無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:KONDO Racing ( 183 ) タグの人気記事
2007 ~ 2018 KONDO Racing
c0145198_10053753.jpg
c0145198_10052700.jpg
2007年 SUPER GT
c0145198_10073221.jpg
2009 SUPER GT
c0145198_10075753.jpg
2010 SUPER GT
c0145198_10082358.jpg
2011 NISMO festival
c0145198_10091817.jpg
2012 Formula Nippon
c0145198_10095211.jpg
2013 Formula Nippon
c0145198_10101972.jpg

2014 SUPER Formula

c0145198_10111042.jpg

2015 SUPER Formula

c0145198_10115824.jpg
2016 SUPER Formula
c0145198_10123049.jpg
2017 SUPER Formula

そして、2018年
c0145198_10150096.jpg
c0145198_10154671.jpg


c0145198_10134284.jpg
c0145198_18400141.jpg
近藤監督が記者会見でも言っていたように3年ほど前から積極的にスタッフを替えながら、
暗中模索し七転八倒、最初はなかなかうまくいかなかったが、ついにチームが日本の頂点に!
一番左に写る、河野さんだけは替えずに長年苦楽を共にされたと思う。
ピットウォークの管理やスポンサーさんとの調整等、まさにメカニカルなこと以外の
KONDO Racingの縁の下の力持ち。
そんな苦労されている姿を10年間見てきました。近藤監督とともに、本当におめでとう
ございますと言いたいです。






by eos1d3 | 2018-10-30 10:20 | 徒然に | Comments(0)
2018年 シリーズ チームチャンピオン 近藤真彦監督(KONGO RACING)
c0145198_18391446.jpg
c0145198_18395729.jpg
c0145198_18400141.jpg
まずは近藤監督、そしてKONDO Racingのスタッフのみなさん、初のシリーズチームチャンピオン本当におめでとうございます!
2000年から2018年の18年間の内、私は2006年から、それも主に鈴鹿と岡山のレースしか行ってませんが、それでも、
チームを追っかけ応援し撮影を続けてきました。SuperFormulaのタイトルは純モータースポーツの日本の頂点。
チーム設立から苦労続きだったと思いますし、特にずっとエントリーしてきたTOP Formulaに2009年参戦しなくなった時、
KONDO Racingはどうなるのかと思いましたが、1台から2台体制に復活し僅か数年でホントに素晴らしい快挙だと思います。
c0145198_18394210.jpg
c0145198_18393954.jpg
ただ、最終戦を迎えるときにはポイントリーダーだったニックキャシディ選手は、最終的に1pt差でチャンピオンを逃して
ドライバーズタイトルとチームタイトルのWタイトルには至りませんでした。僕としては最終戦だけ3ptあるのは、どうかと
思うのですが・・・。全てのポイントは平等な意味を持つのでボーナスポイントと言うのはそれを否定していると思います。
c0145198_18394913.jpg
c0145198_18394631.jpg
c0145198_18395378.jpg
山下選手も最終戦で初の表彰台。将来あるトヨタの選手です、若者です!
いずれかは坪井選手らとトヨタを背負っていくドライバーに成長してくれる思います。
それと何より、スポンサーさんの大きなバックアップでここまで来れたことを感謝いたします。
スポンサーのイメージガールとしての彼女たち4人の明るいサポートも大いに役立っていると思います。
まさに、全員で勝ち取ったチームタイトル!本当におめでとうございます。




by eos1d3 | 2018-10-29 18:51 | 徒然に | Comments(2)
なんとかチャンピオンを!
c0145198_21214389.jpg
今年は色々あってなかなかレースの現地観戦が出来なかった。
しかし早くもこの時期がやってきた。
SFの最終戦である。例年であれば間違いなく土曜日から現地観戦していたが、
今年は息子のクラブ活動の公式戦と重なって無理になった。
ところが、土曜日に雨が降ったことにより、公式戦が延期になり、
日曜日は現地観戦できそうだ。

さて、KONDO Racingは2000年から本格的に参戦し早18年。
今ではSuperFormulaのみならずSuper GTにもSuper 耐久にも参戦している、国内の有名な
レーシングチームである。広報もあったように来年からはGT300にも参戦するらしく、
いよいよ活躍を期待するばかりである。

そんなKONDO Racingでありますが、近藤監督が代表という事で話題はあるが成績が追い付かないと
そういった時期もありましたが、ついについにここまでやってきました。
チームのエースナンバー3をつけたキャシディ選手がシリーズチャンピオンに王手をかけている。

予選の段階では
1位 キャシディ 29点
2位 石浦選手  25点
3位 山本選手  25点

となっていて、実質この3人の誰かがチャンピオンになる可能性が高い。
今回の鈴鹿は1レース制なので、2回分のレースptがない。
なので、優勝10点+ブーナス3点=13点
2位8点、3位6点と加点される。

一方PPを取った山本選手、チャシディ選手は予選4位、石浦選手は予選11位
これでほぼ石浦選手の目はなくなった。
するとキャシディか山本選手。点差は4点、
山本選手が優勝すればそのまま決まり。キャシディが山本選手の前に出れば勝ち。
全てはスタートにかかっていると思う。

苦しい時代が続いたKONDO
2009年のFN09の時には参戦すらできずにその後も1台体制で戦ってきた。
近藤監督には是非ともチャンピオンを取ってもらいたい。
そして、全日本選手権の一番大きなトロフィーの横での笑顔写真を納めたいのである。





by eos1d3 | 2018-10-28 10:00 | 徒然に | Comments(0)
今度もKONDOが勝つかも
c0145198_18230490.jpg
c0145198_18235218.jpg
c0145198_18240131.jpg

今年富士では2戦目になるSUPER GTですが、SFでも10年ぶりに勝ったKONDO Racingが予選2位につけています。
このところGTでも優勝から遠ざかっていますので、期待しています。

例年ならば8月は富士と鈴鹿の2戦が組まれ、その鈴鹿は1000kmレースでしたが、その1000kmレースは
昨年で終了、今年は5月に移動しました。その分8月の富士が500kmレースから500マイルに1.6倍になりましら。
ようするに800kmレースです。鈴鹿も1000km時代に700kmになったことがありますが、800kmは
普通に長いと思います。予選の成績がそのまま決勝につながるかどうか分かりませんが、応援しています!



by eos1d3 | 2018-08-04 18:31 | 徒然に | Comments(0)
KONDO Racing SUPER FORMULA 2勝目おめでとう!!
ついにこの時が来た!!
10年ぶりのトップ・フォーミュラの優勝でしかも2勝目です。
この間、2009年にはエントリーもせずに、もうKONDOはSGTだけで行くのか?と
言う時代もありましたが、苦労に苦労を重ねてようやく2勝目に結び付きました。

10年前はFN06の時代でKONDOからはJPオリベイラ選手と横溝選手がエントリーされており、
この時は結構予選好調なシリーズでした。リバースグリッド採用の最後の年でその1レース目で
JPが勝ったのでした。その時の私のBLOGがこれ!

c0145198_16492454.jpg
まぁ、10年経っても全く変わり映えのしないBLOGですが、もう10年も経っていたのですね・・・。

それにしても本当に良かったです。おめでとう近藤監督!!




by eos1d3 | 2018-07-08 16:50 | 機材紹介 | Comments(0)
KONDO Racing SUPER FORMULA P.P
c0145198_20231515.jpg
c0145198_20233819.jpg

本日行われた富士のSF予選でKONDO Racingのキャシディ選手が見事ポールポジションを獲得しました。
雨が降ったりやんだりで、タイヤ選択が難しい中、混戦を掻い潜って見事PP獲得!
昨年の山下選手に続きPPスタート。
なんとか、表彰台は獲得してほしいです!!




by eos1d3 | 2018-07-07 20:26 | 徒然に | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km KONDO Racing
c0145198_17574345.jpg

c0145198_17582190.jpg

c0145198_1758498.jpg

c0145198_17593938.jpg

c0145198_17595899.jpg


このところのGTでのKONDO Racingの成績は芳しくない。
優勝も一昨年前から遠ざかっている。
ウエイトハンデーもほとんど積んでないので何が悪いのか?
やはりプロスポーツなので勝たないとダメだ。

今回は土曜日は急遽仕事で行けなかったが、近藤監督はほとんど
顔を見せずにいた。日曜日のアドヴァントークショーもなかった。
しかもグリッドも最後の5分に到着してあっという間の出来事だった。

昨年までは真夏の1000kmがあったから良かったが、私のSGTは
今年はこれで終了だ。残念っっ!!

それでは監督さ~ん

監督さ~ん
by eos1d3 | 2018-05-23 18:07 | 徒然に | Comments(2)
2018 SGT 富士
ここのところ富士のSGTの現地観戦にはずっと行けていない。
直近で行ったのは2014年で4シーズン前の話である。
KONDOで言えば、安田選手がIMPULに行き、代わりに佐々木選手が
ルーキーで入ってきた年である。
決勝は、クルム選手と懸命に走り4位を死守したことは記憶に新しい。

そんな佐々木選手も今年からIMPULに移籍し、その時にIMPULに行った
安田選手は今年GT300に!そして、JPがKONDOに戻ってきました。

c0145198_16585987.jpg



1年ごとではそう大きく変わりませんが、何年か経つと、随分前のように感じます。
今年の富士SGTは濃霧の影響で午前中の練習走行が中止になり、予選もノックアウト
方式ではなくなりました。色々天候に翻弄されながら我がKONDOチームは予選最下位に。
いくら500kmあると言っても、厳しい予選結果でした。

日程がいい今年の富士SGTですが、来年くらいは行きたいなぁ~~。
by eos1d3 | 2018-05-03 17:01 | 徒然に | Comments(0)
2018 NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース KONDO Racing
c0145198_18225453.jpg

c0145198_18233436.jpg


今年もSUPER Formulaのエントリーは昨年と変わらず山下健太選手とキャシディー選手。
昨年はそれぞれ活躍の場があり、今年もその調子を維持しているので2009年の富士の
優勝(JP・デ・オリベイラ選手)以来の表彰台頂点を目指す。

c0145198_1829593.jpg

c0145198_18301338.jpg

c0145198_18303431.jpg

c0145198_18304421.jpg


ちなみにKONDO RQの今井さんは、とてもかわいいです!!
c0145198_18311452.jpg


さて、予選は13位と15位で完全に出遅れましたが、決勝では山下選手がいいスタートを
見せて一時2位まで上がりましたが、2ピット作戦だったようでその後は下位に下がりました。
今回のソフト・ミディアムの2タイヤ制と300kmレースとの兼ね合いで色々な作戦が
あったようですが、やはり王道は全51周のうち35周を満タンからミディアムタイヤで
残りの16周をソフトタイヤで燃料半分で行うのが良かったみたいです。

それでは、SFの近藤監督はどうでしょうか!
監督さ~ん

監督さ~ん
by eos1d3 | 2018-04-25 18:46 | 徒然に | Comments(0)
2018 AUTOBACS SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE  その6 KONDO Racing編
c0145198_1830387.jpg

c0145198_18304725.jpg


KONDO Racing Teamを追いかけて13シーズン目、2006年に初めてSUPER GTを見に行き
そこから必ず毎年SGTが1戦、SFが1戦は少なくとも観戦しています。
妻が近藤監督のファンであるから、近藤監督のカッコいい写真を撮るためにカメラ機材を揃えました。
鈴鹿、岡山のほぼ全戦のピットウォーク、グリッドウォークに行き、近藤監督を撮り続けて来ました。
もちろん、チームの写真、RQさんの写真もカメラに納めていますし、運よく何度かの
優勝を目の当たりに出来、その表彰台も記録できています。

やはり、プロのチームであるから勝つために戦っています。
一番は優勝する事!それと表彰台に乗る事!そんな瞬間に出会えることを祈って撮影を続けています。

c0145198_18405875.jpg

c0145198_18411782.jpg

c0145198_18413624.jpg

c0145198_1842263.jpg

c0145198_18421437.jpg


今年からレーシングドライバーとして高星選手が、チームスタッフとして前MOLA監督の
大駅さんが加入して、優勝を目指しております。
超強力な方がやってきて、こりゃチャンピオンもあるか??

それでは、今年の監督さんを!!

監督さ~ん
by eos1d3 | 2018-04-12 18:55 | EOS-1DXMarkII | Comments(2)