無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:時計 ( 51 ) タグの人気記事
1970 BLMC MINI COOPER Sと1946 Smiths pocket watch
c0145198_18062976.jpg
c0145198_18064544.jpg
ミニのような英国車にはSmithsの計器類がたくさんついている。
元々英国の時計メーカーだったSmithsが自国の計器を作るのは不思議なことではない。
私のミニも例外ではなく、全メーターがSmiths製である。

その中でもタコメーターは機械式でSmithsの旧ロゴが書かれてあり、
1946年製のSmithsの懐中時計と同じロゴであるところが素晴らしい。

c0145198_18065894.jpg
もちろん私のミニにはSmithsの電気式時計が付いてあり不便はない。
1970年のミニ、1971年生まれの私、
1946年の時計、1944年生まれの母、
と言う感じで、何となく運命的なショットである。





by eos1d3 | 2018-12-08 18:11 | 機材紹介 | Comments(0)
1940's Smiths Pocket Watch
c0145198_18220857.jpg
ついにここまでやってきた。
Smithsの懐中時計を買って2つ連続不良品、そして3個目でなんとか成功。
Smithsの懐中時計でも通常手に入るのはEMPIREモデルといって、昔のブリキで
出来た目覚まし時計と同じ構造のものらしい。
ようするに、オーバーホールせずに使いすてにするタイプの若者用のである。
MINIのショップでもよく見かけるが、中には1日も動かずに止まるものも多い。
そこで、時計店に持って行くとまず部品がないから修理できないというのと
この時計が修理するように作ってないというのだ。
私も、このEMPIREモデルの修理に出すと部品を入れて4万円と言われた。
7千円の時計に修理が4万円、そういう理由で故障品だけが残るのである。

上の写真の時計はSmithsのdeluxeと言われる15石のムーブメントを使った時計であり
当時の高品質の時計である。石が使われているので修理しやすく、オーバーホールしながら
代々使われてきたと予想される。

c0145198_18221859.jpg
竜頭の部分もEMPIREモデルと全然違って美しい。
c0145198_18223083.jpg
c0145198_18223646.jpg
手前がこの15石の珍しいSmithsの懐中時計で、奥の2つがEMPIREモデルで普通に手に入るものである。
ちなみに重さは15石の方が92gで置くのが62gと1.5倍の中身である。
この懐中時計をもって、もう買うのを止めようと決める!!
何個も何個も懐中時計を集めるつもりなかったのに~~~。




by eos1d3 | 2018-12-06 18:32 | 機材紹介 | Comments(0)
最近は懐中時計
c0145198_18163847.jpg

ヤフオクでSmithsの懐中時計を2つ買って、2つとも不良品!!
この左のやつがその2つ目のSmithsだけど、この位置から動かすと止まってしまう。
右のは古いセイコーの懐中時計でこれは快調に動いている。
昔から古いものが好きだったけど、右のなんて100年ほど前の懐中時計。
こんなん集めるつもりないのに、もう既にあと2つ買ってしまってる。

それと同時にそれに使うチェーンを作成。
2ndストリートやトレファクで古いネックレスを買ってきてそれを繋いで作る。
これも、こんなん集めたくないのに集まってくる。

収集癖は本当にもう止めたい(笑)



by eos1d3 | 2018-12-04 18:22 | 徒然に | Comments(0)
Smithsの時計がまた止まる
c0145198_18195098.jpg

前回、Smithsの懐中時計を購入したが、1日で止まってしまった。
その時計は返金してもらえたが、次に買ったのは表を向けていると動くが
裏を向ければ止まってしまうジャンク品だった。
いづれもヤフオクで購入したのだが、返品できた方は真摯な対応であったため難を逃れた。
しかし今回の出店者は今までで一番ひどい出店者で、1回も取引することなく時計が送られてきて終わり。

昔のヤフオクは互いにメールを交換して、それぞれが口座を教えて振り込んでもらうアナログ式であったが
メルカリ等の簡単な方法、特にe発送サービスの普及から、ヤフオクもそれを追従し、今では
購入した側がお金を振り込んでも直接出品した人には入らずに、一度ヤフオクがプールする。
そして、商品を受け取った連絡をして初めて入金されるシステムになった。
この方法は便利であるが、時としてこのような全くコミュニケーションを取らない人間を受け入れてしまう。

私が落札する、そしてお金を振り込む。
この時点で、相手には私の住所が現れるから、そこに送る。
しかも発送まで、何の連絡もなく5日目にようやく発送。
物は不良品、そして連絡しても何の返事もない。
今まで、ヤフオクやメルカリをやっていてこんな経験は初めてであった。

簡単なシステムはいつしか不適格者の巣となり、内側から腐らせていくのでは?と
思えてならない。




by eos1d3 | 2018-11-30 18:28 | 機材紹介 | Comments(0)
Smithsの時計が時を刻まない
c0145198_19500254.jpg
先日購入したSmithsの懐中時計。買ったその日に既に止まっています。
それも、秒針が28~29秒くらいのところで毎回止まります。
12時間は気持ちよく動いていましたが、それ以降は止まったり動いたり。
これでは時計ではなく、元時計だったオブジェです。
返品させてもらいました。
そもそもSmithsのEMPIREモデルは5石のモデルで頻繁にOHしなければ
石のない部分の軸がすり減って動かなくなるらしいです。
う~~ん、仕方ない。このモデルで残ってるやつは全部こんな感じらしいです・・・。



by eos1d3 | 2018-11-17 18:25 | 徒然に | Comments(0)
英国 Smiths 懐中時計
c0145198_19492264.jpg
c0145198_19494257.jpg
またまた時計を買ってしまった。
今度はSmithSの懐中時計。英国車の計器類を作っていた会社で今はもうない。
GT BRITAINと印字が見える!

c0145198_19495043.jpg
腕時計とお揃いだ。カチカチと心地の良い音を響かせる。

c0145198_19495706.jpg
英国旧車に取り付けるには、このような金具を使う。
この時計はおそらく50年代のもの。
私のミニよりはちょっと姉さんだ。






by eos1d3 | 2018-11-13 19:53 | 機材紹介 | Comments(0)
Smithsの時計が意外に正確
c0145198_18304332.jpg
手帳も万年筆もエンジンキー、キーホルダーも良い感じにノスタルジーな感じであるが
もっと良いのがこの前買ったSmithsの1960年代の時計。
手巻きの時計で説明書にはO.H済とある。
それと手巻きなので一回全部巻いて次からはその8割で止めると長持ちするとの教えから
フルで巻くと30回だったので、8割の24回巻くことした。
そうすると、だいたい24時間は動いている。1回あたり1時間くらいなのか??
それにしても驚くべきはこの精度。
もう1つ持っている手巻き時計は18時間を超えると一気に遅れてくるが、
このSmithsの時計は全く狂わない。
こりゃ、英国品質をなめていたな~~。




by eos1d3 | 2018-10-19 18:34 | 徒然に | Comments(0)
Smiths ベルト交換
c0145198_18145354.jpg
c0145198_20563896.jpg
分かりにくいけど、黒の革ベルトを茶色に交換してみた。
やっぱり金のケースには茶色のベルトが似合う気がします。
Smithsの手巻き時計は止まった状態から30回巻けば止まります。
それで30時間動きます。8割程度巻くのが長持ちの秘訣だそうで
それで24回巻くと24時間動きます。
1回で1時間。
面白い時計です。



by eos1d3 | 2018-09-08 20:59 | 徒然に | Comments(0)
1961 Smiths De Luxe
c0145198_18175836.jpg

多くのミニファンの人が知っているSmithsのメーター。
もちろんセンターメーターに付いている速度計や油圧計、水温計も全てSmithsで私の場合は
機械式タコも時計もオリジナルのSmithsメーターである。

そもそもSmithsというのは英国で1851年に創業された時計店が発祥らしい。
なので当然、探せばSmithsの時計はいくらでもみつかる。
その中でも珍しい金無垢のデラックス版を見つけて購入した。

1961 Smiths De Luxe
c0145198_18220095.jpg
Smithsのロゴがタコメーターと同じである。
c0145198_18151630.jpg
9Kで無垢である.375の刻印が入っている。日本では18kが多いが、英国では9kが多い。
c0145198_18145354.jpg
c0145198_18145967.jpg
c0145198_18150485.jpg

もちろん英国製である。
車は1970年、時計は1961年、私は1971年で一番若いのだ!!




by eos1d3 | 2018-09-06 18:24 | 徒然に | Comments(0)
イージークリック ベルト
c0145198_18203012.jpg
c0145198_18204175.jpg


イージークリックのベルトとは時計のベルトを変えるときに、工具が要らないベルトです。
一般的にベルトを変えるときにはバネ棒と呼ばれる金属製の棒を工具で外す必要があります。
しかし、このイージークリックであれば、工具入らずで簡単に外せます。

この見えている「チョボ」をスライドさせることでバネ棒のストッパーがヘッコんで
ベルトが外れるのです。

c0145198_1824062.jpg


茶色から鼠色に変えてみました。

c0145198_18243148.jpg


c0145198_18245424.jpg

c0145198_1825869.jpg


色温度がばっちり決まっていないので分かりにくいですが、どっちがいいでしょうか??


これなら、毎日簡単に交換出来て面白いですね。
by eos1d3 | 2017-12-06 18:26 | 徒然に | Comments(0)