無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:時計 ( 58 ) タグの人気記事
時計のオーバーホール
最近のマイブームは懐中時計を集めることから、オーバーホールすることにスイッチ。
まずは壊れているものを分解して構造をデジカメで撮りながら、組み立てる。

c0145198_23441885.jpg
c0145198_23450199.jpg
c0145198_23450689.jpg
ネットで分解掃除の仕方が載っていたのでそれを見ながら順番に!!
懐中時計は機械が大きいのでやりやすいです。

c0145198_23451623.jpg
そして、これがテンプと呼ばれる時計の心臓部です。
振り子時計で言う振り子の役目で、ゼンマイから出てくる力を、いくつかの歯車が伝送してきて
最後にこのテンプを回します。
c0145198_23452391.jpg
こうやって、部分ごとに分けておいて、ベンジンでしっかりと洗浄します。
特にルビーの石の部分をきれいに洗います。
c0145198_23452839.jpg
c0145198_23453316.jpg
そして、これがゼンマイ巻き入れ器。
オークションで買いました。これがあればゼンマイ切れのゼンマイを簡単に入れ替えれます。
クルクル回すだけです。ゼンマイもオークションで仕入れます。

絶対に直せないジャンクもあります。
特に、歯車の欠けや、天真という細い命のような棒が折れたり削れたりしたらTHE ENDです。
それ以外の、汚れて止まっているものや、天真の折れていない時計は直せるときもあります。

やはり機械好きの私はこんなのが子供のころから大好きなんですね。



by eos1d3 | 2019-04-21 23:52 | 機材紹介 | Comments(0)
時計がバランバランに
c0145198_18382506.jpg
この懐中時計、裏に向けると止まってしまう懐中時計でした。
オークションで完全に騙されて購入。
送られてきたときから止まっていましたが、その後出店者と全く連絡が取れません。
こんな出店者は初めてでしたが、それならバラバラにしてみようと思いました。

以前、懇意にしている時計店に持ってくと、この時計はいわゆる「ピンレバー時計」と言って
使い捨ての時計になっているとのことでした。
ネットでピンレバー式時計とか、ワンダラー時計とかで出てきますが、
ルビーなどの石を使わずに、鉄板に穴を開けたところに歯車の軸を通しているので
そこが錆びたり、劣化したりして動かなくなるのです。

とは言ってもこの時計は50年前の時計なので、そこそこは動いていたのだと思います。
さて、時計店の話では、天真という、機械式時計の心臓部が壊れているので、直せないのですが
ばらしてみると、あらら、ゼンマイが入っている丸い歯車のケースが飛び出て、終わってしまいました。
Smithsの懐中時計のピンレバー式は全てこのムーブメントなので、予備に置いておこうと思います。
天真の軸が削れて(折れて)いるのでどうしようもありません。残念でした。




by eos1d3 | 2018-12-29 18:46 | 機材紹介 | Comments(0)
タイムグラファー 購入
c0145198_20060264.jpg

ピンレバー式の懐中時計があまりに精度が悪いので、タイムグラファーを購入しました。
これで測っても1日に353秒進みます。という事は6分進みます。確かにそれくらい進んでいます。
振り角度215度は少なすぎます通常は280度ほどです。この振り角はテンプの振り角です。
ゼンマイから動力を得たテンプが左右に均等に触れながら時間を刻むのですが、
これが片ブレしていると時間が狂うのです。その数字が9.2です。
コノズレが0.1以下が好ましいとの事で、この時計はやはり正確ではないという事になるみたいです・・・。

しかし、また厄介なものを買ってしまったものだ!! うっしっし

by eos1d3 | 2018-12-28 20:10 | 機材紹介 | Comments(0)
1946 Smiths 9ct Gold 15 jewels Pocket Watch
c0145198_16505377.jpg
c0145198_16504816.jpg
c0145198_16510116.jpg
c0145198_16511214.jpg
c0145198_16512629.jpg
c0145198_16512287.jpg
c0145198_16511701.jpg

1946 Smiths 9ct Gold 15 jewels Pocket Watch
という事で、日本語に訳すと、
1946年製のスミスの9金無垢15石懐中時計という事になります。
既述の通りケースがデニソン製の中蓋がある金無垢になっていて、
実にレアなモデルとなります。
中身のムーブメントはこの前の金メッキと同じスミス製になっており
精度は1日で10秒と狂いません。

Smithsのロゴも初期のもので、ミニに乗っている者にとっては、
実に趣き深いと思います。
日本にそう何個もないと思うので、大事にしたいと思います。




by eos1d3 | 2018-12-23 16:56 | 機材紹介 | Comments(0)
時計ケースで整理
c0145198_19244495.jpg
最近、またまた懐中時計が増えて、時計の数が15個くらいになりました。
その内、自動巻きが4つでいつも機械で回っています。
手巻きが6つで、電池式が5つです。
特にこの懐中時計は1つが7,000円くらいの安物ですが、見つけるとどうしても
買ってしまいたくなります。ワンダラー時計と言ってOHが出来ない、ルビーを
使っていないタイプの時計ですが、欲しくなるんだな~~。




by eos1d3 | 2018-12-22 19:28 | 機材紹介 | Comments(0)
Ingersoll 懐中時計
c0145198_18403027.jpg
最近時計が増えているが、またもや懐中時計が1つ増えた。
この時計はSmithsの文字が入ってないが、中身はSmithsです。
カチカチといい音を出しながら、しっかりと時間が合います。
金メッキではなく、おそらく真鍮製のケースでしょうか??
結構、味わい深いです。




by eos1d3 | 2018-12-19 18:42 | 機材紹介 | Comments(0)
時計が増える
c0145198_18230693.jpg
またまた時計が増量中!!
近頃は腕時計でなく懐中時計まで手を出してしまった。
特にMini関連でSmithsの時計がどうしても欲しい。
手巻きだけど、なんか見ていて落ち着くんだなぁ~。




by eos1d3 | 2018-12-17 18:25 | 徒然に | Comments(0)
1970 BLMC MINI COOPER Sと1946 Smiths pocket watch
c0145198_18062976.jpg
c0145198_18064544.jpg
ミニのような英国車にはSmithsの計器類がたくさんついている。
元々英国の時計メーカーだったSmithsが自国の計器を作るのは不思議なことではない。
私のミニも例外ではなく、全メーターがSmiths製である。

その中でもタコメーターは機械式でSmithsの旧ロゴが書かれてあり、
1946年製のSmithsの懐中時計と同じロゴであるところが素晴らしい。

c0145198_18065894.jpg
もちろん私のミニにはSmithsの電気式時計が付いてあり不便はない。
1970年のミニ、1971年生まれの私、
1946年の時計、1944年生まれの母、
と言う感じで、何となく運命的なショットである。





by eos1d3 | 2018-12-08 18:11 | 機材紹介 | Comments(0)
1940's Smiths Pocket Watch
c0145198_18220857.jpg
ついにここまでやってきた。
Smithsの懐中時計を買って2つ連続不良品、そして3個目でなんとか成功。
Smithsの懐中時計でも通常手に入るのはEMPIREモデルといって、昔のブリキで
出来た目覚まし時計と同じ構造のものらしい。
ようするに、オーバーホールせずに使いすてにするタイプの若者用のである。
MINIのショップでもよく見かけるが、中には1日も動かずに止まるものも多い。
そこで、時計店に持って行くとまず部品がないから修理できないというのと
この時計が修理するように作ってないというのだ。
私も、このEMPIREモデルの修理に出すと部品を入れて4万円と言われた。
7千円の時計に修理が4万円、そういう理由で故障品だけが残るのである。

上の写真の時計はSmithsのdeluxeと言われる15石のムーブメントを使った時計であり
当時の高品質の時計である。石が使われているので修理しやすく、オーバーホールしながら
代々使われてきたと予想される。

c0145198_18221859.jpg
竜頭の部分もEMPIREモデルと全然違って美しい。
c0145198_18223083.jpg
c0145198_18223646.jpg
手前がこの15石の珍しいSmithsの懐中時計で、奥の2つがEMPIREモデルで普通に手に入るものである。
ちなみに重さは15石の方が92gで置くのが62gと1.5倍の中身である。
この懐中時計をもって、もう買うのを止めようと決める!!
何個も何個も懐中時計を集めるつもりなかったのに~~~。




by eos1d3 | 2018-12-06 18:32 | 機材紹介 | Comments(0)
最近は懐中時計
c0145198_18163847.jpg

ヤフオクでSmithsの懐中時計を2つ買って、2つとも不良品!!
この左のやつがその2つ目のSmithsだけど、この位置から動かすと止まってしまう。
右のは古いセイコーの懐中時計でこれは快調に動いている。
昔から古いものが好きだったけど、右のなんて100年ほど前の懐中時計。
こんなん集めるつもりないのに、もう既にあと2つ買ってしまってる。

それと同時にそれに使うチェーンを作成。
2ndストリートやトレファクで古いネックレスを買ってきてそれを繋いで作る。
これも、こんなん集めたくないのに集まってくる。

収集癖は本当にもう止めたい(笑)



by eos1d3 | 2018-12-04 18:22 | 徒然に | Comments(0)