無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
pakkunさん、そうだ..
by ゼク at 11:52
何かの縁ですね。。。 ..
by pakkun-house at 20:17
Because here..
by Smithd214 at 04:16
wataru-wataさ..
by ゼク at 18:55
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:32
カギコメさんコメントあり..
by ゼク(管理人) at 18:54
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
アクセスランキング
IEのCSS
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:音楽 ( 125 ) タグの人気記事
メロディー
c0145198_18203826.jpg



あんなにも 好きだった きみがいた この町に
いまもまだ 大好きな あの歌は 聞こえてるよ
いつも やさしくて 少し さみしくて

あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
ぼくたちは 幸せを 見つめてたよ

なつかしい この店の すみっこに 置いてある
寄せ書きの はじのほう きみと書いた ピースマーク
みんな 集まって 泣いて 歌ってたね

あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー いつのまに
大切な ものなくした

あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
遠い空 流されても

きみのこと 忘れないよ
いつだって 楽しくやったよ
メロディー 泣かないで
あの歌は 心から 聞こえてるよ


玉置浩二の作ったこの「メロディー」は本当に素晴らしい。
彼は今では変人のように扱われているが、安全地帯でデビューし
「ワインレッドの心」でメジャーになった時はヒットメーカーであった。
その後、「恋の予感」「熱視線」と立て続けにヒットを飛ばし、
中森明菜ちゃんの「サザンウィンド」、斉藤由貴ちゃんの「白い炎」のように
アイドルへの提供も頻繁に行われている。

もちろん、特筆すべきは彼のシンガーソングライターとしてのシンガー部分だ。
私は、彼こそがプロ中のプロである歌のうまさの持ち主だと思っている。
難しく歌っている訳でもなく、特にややこしい歌い方ではなく、小さな囁くような声から
大きくはき出すような声まで実に安定していてしかも音程が狂うことはない。

かつて15歳だった宇多田ヒカルはそのデビュー曲である「Automatic」で鮮烈な幕を開けた。
私の娘が生まれた頃の話であるからもう20年近く前の話である。
実はそのB面として「Time will tell」が入っている。
その中で15歳の宇多田ヒカルは「Time Will Tell 時間が経てば分かる」とメッセージを送っている。

さて、そんな娘も今年20歳になり、大学生ながら既に子育ての範疇を越えて我々夫婦も
何とか一通りやり遂げた感がこみ上げている。
結婚したばかりの頃、小さな借家の片隅で生活を始めた若い夫婦に子供が授かったのだ。
先も分からぬまま、20年があっという間に経った。

「あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー いつのまに
大切な ものなくした」

いつしか何でも「当たり前にある」と思ってしまっているが、実は当たり前ではない。
元は、何もないところから始まって少しずつ積み木を重ねるように今があるのだ。
20年前ヒカルちゃんが時間が経てば分かると教えてくれたことが、ようやくわかってきた。
わずか、15歳のヒカルちゃんのメッセージが時間を越えて突き刺さる。
そして玉置浩二のメロディーと一緒に頭の中で奏で始めるのであった。


by eos1d3 | 2017-01-19 18:41 | 機材紹介 | Comments(0)
ONKYO DP-X1A キャンペーンきたっっ
c0145198_17153187.jpg


正月にONKYO DP-X1Aを購入した時に、1万円キャッシュバックと
このキャンペーンが付いていました。
購入したレシートのコピーをはがきに張って送ると本日メールに
クーポンの番号が書いた文章が送られてきました。

実際にe-onkyoでハイレゾを1曲買うと約500円なので、1万円分でしょうか?
また、これでハイレゾの曲が増えそうです!
by eos1d3 | 2017-01-16 18:25 | Comments(0)
Fidue MMCX 2.5mmプラグ バランス接続ケーブル
c0145198_14512812.jpg

c0145198_145139100.jpg



G4というお店で作ってもらった6BAのイヤホンをDP-X1Aにバランス接続するために
色々調べていたら「Fidue MMCX 2.5mmプラグ バランス接続ケーブル」というのが
評判良くて、さっそく梅田のe-イヤホンに行って購入してきました。

正直言ってもうお金がないほどにつぎ込んでいます。
しかも、ほとんど使わないのに・・・・・。今となっては勿体なかったと思っていますが仕方ないです。

右が3.5mmの通常ケーブルに繋いだ状態で、左が今回購入したものです。
裏を向けると中国製であることが分かります。

c0145198_14565740.jpg


中身は結構充実しています。
最新のはスペンサーがないと書いていましたが私のは旧型なのかスペンサーが付いています。
それと、3.5mm4極のアダプターケーブルが付いています。これだけ単体で買っても1980円です。

c0145198_14581447.jpg

c0145198_14582231.jpg

こんな感じでMMCXコネクターの隙間を埋めるためのスペンサーが付いています。
ただ、磁石とかではなく普通に置くだけなので、取り外すときは要注意です。

c0145198_14592277.jpg


耳のところには針金が入っているのでShear掛けOKです。

c0145198_14595867.jpg


こんな感じで装着します。
コードの質感は結構高級で、nobunagaの商品のようなゴワゴワ感がなく、
タッチノイズは心配なさそうです。しかも柔らかい材質なので取り扱いも最高です!

低音部分がしっかり出て、これでもうリケーブルは購入しないと決めた46歳の春でした!
by eos1d3 | 2017-01-15 15:01 | 徒然に | Comments(0)
イヤホンケース(自作)
c0145198_1924975.jpg
c0145198_1925945.jpg


イヤホンのケーブルが繁殖してきたので、コーナンでケースを買って、
その中に乾燥材を入れてイヤホンケースを自作しました。
グルグル巻きに適当に置いておくといつの間にか断線している事が多く
これまでに数本無駄にしています。

特にBAタイプは湿度に敏感らしく乾燥剤が必要とのこと。
カメラの趣味があるので本当は防湿庫に入れるともっと良いのかもしれないが、
今回は整理も兼ねてこんな感じにしてみました。
by eos1d3 | 2017-01-13 19:07 | 徒然に | Comments(0)
Pioneer SE-MHR5 (バランス接続ヘッドホン)
c0145198_1316424.jpg
c0145198_13161587.jpg
c0145198_13163360.jpg

c0145198_1317484.jpg




もう嫌やけど、やっぱりSE-MHR5買ってしまいました。
ONKYO DP-X1Aにはバランス接続できる2.5mm4極の端子が付いていますが、
結局のところ、これに対応するヘッドホンがこれしかないので、というか、
これを買ってね!という事なので、仕方なく購入。

他の選択肢はバランス接続できる SONY MDR-1Aに3.5mm4極-2.5mm4極の
変換ケーブルを買ってつけるか、4.4mm5極-2.5mm4極のケーブルを待つか、
MMCX対応のヘッドホン(何種類かある)をリケーブルし2.5mm4極配線を行うしかないのである。

まぁ、これで良くなったように思います。
オーディオテクニカのM50Xの非ハイレゾのモニターヘッドホンと比べると、
ハイレゾ対応なので、高音よりにわざと振っているように思えるのと、
低音部分が、ややおかしいの除くと、いいヘッドホンだと思います。

今のところ、一番安く2.5mm4極のヘッドホンを手に入れるにはこれしかないかな・・・。
by eos1d3 | 2017-01-11 13:23 | 徒然に | Comments(0)
バンナイズ ONKYO DP-X1A キャリーケース
c0145198_17522060.jpg

c0145198_17522692.jpg

c0145198_17523129.jpg

c0145198_17523743.jpg

c0145198_17524458.jpg

c0145198_17524837.jpg

c0145198_17525355.jpg


ONKYO DP-X1Aの本体の本革ケースは手に入れたがその本体を入れるケースが
欲しくなるのが人情というもの、そこで探してみると案外種類はありません。
そらそうでしょう、スマホと違ってハイレゾのDAPはほとんど普及していないのが現状ですので。

おそらくみなさん一番ポピュラーなDAPはスマホという事になると思います。
スマホに曲を入れて持ち歩いているのが普通でありますし、ヨドバシのイヤホンコーナーでも
試聴しているDAPはスマホが圧倒的に多いです。

そこまでスマホをDAPとして使っている現状があるのだから、DAP専用機はマニア枠に
入っていると思います!スマホがない時代はステック状のメモリー式DAPを使っているのが
10年ほど前で、その後いろいろ出ましたが、最終的にスマホに代役を取って変わらて、
いつしかそっちの方がポピュラーになったのです。

今でにDAPを作っているのはsonyくらいで、どこのメーカーも儲からないんで撤退したのでした。
ここ数年、ハイレゾを普及さそうとしていますが、なかなか広まっていないのが現状です。
まず、ハイレゾ音源を手に入れることが難しい。せっかくCDを持っていてMP3で十分満足している
のだから、いまさらハイレゾ音源をネット経由でお金を新たに出して買う訳がないのである。
それだったらまず、iPhoneでも可能なALAC形式で可逆圧縮させるのが先決であろうし
MP3とALACの差が分からないのであればハイレゾには決して興味を持たないだろうからである。

まぁ、そんな感じで、売り場の面積もハイレゾコーナーは狭くて、マニア向けになっていることが多い。
前置きが超長くなったが、そんな理由でキュリーケースはバンナイズのこれにした。

安っぽく映っているが、意外に高くて8000円弱した。
う~ん、散財はもういい加減やめておかなくては・・・・・・・。

ただ、このケース出来は素晴らしい!
いろんなところに手が込んでいる。
まぁ、買う人も少ないだろうから、写真でみて判断してください!
by eos1d3 | 2017-01-09 18:05 | 徒然に | Comments(0)
『Dignis』のDP-X1A用モデル
c0145198_18193396.jpg
c0145198_18194259.jpg



ONKYOのDP-X1AにはFiio製品と比べるとアクセサリーが多く揃っている。
やはり本革製のカバーケースが欲しくなり、4年前から私のイメージカラーとなっている
赤の『Dignis』のDP-X1A用モデルを購入しました。

この製品、今までiPhone等の本革ケースをたくさん購入してきましたが、
本当に製品としての出来具合が素晴らしいです。
ほとんど寸分変わらない精度でDP-X1Aと密着します。

ただ、ひとつ注文を付けたいのが、サイドボタン部の革の補強です。
特に、曲送りや曲戻りや一時停止はあまり押しませんが、電源ボタンは良く押します。
X1Aは電源ボタンが埋没している形状なので何度も押していると革が凹んで模様のようになります。
この部分はちょっと補強が必要だと思います!
by eos1d3 | 2017-01-07 18:24 | 徒然に | Comments(2)
正月の戦利品(バランス接続)
c0145198_18352080.jpg


また訳のわからんもんを買ってしまった。
ようするにハイレゾ音源を再生する機械です。
「あんか、この前買ったばかりちゃうの?」と聞こえてきそうですが、
やはりFiio X1 Secondは中国の会社の製品で使いにくことが多く
これをサブに回して、メイン機を購入しようと試案。

そこそこ安くて評判のよいONKYO DP-X1Aにしました。

Fiio X1 Secondとの相違点は簡単に言えば、ハランス接続が出来るかどうかです。

c0145198_18395580.jpg


簡単に言うと、通常のイヤホンやヘッドフォンは3芯なのです。(iphoneのリモコン付きは4芯だが
ちょっと意味合いが違う)。
イヤホンの断線をばらしてハンダしたことがある人はわかると思いますが、
イヤホンはL(+)とR(+)と共通の(-)になっているのですが、これをアンバランス接続と言います。
バランス接続はアンプ側でステレオ音源を左右の(+)(-)に分けてそれぞれが独立した状態で
相対的に電気信号を送りまた合体させるのです。

写真見れば分かりますが、これは左右別々のステレオ3.5mmミニプラグを指しています。
c0145198_18491054.jpg


今までは左右の(+)と共通-だったのが、左右の+-になることにより音が立体的になることは
安易に想像がつきます。
イヤホンではsonyが4.4mmの新しい企画でバランスケーブルを作っていますが、
標準的には各社2.5mm4極がバランスケーブルの現状です。
c0145198_18521522.jpg


このケーブルがそれです。4極の2.5mmです。
高級DAPにはアンバランス3.5mmとバランス2.5mmのそれぞれの差込口があります。
c0145198_18531944.jpg


DP-X1Aは手前がバランス接続ですので、このイヤホンをここに差し込みます。
するとどうでしょうか??今までに聞いたことのない立体的な音が聞こえてくるではありませんか!
c0145198_18551580.jpg


後は、設定をバランス接続にして聞くだけですよ!
もちろん、ハイレゾ音源はe-Onkyoから正規ルートでダウンロードです。
CDからのリッピング、アップサンプリングではありません。

もともと、このDP-X1Aはアップサンプリング機能がついていて、どんな音源でも
数字的にはアップサンプリングしてハイレゾ相当の音に変換できます。
MP3を聞いたとしても、最大192KHZにアップサンプリングします。
ハイレゾ音源がない場合は、iTunesのMP3を入れてもいいかもしれませんね。
by eos1d3 | 2017-01-04 18:59 | 徒然に | Comments(0)
今年最後の買い物
c0145198_17495966.jpg




今日から仕事が休みになりましたが、大みそかの年越しの買い出しをして
お墓の掃除とお墓参りをして、ようやく今年最後に自分の買い物に行きました。

日本橋にあるe-イヤホンが最近梅田のエストの中に出来ました。
そこまでなら、車で20分ほどです。しかも60分300円の路上パーキングに止めると
すぐ横づけできるのでそこにいつも行っています。

イヤホンケースの乾燥剤付きのものですが1500円ほどです。
シリカゲルが赤から白に代わると新しいものに交換してくださいって、どこに売ってるねん!

今年最初はエアー工具にはまり、カメラ・レンズの一式交換し最後はハイレゾ機器に取り組みました。
さて、来年は何にはまるのか??非常に楽しみです!
by eos1d3 | 2016-12-30 17:55 | 徒然に | Comments(0)
ハイレゾ音源購入
c0145198_18211213.jpg


今まではCDからアップサンプリングして数値のみをハイレゾ化して聞いていましたが、
やっぱり本当のハイレゾ音源はどんなものか試したくなるのが人情である。
そこで、e-onkyoのハイレゾサイトから安売りキャンぺーンをやっていたJAZZを購入!
1曲500円なのに10曲で900円!しかも楽天ポイントが使えるのでほぼ無料です。
FLAC 96KHZ/24bitの純ハイレゾ音源をダウンロードで手に入れました。

おまけに宇多田ヒカルのデビュー曲automaticのB面のTime Will Tellもハイレゾ音源購入。

やっぱりCDからソフトでPC内ハイレゾ化したものと空気感が違うような気がします。
妻に試し聞きしてもらっても同じことを言いますので一貫してそんな感想だと思います。

みなさん勘違いしているのが、デジタル=音が良いなんですが、ハイレゾ化はその逆で
どうやってアナログに近づけるかの技術でございます。

本来であれば音は空気を響かせて伝わります。それは y=A・sin(ωt-αФ)で示されるサインカーブである。
もちろん、それは滑らかなのであるが、それをデジタルにするとカクカクのカーブになってしまう。
それをいかに元の滑らかなサインカーブに戻すかがアップサンプリングでありハイレゾである。
なので、完全なアナログのマスターテープがあればそこからCD音源である16bit/44.1Khz以上の
ハイレゾ音源を作ることは可能である。

これで、正月休みも暇なく遊べるかなぁ~~??
by eos1d3 | 2016-12-28 18:45 | 徒然に | Comments(2)