無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
こんばんは。二人歩記を歌..
by ひろみつ at 20:13
ひろみつさん、私もCap..
by ゼク at 22:32
ゼクさん、こんにちは。剛..
by ひろみつ at 15:36
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:16
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:音楽 ( 136 ) タグの人気記事
長渕LIVE
c0145198_18265451.jpg
(長渕剛公式LINEより)

先週の4日、大阪城ホールで公演のあった「長渕剛LIVE2018」に行ってきた。
昨年の同ホールで開催されたバースディーLIVEに続いて約10か月ぶりのLIVEだった。

私は中学生の時からのファンで初めて彼のLIVEに行ったのは1986年11月のSTAY DREAMツアー。
高校1年だった私は友人と2人で行ったのだった。
それから黄金期と呼ばれる1994年位までは全ての大阪公演に行った。

その後、大学を卒業して友人と離れ離れになったのと、結婚・就職を機に私にとって音楽との
隔離された時期を過ごすことになる。その後、彼のLIVEに行くのは2004年のオールナイト桜島LIVE
まで10年もの時を待たねばならなかった。

その後も、復帰したわけではなく、CDも特に聞くわけでなく、私の中での長渕剛は1994年で
完結しているのは一向に変わらない。がしかし、子育てにも落ち着いた妻と再び彼のLIVEに
行きだしたのは2014年位からである。

何しろ、彼のデビュー1980年頃~1994年までの14年間の唄は全て知っているけれども、
1995年から2018年までの23年間はほぼ何も知らない。
よくよく考えたら、知らない時期の方が長いではないか!!!

今回の2018LIVEも、比較的新しい曲の選択だったので実に7割は知らない曲だった。
しかも、知っている1994年までの曲も彼なりのアレンジで私にとっては台無しにしてしまっているで
今後は少し距離を置こうとも考えている。

シンガーとしてアーティストとして、昔のままのスタンスで歌うタイプと、大きくアレンジしていく
タイプがいるとしたら、長渕は圧倒的に後者の方である。
酷い場合、原曲が何であるのか注意深く聞かないとわからないものなで存在する。

1990年代初頭、TVドラマ等で人気を得、CD売り上げも大きいなか彼は違う方向に進んだ。
目指すものが、インド仏教やそういった宗教的なところに癒しを求めるようになったのだ。
石ころにも魂が宿るとか、そういった事を言い出した時に私は付いてゆけなくなった。
そして、その頃より過去の自分の作品を大きくアレンジして、悪く言えば捻じ曲げて
表現せざるを得なくなったのだった。

その呪縛から一向に解き放たれることなく、20有余年を過ごし今でも五里霧中を
彷徨っているように思う。「夢を持ち続ける事」「お金では買えないものある」と
幾ら歌って見ても、その純粋さの表現方法を歪めたものをしてしまえば、
それはもう既に元のものではない。

1980年頃、彼が作った曲は紛れもなく今の彼の記録でもある。
曲とともに成長し、何ら一向に変わらないスプリッツと表現するのであれば、
過去の作品と真摯に向かい合い、掘り起こしてゆく作業が必要ではないかと思うのでした。









by eos1d3 | 2018-07-10 18:46 | 機材紹介 | Comments(3)
海の見える放送局
私、実は小学1年生まで神戸市に住んでいました。
なので、その頃の車に乗った思い出は、ラジオから流れるこの曲。
ラジオ関西の「海の見える放送局」です。

この曲は昭和47年のチューインガムの曲。
私の車も昭和45年という事で、古いラジオが付いていますが、
奇跡的に、その英国製のラジオは外部入力でスマホやDAPと
繋ぐことが出来ます。約50年の時空を超えて、アナログと
デジタルの融合が醸し出されます。

でも、やはり聞く曲はなるべく昭和の曲にしようと思っています。
そんなノスタルジーな変なクルマです!



by eos1d3 | 2018-06-22 19:14 | 徒然に | Comments(0)
歌の力
c0145198_18394660.jpg



昨日の朝の「スッキリ」と言う番組で長渕剛がTOKIOに書いた
「青春」を弾き語りで歌った。
それは、TOKIOへのエールだと言う。
2番の歌詞も、「信じるのさ永遠と未来と明日を」を「信じるのさ仲間と汗と自分を」に
替えていた。作詞作曲が長渕であるから、同替えようが長渕が歌えばそれが本物だ。

ギター1本であるから直球で伝わってくる。
森アナウンサーも感動したのか号泣していた。

やっぱり歌の力というのは存在すると思う。
人は歌を時代と思い出とに重ねて聴くと言う。
昔の唄を聴けばその当時の景色が浮かぶのだ。
やっぱり、歌はまだまだ捨てたものじゃない。
そう思った瞬間だった。
by eos1d3 | 2018-05-24 18:49 | 徒然に | Comments(0)
アニキのLIVEきたぁ~~
c0145198_19111372.jpg



今年も長渕アニキからLIVEの通知がきたぁ~~。

昨年の9月以来10か月ぶりの大阪城ホール。
やっぱり大阪城ホールはええなぁ~~。

ところで最近の長渕LIVEは価格上昇過ぎる。
プレミアム席と指定席しかなくて、それぞれ22500円と11500円。
昨年の感じではアリーナの前から1/3までがプレミアムかな?

僕が初めて長渕LIVEに行ったのは1986年11月だったが、
あの時は確か3900円くらいだったような・・・。
32年経って価格が3倍も・・・辛いのぉ~~。
by eos1d3 | 2018-05-15 19:15 | 徒然に | Comments(0)
Char 平成三十年度 大阪 新歌舞伎座 Live
c0145198_1336363.jpg



今日はCharの生Liveに行きます。
2016年1月に行ってから2年ぶりに行きます。
2年前は石やん(ギターリスト、石田長生氏)が亡くなってすぐだったので
そんな話も出ました。BAHOはもう出来ないし、石やんがチャーの還暦のために
作った「ニッポン、チャチャチャ」をみんなで歌いました!!

さて、今日も必ず歌ってくれると思います。
そして、石やんもきっとどこかで見ていると思います!
by eos1d3 | 2018-05-01 13:39 | 徒然に | Comments(0)
休日は音楽を
c0145198_1801462.jpg




ついに4月に入り新年度になりました。
お正月に続いて、4月も新しい年度の始まりで何となく全てが変わったように見えます。
娘は大学3年生になり、息子は高校2年生になります。
私は47歳になり、中年の道まっしぐらです。

プロ野球の開幕、モータースポーツの開幕と私の家の中でも騒がしいです。
大阪市では地下鉄が初めて民営化されますし、長年親しんだ市バスも民営化されました。

時代の流れが、速くてその流れに流されぬように流されてゆくのに精一杯な感じです。
今年は例年よりも早く桜が咲き、入学式の時には散ってしまいそうです。
そんな、いつもと何となく違った新年度の突入を、音楽を聞いて過ごしています。
by eos1d3 | 2018-04-01 18:08 | 徒然に | Comments(0)
ハイレゾで聖子ちゃん
c0145198_20163690.jpg



私はハイレゾ音源をSONY系のmoraかONKYO系のeOnkyoで買いますが、
今回はeOnkyoで購入しました。

ようするに聖子ちゃんのシングルのベスト盤でございます。
38曲入って4400円で、一応ハイレゾであります。
FLAC 96Khz/24bit音源ですが、本当は完璧なハイレゾは完璧なアナログマスター音源が
必要になります。本当に当時のアナログマスターが残っていたのかな~??

まぁ、それでも、聖子ちゃんは私が小学4年生の時のデビューで、小中高とアイドルの
第一線で活躍してきた。百恵ちゃんの再来かと言われましたが、百恵ちゃんとは正反対の
活躍の仕方で、百恵ちゃんは20歳で結婚引退で未だに出てきません。
一方、聖子ちゃんは結婚と出産で一時休憩しましたが、今でも活躍されています。

どちらにしても、私のような40代~50代の人にとって、聖子ちゃんの全ての曲が
自分の学生時代と一緒にリンクしていて、曲を聴くだけでその時の風景や友達の顔、
匂いまでも思い出すことが出来ます。

と同時に歌謡曲の世界が今とは比べ物にならないくらいに皆の生活に溶け込んでいました。
パソコンやスマホもなく、ましてやビデオもない時代、家族がこたつを囲んで、一緒に
歌番組を見ました。日本全体が同じエンターテイメントに喜びを感じ、一緒の方向を
見ていた、輝いていた時代だったと懐かしく思い出されます。

母の顔、父の笑い声、兄弟のチャンネル争い、生き生きとした昭和の一コマです。
by eos1d3 | 2018-03-18 20:27 | 徒然に | Comments(0)
JRiver22 を SONY TA-ZH1ES で聴く
私はTA-ZH1ESを購入してからそれまでDAPであるSONY NW-ZX300 (B)で聴いていた
音楽をJRiverで聴くようになった。NW-ZX300のMicroSDに入っている音楽は、全て
PCにも入っているので、どっちでも同じ曲を聴くことが出来る。

さて、JriverでAmazon Misicを聴く方法はこの前書いた。
この方法でJRiverを起動しAmazon Musicを開くとJRiverのアップサンプリング機能を生かして
DACに出力できる。

今回はこのDACがTA-ZH1ESになっているで、極力JRiverではネイテイブで出力してみる。
ところが、DAPのZX300をTA-ZH1ESで聴くよりJRiverをTA-ZH1ESで聴く方が音がまろやかな
中に芯がありいい結果が得られるのである。
これは、ZX300の能力とJRiver+PCの能力の勝負と音の傾向が私の好みに合うかという事だろう。

ZX300+TA-ZH1ESは高音部とサ行が突き刺さる真のハイレゾ特有の音のような気がして、
この方が好きな人がきっと多いと思うが、私のようなアナログ時代の人間にとっては、
JRiver+TA-ZH1ESのどこかアナログの中にハイレゾが入ったような生温かい雰囲気が
いいのである。

c0145198_18374625.jpg



両親が音楽に興味がある場合、子供のころから音楽に慣れ親しむのが通常であるが、
私の家には音楽を聞く趣味がなく、私が中学2年生の1984年の初めてステレオを
買ってもらいスピーカーから放たれる音楽を聞いた。あの時の感動と満足感はきっと
一生忘れないだろう。
あれから、LP版はCDになり、CDはやがて目に見えないデーターに形を変えて
今では音楽を聞く感動や満足感というのは少ない。

そんな中、椅子に座り、PCの電源を入れ、TA-ZH1ESのスイッチをONにして
ヘッドホンSONY MDR-Z7 + MUC-B20SB1を装着して、やっと聴くことが出来る
音楽は、遠い昔35年前に私が初めてステレオを買ってもらった時の感動と
満足感を連れてくる特別なものに他ならない。
by eos1d3 | 2018-03-07 18:42 | 徒然に | Comments(0)
SONY TA-ZH1ES デジタルヘッドホンアンプ
ずぶずぶずぶ・・・
ずぶずぶずぶ・・・

完全に沼に落ちて行っております・・・・。

今週だけでSONY MDR-Z7 + MUC-B20SB1というヘッドホンとキンバーケーブル、
さらには本日SONY TA-ZH1ESというヘッドホンアンプを購入してしまった。
これで30万円の出費で、既に今年に入って40万円は使ってしまった。
もう、今年は何も買えません・・・・。
それにしても、どうでもいいこのハイレゾ沼は深くて怖いです。
他にもカメラ沼やギター沼や時計沼に浸かっていますが、
ハイレゾ沼は進化が早いので、値打ちが下がるのも速いです。

c0145198_16364564.jpg

c0145198_1636583.jpg


こんな形の黒い箱です。結構重たいです・・・。

何をするものかと言えば、簡単に言えば、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)の音を
大きくするものです。普通にイヤホンで使っていれば、正直言ってアンプはいりませんが、
MDR-Z7というSONYのちょっとインピーダンスの大きなヘッドホンを買ってしまった為に
陥ってしまった沼なのです。

ただ、このSONY TA-ZH1ESはSONYの最高の技術を使ったアップサンプリング機能を
備えたDACも搭載していて、ハイレゾ音源はもちろんそれ以下のCD音源やMP3音源も
アップサンプリングして、ハイレゾ並みにすることが出来るのです。

c0145198_16412574.jpg


これは裏側ですが、DAC機能があるので、アナログ出力が可能です。
とは言っても、単独でスピーカーを鳴らすだけの力はないので、安い中華アンプでを
別に据えて、そこからブックシェルスポーカーのダリに繋いでいます。

青いUSBコードはノートPCに繋がっています。

c0145198_16435095.jpg


ノートPCにはJRiver22という有名はハイレゾプレイヤーソフトが入れてありますので
このソフトで192kHZ/24bitにアップサンプリングしてSONY TA-ZH1ESに入力すると
SONY TA-ZH1ESの方では、さらに384khz/32bitにアップサンプリングしてヘッドホンに
バランス出力してくれる訳です。

c0145198_16464886.jpg


もちろん、DSDデ-ターにアップサンプリングしての出力も可能です。
DSDとPCMの理論の違いはまた別の所で・・・・。

このSONY TA-ZH1ESの凄いのはアナログ入力も可能で、例えばアナログレコードプレーヤーを
繋ぐと、ADC(アナログデジタルコンバーター)として、ハイレゾ音源のDSDに
変換して聴くことが出来るのです。私はギリギリLPを買った世代ですが、プレーヤーを
捨てたので、今はもう聞けませんが、レコードたくさん持っている人は是非どうぞ!!

話は続きですが、JRiverではネットストーリミング音源をそのままアップサンプリングできます。
例えば、会員になっているAmazon Musicに繋いでその音源をJRiverで92khz/24bitにして、
SONY TA-ZH1ESで384khz/32bitにアップサンプリングして聞けます。
そんな事が簡単に出来る凄い製品です。

c0145198_16535019.jpg


さて、こうなったら家でSONY NW-ZX300 (B)を使う意義がなくなりましたが、
実際にPCを起動させるよりは、直にSONY TA-ZH1ESにSONY NW-ZX300 (B)を
接続すれば、電源補給しながら、SONY TA-ZH1ESでアップサンプリングして聞けます。

c0145198_16553927.jpg

c0145198_16555154.jpg

c0145198_165608.jpg


ただ、SONY NW-ZX300 (B)は最新のDAPでSONY TA-ZH1ESについている
アップサンプリング機能が既に入っているので、インピーダンスの小さなヘッドホンや
普通のイヤホンで聴くにはSONY TA-ZH1ESを通す意味があまりありません。

このSONY TA-ZH1ESは電池を気にせず、いろんな音源をアップサンプリングしてゆっくりと
聴きたい人向けの製品だと思います。
by eos1d3 | 2018-03-04 16:57 | 徒然に | Comments(0)
SONY MDR-Z7 + MUC-B20SB1
SONY MDR-Z7 + MUC-B20SB1

MDR-Z7はSONYのハイレゾヘッドホンでやや古いけど発売中の現物です。
既に新発売から3年半近く経っているのでマイネーチェンジの可能性がありますが、
なぜ今になってコイツを買ったかというと、今使っているメインのヘッドホン
MDR-1Aの新型MDR-1AM2が発売されるからである。

先日ソニーストアー大阪でMDR-1AM2を試聴した。
正直言って、買い替えるほどの感じではない。
すると横に置いてあったMDR-Z7を試しに聴いてみると「全然ちゃうやんか~」という事であった。

そして、それについてあった4.4mmバランスケーブルのイカツさにノックダウン!!
この組み合わせをください!!と即買いでした。

ただ、ポータブルアンプなしにSONY NW-ZX300 (B)に繋ぐのが70Ωのヘッドホンを
鳴らせないのでは?と思いましたが、ハイゲインにすると問題なく聞けております。

c0145198_18454416.jpg

c0145198_18455962.jpg



どういう訳かヘッドホンにはシリアル番号があります。
いったい何の意味が??
c0145198_1848794.jpg


元々のヘッドホンにはバランスケーブルはついていますがLRが完全に独立したタイプです。
私が使うのは、4.4mm5極プラグですので、やはり買い足します。
c0145198_18494663.jpg


さて、このケーブルすごい迫力です。
僕は理系ですが、リケーブルで音が良くなるとは思っていない派です。
c0145198_18504160.jpg


これで、イヤホン用と揃いました。
c0145198_1851425.jpg


装着するとこんな感じです。
c0145198_18514974.jpg


これで、私のハイレゾ構築(2.5mm4極から4.4mm5極」への移行)は終わりです。
by eos1d3 | 2018-02-28 18:52 | 徒然に | Comments(0)