もよく自作が
楽しみである。

BORDER・・・・・・・・これは小栗くんが捜査中に拳銃で頭部を打たれて、その時に弾丸が頭に残ったままになった。
それが原因で、死んだ人と話せるようになるという夢のようの話である。
前クールの福家警部補の挨拶のように先に犯人が分かっている展開である。それにしても、どうみても
タモリの世にも奇妙な物語に見えてしまうドラマで、今後の展開はあまり望めなさそうである。

アリスの棘・・・・・・・医療ミスにより手術中に死んだ父の無念を晴らすべく自分も医師になり、その時のミスした
医師たちに復習する話。しかし第一話から強烈な復習が始まり最終回までもつのか心配である。

さて、少々辛口なコメントであるが今後を楽しみにするとしよう!
by eos1d3 | 2014-04-24 19:06 | 徒然に | Comments(0)
ドラマの最終回 2
c0145198_1911869.jpg



今クールのドラマもそろそろ最終回を迎えている。
私の見ているもので終ってしまったのは4つ。

緊急取調室、天誅、戦力外捜査官、S-最後の警官

まず天誅は最終回を見てもなお、???なところが多かった。
主人公のサキが本当に過去から時空を超えてきたのか??
ピン子の娘は本当は生きているのか??
8回で最終回を迎えたから何か大事なところを残しているように思われる。


戦力外捜査官は男性は武井さんのかわいさ、女性はTAKAHIROのかっこよさだけを
目当てに見ていたと思われる。東京に雪が降ったからかどうか分からないが、
最後の3回は次回予告も出来ないまま、ドタバタで終ってしまった感がある。
警察ドラマとして、そういった内容の見所やメッセージが何もないドラマだったように思う、残念だ。


最後の警官も、最終回は少々満足できないところがある。
まず、霧山塾を主催していた元警察庁次長の霧山がMを利用し首謀して起こした一連の事件が
一体誰の責任で起こったのかを詰める事無く終ってしまったこと。
ドラマ自体が、「極悪犯であっても生きて捕らえる OR 極悪犯は撃ち殺されても当然だ」が
大きなテーマになり過ぎ、それに固着し過ぎた感がある。
実際に霧山が先導しMが起こした事件で何人の被害者が出たかは触れられていないところが
残念である。

そう考えると、緊急取調室は有終の美を飾ったドラマであったと言えるだろう。
警察の隠蔽の為に刑事部長の草刈が本当は自分を捕まえる為、(天海に捕まえさせるため)に
天海をキントリに呼んだことが分かったからである。
彼は、自分が先導してないにも関わらず、8年前の隠蔽の事件を自分一人が被り警察を守った
ことにこのドラマの大きな醍醐味があると思った。
それを十二分に理解したであろう天海の心は、きっと晴れたであろうし、全てに辻褄が合う
いいドラマだったように思う。



さて、今後もドラマの最終回が続く。
私の中で納得いく終り方をしてくれたドラマがやはり自分の中では「いいドラマ」であることに違いない!
by eos1d3 | 2014-03-19 19:49 | 徒然に | Comments(0)