無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:旧い建物 ( 82 ) タグの人気記事
御堂筋は宝箱
c0145198_2151444.jpg

EOS 5DMarkII + EF70-200mmF2.8LIS

昨日の土曜日は大阪は前日の雨に全てを流されて非常に澄み切った晴天となった。
僕は前から書いているように旧い建築物を見物することが大好きで、いつか写真を
撮って整理したいと思っていました。

大阪の御堂筋は関一市長の計画で大正15年から昭和12年にかけて作られた
当時では度肝を抜かれるほどの幅広の道である!!
北は大阪市役所、日本銀行大阪支店から始まり南は南海なんば駅までの約4kmの道であります。

同時に地下鉄御堂筋線も昭和12年に開業しており、完成後70年を経た今も大阪の大動脈、
ど真ん中を南北に貫く大切な道路であることは全く変わりありません!

僕がみた御堂筋が出来るまでのこの辺りの写真では、わずか6mほどの道幅で、
民家や商家がところ狭しとひしめき合っていました。その中で大阪の未来の発展を
目指してここに大きな道を作ったわけですが、当然立ち退きをした後、名だたる企業がこの
御堂筋沿いに大阪本店や大阪支店を建てたのでありました。

それらの多くもすでに70年を経ており、建築物としても価値が上がってきている!
特に昭和初期に導入された鉄骨鉄筋コンクリート造という、今でも使われている構造法で
それまでとは比べ物にならない計画の自由度を得たのでありました!!

この時代の建築物には自由になった設計からそれぞれにアイデンティティを感じる傑作が
多く、その威風堂々とした造形美は、現在のコンピューターで設計したものとは比べ物に
ならないほどの情熱を感じることが出来ます。

しかし僕も大好きだった阪急百貨店(昭和4年竣工、竹中工務店)も大阪市交通局(昭和5年)
も今は解体されてもうない・・・・・。特に交通局は宝の塊のような建物だったのに潰してしまった・・・・。

やはり仕方ないかもしれないが、旧いものは潰すともう元には戻らない。無になってしまう。
全ての残すことは難しいですが、出来るだけ使いみちを考えて保存して欲しいものであります!!


・・・・・・と言うような訳でこれから時間があるごとに旧い建物を撮りたいと思います!

まずは、
三井住友銀行大阪本店(昭和5年、大林組)、阪神高速の環状線を走っていると見えてきます。
この頃の建築物には決まって大きな柱があります!太さと形によって名前が違います!!
ドリス式オーダー、コリント式オーダー、イオニア式オーダー・・・・こんな感じでした・・。
しかし70年経っても素晴らしすぎます・・・・・。
c0145198_2146818.jpg

c0145198_21462333.jpg

EOS 5DMarkII + EF16-35mmF2.8L


これは旧いです!なんと明治です!
日本銀行大阪支店(明治36年、大林組)ベルギーの国立銀行をモデルに建てられたそうです!
やはりイオニア式オーダーが見えますね!!
イチョウの葉が落ちていい感じになっていました!!
c0145198_2150115.jpg

c0145198_21501627.jpg

EOS 5DMarkII + EF16-35mmF2.8L


・・・・・と言う感じで撮っていきたいと思います。(不定期更新で)
by eos1d3 | 2008-12-07 21:50 | EOS5DMarkII | Comments(12)
大きな樹
c0145198_16135788.jpg

うちの近くの神社にはそれはそれは大きな樹があります。
この楠は樹齢400年以上で大阪市の保存樹に指定されています。
下から見上げれば本当に大きな樹です!
正直言ってAPS-Hの24mmでも入りきらないのでFULLの17mmだったらいいかもしれません。

5D2が来たらもう一回チャレンジしよう。


樹と言うのはご存じのとおり我々人間より長生きします。
この樹がこの場所に植えられたのはおそらく戦国時代であったと思われます。

1600年頃ってこの辺りはどんな感じだったのだろうか?
そしてこの樹は一体何を見てきたのだろうか?
変わりゆく大阪をずっと見てきたに違いない!そう考えると人間なんてちっぽけな存在に思えます。

c0145198_16212394.jpg

きっと室町時代の人、江戸時代の人、明治の人、大正の人、昭和の人、平成の人・・・・・
いろんな時代の人がこの樹に願いを賭けたに違いない。
いまだに青々と茂るこの楠を見ていろんなことを考えてしまいました・・・・・。


空は秋空で、実に清々しい一日でした!
c0145198_16243334.jpg

by eos1d3 | 2008-10-10 16:26 | EF24-70mmF2.8L | Comments(6)