無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:富士SW ( 99 ) タグの人気記事
2014 Nismo FESTIVAL へ
先週でSUPER GTが終わり今年のモータースポーツもいよいよ終了か!!
一年もこれで終わりか!!と時間の経つことの早さをしみじみと感じておりますが、
我が家にはまだニスフェスが残っているのでした!!


c0145198_1853681.jpg



もちろん近藤監督も参加されます!!
最終戦のもてぎでNISSANワークスのNISMOチームが逆転勝ちしたので
盛り上がること間違いなしのニスフェスになりそうです。



ただ、やっぱり富士SWは大阪から遠い!!
今年は5月のSGTに行きましたが、運転の遅い私は片道6時間はかかる。
毎年は土曜日に早めに行って泊まって日曜日に備えていましたが、
今年は日曜日の朝に着くように出て日曜日に泊まって月曜日に戻ってくる予定で行こうと思っております!
by eos1d3 | 2014-11-22 18:56 | 徒然に | Comments(2)
2014 Nismo フェスティバル
c0145198_18585263.jpg




今年もニスモフェスティバルの事を考える時期が来た。
今年は11月30日の日曜日。
日産のドライバーや監督達が勢ぞろいする。

2009
c0145198_1914282.jpg
c0145198_192387.jpg



2010
c0145198_1935755.jpg
c0145198_194538.jpg



2011
c0145198_1955735.jpg
c0145198_196594.jpg



2012はNismoの会社移転の為に中止



2013
c0145198_198307.jpg
c0145198_199127.jpg




うちは2008年からずっと行っていますが、ニッサンファンなら行って損はないと思います。
ただ1日の開催でいろんなところで同時にアトラクションやイベントがあるので、
緻密なスケジュールを組まないと何も出来ないまま夕暮れということになります。

開催の12月ごろは太陽も低く、斜めから差すのでマシンの撮影には最高だと思います。
これが終ると、完全にストーブリーグの始まり!!
また来年と言う事になるのです!
by eos1d3 | 2014-09-26 19:13 | 徒然に | Comments(0)
惜しかった~~
昨日、SUPER Formulaの決勝が行われた。
私が応援しているKONDO Racingは予選3位で3番グリッドからのスタート。

富士SWを55LAPSして戦う決勝であるが、ピット作業を終了後3位をキープし
表彰台は守ったなぁ~と思っていた。

しかし事前に雨雲レーダーを見ると55LAPS走り終わる前に雨が降りそうだった。
雨が降れば晴れ用のスリックタイヤでは走れなくなる。
とは言ってもどれだけの雨量か分からず、残り数周を走りきれればそれで3位は守れる。

監督もエンジニアもドライバーも決断するのは難しい。
ましてや3位までのチームは思い切った決断を下せないのは仕方が無い。

こう言った場合、下位のチームは少しの雨の時点でレインタイヤに換えてくる。
順位を落としてもポイントの下げ率が少ないからである。

多くの下位を走っていたチームがレインタイヤに換えた。それでも、何とか晴れ用タイヤで
雨用タイヤの差があまりないような雨量だった。
しかしここでトップチームには不運なことが起こった。

1位を独走していたINPULチームのJP選手がスピンしてコース上で止まってしまったのだ。
これでレースの内容は一転。すぐにセフティーカーが入り一気に各車の差はなくなった。

SC中は速度が低いので見る見るうちに雨量が増し、しかもレインタイヤのチームはすぐに
TOP集団の後ろに追いついたのだった。

残り3周でSCが解除されたときには、晴れ用タイヤをはいたTOP集団はもうまともに走れなく
後方のレインタイヤのマシンに抜かれるだけだった。


そう言ったことで、順位は雨で大きく変わり、KONDOは8位になってしまった。

TOPを走っているから故に、実に判断の難しいレースであったと思う。
しかし、このあたりの駆け引きは見ていて非常に面白い。

KONDOの今季SFは調子が良く、期待できる。
次戦のもてぎが楽しみだ!!



c0145198_18574650.jpg

写真は開幕鈴鹿SF
by eos1d3 | 2014-07-14 18:58 | 徒然に | Comments(2)
2014 AUTOBACS SUPER GT Round2 KONDO Racing
c0145198_1832618.jpg

c0145198_1825985.jpg
c0145198_182528100.jpg



公式発表では入場者:決勝日(5月4日)57,200人 予選日(5月3日/晴)32,200人
と言う事で2日間なら約9万人が観戦した。
土曜日からピットウォークではKONDO前にもたくさんのファンが集まり、私も近寄ることが出来なかった。
2006年からSGTに行っているがこんなに多くの人が入場したピットウォークは初めてでした。

c0145198_1831147.jpg


結局日曜日のピットウォークも撮影できませんでしたが、日曜日は近藤監督は結構長い時間ファンに
サインをされていました。さすが富士のGWのSGTと言う事でスポンサー関係の要人が多くピットを
訪れたのか監督との記念撮影に暇がなかったように思う。

c0145198_18335294.jpg
c0145198_18342242.jpg

c0145198_18353984.jpg



いつもならグリッドウォークには監督は出てこられるのですが、今回は最後まで出てこられないかと
思われました・・・・・が、ようやく最後の1分間だけ撮影することが出来3枚だけ撮ることが出来ました。

それにしてもここ最近、ますます監督の姿を見かけること自体難しくなってきている。
以前なら、監督の女性ファンをピット裏で多く見ることが出来ましたが、トークショーもなければ
ピットウォークでもなかなかその姿を見れないのでは・・・と年々減ってきているように思います。
ゲストパスやパドック券を購入すると結構な金額になるので、それならコンサートにでも・・・と
なるように思います。トランポの充実やピット設備の充実はもちろん、最近ではメーカーごと、
或いはチームごとにおいても機密事項が多く、ピット裏のシャッターを閉じたままの場合も多く
ファンとしては少々寂しいばかりである。純粋にレースを楽しみに来ているのであれば、チームの方々との
交流は有意義なものであるし、それも楽しみなのにとちょっと残念に思います。

それでは、監督さ~ん

かんとくさ~~ん
by eos1d3 | 2014-05-07 18:51 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
2014 AUTOBACS SUPER GT Round 2 Part2
c0145198_9254387.jpg
c0145198_9263016.jpg
c0145198_9271388.jpg
c0145198_9273612.jpg
c0145198_9275584.jpg

c0145198_9312910.jpg

c0145198_928193.jpg
c0145198_9284213.jpg
c0145198_9285142.jpg
c0145198_929242.jpg



2年ぶりの富士SGT観戦&撮影はやはり本当に難しいと思った。
カメラは1D4でレンズは500mmF4であるが、あまりつけたくないテレコン2倍を駆使して
「金網地獄」を攻略しようと試みたが、思い切りはね付けられた。

そうやって家に帰って写真をみてみたら、同じようなカットの連続である。
スターティンググリッドを撮り、すぐにコカコーラから撮影をはじめたが、
3時間あるのはありがたい。暦の関係でまた来年もいけるかもしれないが、
やはり富士は難しいと再確認するだけになってしまうと思った。
by eos1d3 | 2014-05-06 09:36 | EOS1DMarkⅣ | Comments(6)
2014 AUTOBACS SUPER GT Round 2 Part1
c0145198_18481349.jpg
c0145198_1849586.jpg
c0145198_18492312.jpg
c0145198_18494622.jpg
c0145198_18503181.jpg
c0145198_18505584.jpg
c0145198_18512896.jpg
c0145198_18515562.jpg





さすがゴールデンウィークの富士SGTは多くのファンで賑わって国内モータースポーツの
最高の観客を動員していると感じた。
レースを真剣に観戦する姿が多く見られてすばらしい環境の中でレースを見ることが出来た。

500kmの耐久レースは見ごたえのあるものだった。
やはりレースは楽しい!!
by eos1d3 | 2014-05-05 18:55 | EOS1DMarkⅣ | Comments(2)
P.PはIMPUL GTR
c0145198_20492899.jpg



P.PはTEAM INPULがダントツの速さで獲得した。
安田選手はGT500初めてのP.Pだと記憶している。
予選後、声を掛けようと待っていたが記者会見等が忙しくついに叶わなかった。

星野監督のインタビューが記憶に残る。
先日行われたAPのテストで確かなものを掴んだというのである。
今回優勝してウェイトハンデを積み込まれたとしてもAPでも勝てる勝算があるみたいである。

しかしレースはほんのちょっとのミスで展開が大きく変わる。
決勝は500kmの長丁場、表彰台に上がるのは誰か!楽しみである。
by eos1d3 | 2014-05-04 08:00 | 徒然に | Comments(0)
やっぱり富士山は特別
c0145198_2045375.jpg




富士スピードウェイにきていつも思うことは当たり前のことであるが、「富士山に見守られている」と
いうことであります。5月には雪を多く残した富士、7月になると雪がなくなった男らしい富士、
富士にもいろいろあるけれど、やはり何度見ても美しい山だということであります。

せっかくだから、富士山の絡んだ写真を撮ろうと思ってもなかなか難しい。
しかしどうやっても撮ってしまう。それもまた富士の魅力であろう。
by eos1d3 | 2014-05-03 20:48 | 徒然に | Comments(0)
2年ぶりのSUPER GT富士500kmレース
昨年は暦の都合で行けなかったが今年は4連休に助けられ観戦できます。
2年前に行ったときは長女が中学3年生で決勝翌日も富士に留まり5合目まで昇りました。
しかし今年は長女はおろか長男も「もう行かん!」との事で夫婦2名での参加となりました。
少々寂しいですが、子供の成長、親離れを喜ぶとしましょう!

さて、今回も5月の富士は500kmレースです。
2012年は優勝タイムが3時間20分(SC出た)、昨年は2時間56分で約3時間ほどのレースになります。
14時スタートなのでチェッカーは17時ごろを予定。
その頃のダンロップからの太陽の位置を見るといい感じに夕陽になりそうです。

c0145198_18264753.jpg



2年前の5月富士SGTは応援している当時EPSONの中山選手がスーパーラップで見事PPを取りました。
しかし翌日の決勝はスターティンググリッドのときに既に雨交じりの天気に!!
フォーメーションラップの時には強く降り出し、スタート後に各チームピットインしレインに替えました。
c0145198_1832681.jpg


これはその時の様子です。
c0145198_18312421.jpg
c0145198_1832396.jpg



さて、POKKA1000kmに次いで2番目に長い500kmレースです。
新型マシーンGT500の性能が試される面白いレースを期待しています!!
by eos1d3 | 2014-05-02 18:33 | 徒然に | Comments(4)
2013 NISMO FESTIVAL その5 KONDO Racing編
c0145198_19124255.jpg



考えてみればサーキットに通いKONDO Racingを追いかけて6年の月日が経った。
その間にSGTの表彰台は何度か撮影出来たが、いまだにFormulaの表彰台には
立ち会うことが出来ていない。

FN06型まではKONDOも2台体制で参戦しその最後の2008年は富士でJPが優勝した。
しかしながらFN09型になってからは参戦もままならず松田次生選手をもって最参戦したが
スポンサーの関係か1台しか走らせることが出来ず、上位に入ることは難しくなっている。

そんな中、KONODのエースドライバーである安田選手が昨年からFormulaのシートを獲得し
初ポイントを齎した。来年はSGTもSFも新型車両になるが、私はFormulaの表彰台を撮るまでは
頑張ってサーキットに通うとしよう!

c0145198_19191350.jpg

c0145198_19195983.jpg


c0145198_19351045.jpg
c0145198_19363944.jpg
c0145198_19382738.jpg



それでは今年最後の監督さ~~ん

かんとくさ~~ん
by eos1d3 | 2013-12-07 19:20 | 徒然に | Comments(2)