無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
uemuraさん、最初は..
by ゼク at 20:14
wataru-wataさ..
by ゼク at 20:11
セグさま コメントにお..
by uemura at 22:04
ゼクさん、おはようござい..
by wataru-wata at 08:57
You actua..
by Cialis online at 17:55
uemuraさん、お久し..
by ゼク at 18:37
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:SF ( 130 ) タグの人気記事
2018 NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース  グリッド
c0145198_17424916.jpg

c0145198_1743234.jpg

c0145198_17433178.jpg

c0145198_17434857.jpg



今回は決勝日しか行っていないのでRQさんの写真はありませんが、グリッドでは
SFルーキーの松下選手が注目です。
何しろ、小林可夢偉選手以来10年ぶりにGP2(現F2)で優勝し、昨年は
2勝も上げているのに、F1に必要なスーパライセンス獲得のポイント数が
達せずに日本に戻ってきたのだから・・・。
世界級でいえば、彼は間違いなくこの中で一番F1に近い人間です。
もちろん、小林可夢偉選手や中嶋一貴選手のように元F1のドライバーはいますが・・・。

そういった意味にでは2番グリッドの福住選手も今年F2とSFの掛け持ちで、
40点貯めれば(F2のチャンピオンを取れば)F1に近づきます。
それと、忘れてはならないのが牧野選手です。昨年までユーロF3で活躍して、
今年は2年目、F2にチャレンジしています。
しかも昨年のチャンピオンチームから出ていて、相方は表彰台に乗っているので、
牧野君も非常に楽しみです!

このように、ホンダはF1にエンジンを供給してF1に道があります。
逆に日産のドライバーはかつてのFormula Nippon22勝の本山選手をしても
F1にはたどり着けない、本当に世界とのつながりのないのが残念です。
by eos1d3 | 2018-04-24 17:50 | 徒然に | Comments(0)
2018 NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース
c0145198_19242875.jpg

c0145198_19245339.jpg

c0145198_1925646.jpg

c0145198_19252233.jpg

c0145198_19253665.jpg

c0145198_19255526.jpg

c0145198_1926121.jpg

c0145198_19262535.jpg

c0145198_19265083.jpg

c0145198_1927669.jpg

c0145198_19271640.jpg

c0145198_19273179.jpg




昨年の最終戦は土曜日の予選だけで日曜日は天候不順で中止になりました。
半年ぶりの鈴鹿で忘れたものを取りに行ったつもりが、さらに忘れてきた感じです。
SF14の最後の年になる2018ですが、ドライバーも一新し新しく始まります。
F1のように2種類のスペックの違うタイヤで戦われ、
年間通しての同じフォーマットで行われることになりました。
去年まであった2レース制は、たしかにバタバタして強いチームだけがPtを
増やせる方式でした。見る側は2回のグリッドウォークが経験出来ていいのですが・・・。

さて、開幕戦は山本選手のポール・トゥー・ウィンでした。
結婚しお子様が出来た山本部長は確実にホンダのエースになっていると思います。
おめでとうございました!!
by eos1d3 | 2018-04-23 19:35 | 徒然に | Comments(0)
久々の鈴鹿へ
今日は久々半年ぶりの鈴鹿です!!
昨年のSuper Formulaの最終戦に行ったきり、ファン感にも来なかったので
半年ぶりになります。あの時は天候不順で結局予選だけやって決勝は無くなりました。
その結果、ガスリーが0.5pt差でチャンピオンを逃したのでした。
F1を回避してまでSFに賭けたのに、実に悔しいレースでした。
私もガスリーを応援していたので本当に残念な思いで、土曜日に早々家に帰りました。

例年であれば土曜日の予選から観戦に来るのですが、今年は息子のクラブ活動の
公式戦に被りましたので、そちらを優先し決勝のみです。
PPはそのガスリーが在籍した無限チームの山本選手が獲得。
c0145198_22192136.jpg

(写真は2017年岡山より)

彼も、数年前に最終戦鈴鹿で関口選手を僅差でかわして逆転チャンピオンを獲得し
GTではバトンと組んで走る、いまやホンダのエースと言っていいほどのドライバーに
なりました!!昨年は結婚そしてお子さんが生まれる目出度い事尽くし!
ストイックで真面目な彼は誰からも愛される存在であります。

さて、決勝ではトップチェッカーを切れるでしょうか!!
by eos1d3 | 2018-04-22 12:00 | 徒然に | Comments(0)
2018 SUPER Formula CLUB F 始まる
c0145198_18333778.jpg


毎年開幕戦までギリギリの1か月前になって始動を始めるこのCLUB F
要するに簡単に言えば、SUPER Formulaのシリーズパスとゲストパスを
購入するために入会する人がほとんどのクラブである。

元々、SUPER GTにはファンクラブがあってゲストパスが購入できた。
SUPER Formulaはつい最近になって後を追って出来たクラブである。

シリーズパスは年間7戦あるシリーズを全戦観戦できるパスで、顔写真付きの
プラスティック製パスである。グリッドにも入れるので各サーキットのゲストパスを
7枚買ったのと同じで、しかも駐車場付きは普段は買えないサーキットに近いエリアの
駐車場を確保できるのである。

ゲストパスは観戦券+パドックパスにスタート前のグリッドパスが付いているパスである。
通常グリッドには入れないので、お得なパスである。

私は、グリッドに入りたいので必ずこのゲストパスを購入している。

そして今日、開幕戦鈴鹿のゲストパスの発売が始まった。
早速2枚購入したが、いつも売り出しがあるのかどうかドキドキする。
今年も売り出されて良かった。そんなCLUB Fである。
by eos1d3 | 2018-03-16 18:46 | 徒然に | Comments(0)
今年もシーズンイン
c0145198_1817052.jpg

c0145198_18172544.jpg

c0145198_18173745.jpg



そろそろモータースポーツの開幕が近づいている。
今週末は鈴鹿サーキットのファン感謝祭、来週末は岡山国際でファン感謝祭がある。
鈴鹿ではSFが岡山ではSGTがテストを行い本番に向けて調整する。

ホテル関係の予約、チケットの手配、駐車場の確保と毎年であるがやることは多い。
特にSGTはF4と共催になり、しかもコバライネン、可夢偉、さらにはバトンの
元F1ドライバーが参戦する今年は、余計に観客が多いだろう。

岡山国際の場内駐車場を確保することから始めて、なんとか快適に観戦と行きたいところだ。
by eos1d3 | 2018-03-09 18:22 | 徒然に | Comments(0)
2018 KONDO Racing SUPER Formula
c0145198_18284778.jpg
c0145198_18285838.jpg


c0145198_18304100.jpg

c0145198_18332914.jpg



SUPER GTに先立って、SUPER Formulaのドライバーが発表された。
昨年に引き続きニックキャシデーと山下健太両選手である。

昨年は予選はいいところまで行きましたが、決勝はキャシディーの
表彰台が1回だけにとどまりました。
今年は、ぜひ優勝してほしいですね!!

SUPER GTもドライバーチェンジのうわさがあるので、ニスモの発表を
ドキドキしながら待っているところでございます。
by eos1d3 | 2018-02-09 18:38 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 その2
c0145198_1834795.jpg

c0145198_1841310.jpg

c0145198_1842549.jpg

c0145198_1843321.jpg


今年のSFを盛り上げてくれたのは紛れもなくガスリーの活躍であろう。
全く走ったことのない日本のサーキット、行ったことも見たこともない日本の風景、
そんな異文化の中で、最初は戸惑っていたが徐々に実力を出し、ついには2勝した。
最終戦を前にトップと0.5pt差まで追いついたが、台風の影響で最終戦を戦う事は
出来なかった。まだ正式なアナウンスはないが、彼はおそらく来年トロロッソの
正規ドライバーとしてF1パイロットとなるだろう。

そのまま、成績を残して何とかレッドブルに昇格しいつかF1シリーズチャンピオンを
取って欲しい。そうなった時にこの写真はまた輝き出すであろう。
by eos1d3 | 2017-10-23 18:09 | 徒然に | Comments(0)
2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦
c0145198_12283284.jpg
c0145198_1228448.jpg
c0145198_12285535.jpg
c0145198_1229987.jpg
c0145198_12292077.jpg
c0145198_12293217.jpg
c0145198_12293969.jpg



2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦は結果として中止になった。
大型の台風が近づいているための処置でこればかりは仕方がない。
しかし、晴れていれば、0.5pt差で追っているF1ドライバーのガスリー選手が
石浦選手をどう追いかけるかが予選・決勝1・決勝2の最大の見せ場だった。
昨年に続き、F2チャンピオンのF1留年先としてSFが選ばれて、実際にF1に乗りながら
同時にSFの選手だったという事に驚いています。

それにしても、台風が憎い!!
本当にガックリの最終戦となってしまった。
ガスリー選手のF1での活躍を祈っております!!
by eos1d3 | 2017-10-22 12:34 | 徒然に | Comments(2)
最終戦は雨で中止
今日は何となく嫌な予感がしたので、朝一のフリーから撮影しました。
ひょっとして予選走らなければ、明日も
中止になると思いガスリーの最後の
走りを撮影しました。

c0145198_19550390.jpg
久々にレインカバーを付けて勇んで
行きましたが赤旗の連続!
路面が走れる状況ではありません!

そして、結局予選も無理やりQ1だけ
放り込んだ形で終了し、予選が終わってから
しばらく経って決勝中止のアナウンス。

あー、最終戦があっけなく終わりました。
ガスリーと石浦選手の勝負をドライで
見たかったです。


by eos1d3 | 2017-10-21 19:33 | EOS1DMarkⅣ | Comments(0)
SF最終戦の行方
c0145198_1865735.jpg


ガスリーの最終戦への参戦が正式に決まって断然面白くなった最終戦SF、
何しろ現在TOPの石浦選手とは0.5pt差でどうにでもなる差だからである。

昨年のバンドーン選手や今年のガスリー選手は言わずと知れたヨーローパのGP2の
シリーズチャンピオンである。昔であればGP2のチャンピオンはすぐにF1昇格となったのだが
今は、シートが空かない場合が多く、その場合は留年することになる。
とは言っても、GP2のチャンピオンは次年度には卒業しなくてはならないので、F1のシートが
無い場合はGP2より上でF1より下のSFに来ることが目標になる。
彼らにとって格下のユーロF3に乗る訳には行かず、この日本独自のSFが「体の慣らし持続」には
もってこいなのだ。

さて、最終戦は2レース制である。
いつもなら1位で10ptなのが半分の5ptであるが、なんとボーナス3ptが付いてくるので
8ptという事になる。さらにQ1の結果がれレース1のグリッド、Q3の結果がレース2の
グリッドという事で、Q1から全力で行かなければならない。
2レース制で周回数も少ないので、Q1のPPを取ればPPで1pt、優勝して8ptと計9ptが
ほぼお約束で入ってくる。しかし、しかしである、もしもガスリーがQ1で失敗したらもう
その時点でQ2にも進めずにTHE ENDとなるのだ。

こりゃ、見ごたえがある。
僕としてはガスリーがGP2、SFと連続チャンピオンを取って、来年気持ちよくトロロッソホンダで
走ってもらいと願っている。
by eos1d3 | 2017-10-16 18:18 | 徒然に | Comments(0)