無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
wataru-wataさ..
by ゼク at 19:25
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:33
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:57
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 07:53
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:21
wataru-wataさ..
by ゼク at 23:20
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:S-GT ( 515 ) タグの人気記事
野尻選手すごい!
c0145198_1891280.jpg

c0145198_1892716.jpg

c0145198_1894898.jpg

c0145198_18112123.jpg



今年のモータースポーツは野尻選手の活躍が止まらない。
開幕のSFも表彰台、その後APのSFもPP獲得、
さらに先週の鈴鹿SGTもポールトゥウィン、
そして本日行われたSUGOのSFもまたPPだ。

2008年に松田次生選手が6連続PPを取ったことを思い出す。
SFもポールトゥウィンかもね!
by eos1d3 | 2018-05-26 18:14 | 徒然に | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km KONDO Racing
c0145198_17574345.jpg

c0145198_17582190.jpg

c0145198_1758498.jpg

c0145198_17593938.jpg

c0145198_17595899.jpg


このところのGTでのKONDO Racingの成績は芳しくない。
優勝も一昨年前から遠ざかっている。
ウエイトハンデーもほとんど積んでないので何が悪いのか?
やはりプロスポーツなので勝たないとダメだ。

今回は土曜日は急遽仕事で行けなかったが、近藤監督はほとんど
顔を見せずにいた。日曜日のアドヴァントークショーもなかった。
しかもグリッドも最後の5分に到着してあっという間の出来事だった。

昨年までは真夏の1000kmがあったから良かったが、私のSGTは
今年はこれで終了だ。残念っっ!!

それでは監督さ~ん

監督さ~ん
by eos1d3 | 2018-05-23 18:07 | 徒然に | Comments(2)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km RQ
c0145198_18105390.jpg

c0145198_18111660.jpg

c0145198_18112855.jpg

c0145198_18113829.jpg

c0145198_18115063.jpg



それにしてもどえらい人だった。
鈴鹿のメインストレートがおっさんカメラマンで埋まったのだ!!
何重ものおっさんカメラマン(私も含む)をかき分けて何とか
お目当てのRQさんの写真を撮る。
もう押されて突かれて大変な中でシャッターを押す。
それでも、撮ってしまうのはなぜだ~~
by eos1d3 | 2018-05-22 18:14 | 徒然に | Comments(2)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km
c0145198_19404368.jpg

c0145198_1941921.jpg

c0145198_19412219.jpg

c0145198_19414479.jpg

c0145198_1942748.jpg

c0145198_19422435.jpg

c0145198_19423480.jpg


c0145198_19424855.jpg

c0145198_1943025.jpg

c0145198_19431263.jpg

c0145198_19432320.jpg



昨年までの真夏の1000kmレースから一転して5月の300kmレースになった。
とは言っても、昔は鈴鹿で開幕戦があったので感じはつかめている。
決勝の迫力は何物にも変えられないほど気持ちいい。
ミスなく走り切ったマシンだけが最初にチェッカーフラックを受ける。
その瞬間、鈴鹿は拍手に包まれる。それがたとえドライバーに聞こえなくとも。
by eos1d3 | 2018-05-21 19:46 | 徒然に | Comments(2)
P.PはARTA
c0145198_18464489.jpg


ARTAとはオートバックス、レーシングチーム、アグリの略であり、
SUPER GTをスポンサードするオートバックスの支援チームでもある。
なので私たちレースファンはARTAが勝つ事に何より称賛を送る。

前回の富士ではGT300でARTAが勝った。
そうだ、オートバックスチームはGT500もGT300もマシンを出していて、
総監督は元F1ドライバーの鈴木亜久里氏である。
チームとしても名門であり、トヨタに移籍する前の脇阪寿一監督は、
フォーミュラーニッポンでARTAから参戦していたし、伊藤大輔監督もそうである。

何年か前にGT500,300ともにARTAが勝ったことがあった。
長くSUPER GTを援助し盛り上げてくれるオートバックスにはみな感謝の気持ちで一杯だ。
だから、今日もPPでいいぞ~~。
by eos1d3 | 2018-05-20 10:00 | 徒然に | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE  その6 KONDO Racing編
c0145198_1830387.jpg

c0145198_18304725.jpg


KONDO Racing Teamを追いかけて13シーズン目、2006年に初めてSUPER GTを見に行き
そこから必ず毎年SGTが1戦、SFが1戦は少なくとも観戦しています。
妻が近藤監督のファンであるから、近藤監督のカッコいい写真を撮るためにカメラ機材を揃えました。
鈴鹿、岡山のほぼ全戦のピットウォーク、グリッドウォークに行き、近藤監督を撮り続けて来ました。
もちろん、チームの写真、RQさんの写真もカメラに納めていますし、運よく何度かの
優勝を目の当たりに出来、その表彰台も記録できています。

やはり、プロのチームであるから勝つために戦っています。
一番は優勝する事!それと表彰台に乗る事!そんな瞬間に出会えることを祈って撮影を続けています。

c0145198_18405875.jpg

c0145198_18411782.jpg

c0145198_18413624.jpg

c0145198_1842263.jpg

c0145198_18421437.jpg


今年からレーシングドライバーとして高星選手が、チームスタッフとして前MOLA監督の
大駅さんが加入して、優勝を目指しております。
超強力な方がやってきて、こりゃチャンピオンもあるか??

それでは、今年の監督さんを!!

監督さ~ん
by eos1d3 | 2018-04-12 18:55 | EOS-1DXMarkII | Comments(2)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE  その5 グリッドその他
c0145198_1881514.jpg

c0145198_1882614.jpg


岡山は開幕戦なので選手の集合写真がある。
オートバックスの看板の下で撮影すると広報があったので待ち構えていると
なんと、偶然なのか元F1の、しかも同時期に走っていた4人が揃っていた。
バトンは元F1の世界チャンピオンであるし、コバライネンもF1で1勝している。
小林可夢偉、中嶋一貴においても複数年のF1シーズンレギュラードライバーである。
こんな4人の姿を撮れるなんて本当にラッキーだった。

c0145198_18122842.jpg

c0145198_18123823.jpg

c0145198_18131698.jpg


そしてやはり人気と話題はそのジェンソン・バトンが持ってゆく
グリッドでは、今まで見たことのないような人の数、撮るのも一苦労でした。
c0145198_18142454.jpg

c0145198_18143695.jpg


コバライネンやバトンが参戦して、さらにはフォーミュラーの世界では
F2(昔のGP2)のチャンピオンがF1のシートがない場合、日本の
SUPER Formulaに参戦していたように、F1の世界と少し近づいた感じがします。

今後、アロンソやライコネンがスポット参戦するような、夢の時が来るかもしれませんね!!
by eos1d3 | 2018-04-11 18:17 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE  その4 RQ
c0145198_131228100.jpg

c0145198_13124829.jpg

c0145198_13132745.jpg

c0145198_13134023.jpg

c0145198_13135186.jpg

c0145198_13142166.jpg

c0145198_131414.jpg

c0145198_13144492.jpg

c0145198_13151173.jpg



F1でもグリッドガールが全面廃止か?と囁かれる時代、
彼女たちレースクイーンのサーキットでも意味合いが少し擦れ始めているように感じる。
レースクイーンは、あくまでもチームのスポンサーの宣伝を担うお仕事をする方々だ。
それぞれが、チームスポンサーのイメージカラーの意匠を身に纏い、熱心に広報している。
そこには彼女たちにもプロの意識が必ずあり、ベテランのレースクイーンになるほど、
それを理解しスポンサーロゴを指で差したり、自分の意匠を誇示するポーズを取る。
ようするにずれ始めているのは、我々彼女たちを撮る方の男の側である。
下半身ばかりを狙って動画を撮ったり、パーツの写真を集めたりと、彼女たちの
仕事の本意を理解せずに接している。
非常に美しく華やかで若い彼女たちを見ると、男性なら誰でもワクワクするのは当然。
だからこそ、彼女たちの仕事の本意を理解して、お互いが尊重して撮影しないと、
F1のような事にもなりかねない。
特にSUPER GTはチーム数が多く、その分レースクイーンの人数もずば抜けて多い。
おそらく、日本の有名なキャンペーンガールと言われる人はほとんどここにいると
思ってもいい位だ。

いつまでも彼女たちの輝きを見続けるために、
そろそろちゃんと考える時期がきているのかもしれない。
by eos1d3 | 2018-04-10 13:25 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE  その3決勝
c0145198_201566.jpg

c0145198_2021211.jpg


c0145198_203568.jpg

c0145198_203287.jpg

c0145198_2034083.jpg

c0145198_204019.jpg

c0145198_2041524.jpg

c0145198_2042917.jpg


やはり決勝は何もかもが違う。
今までのテストや練習も全てはこの決勝のための積み重ね
レコードラインを常にレーシングスピードでアクセルを踏み続ける。
そこには一切の妥協は許されない。
by eos1d3 | 2018-04-09 20:08 | 徒然に | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE その2
どのチームも取りたい開幕戦の優勝。
しかし、それには予選をなるべく上位に追い込む必要がある。
ポールポジションはそう言った意味で優勝に一番近い。
ただ、相手は強者(つわもの)揃い。
まず、オープニングラップを切り抜けないと勝利はない。

c0145198_20425541.jpg


GT500 ポールポジション
#16 KEIHIN NSX-GT

c0145198_2043131.jpg


GT300 ポールポジション
#88 マネパナンボルギーニー GT3
by eos1d3 | 2018-04-08 12:00 | EOS-1DXMarkII | Comments(0)