無題
eos1d3.exblog.jp

時流に乗るな、多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ      村野藤吾
最新のコメント
パイロンさん、ついに小学..
by ゼク at 18:10
念願の車を手に入れて楽し..
by パイロン at 14:20
こんばんは。二人歩記を歌..
by ひろみつ at 20:13
ひろみつさん、私もCap..
by ゼク at 22:32
ゼクさん、こんにちは。剛..
by ひろみつ at 15:36
wataru-wataさ..
by ゼク at 17:16
機材紹介


このBLOGは
sRGB環境
ガンマ2.2
色温度6000K
輝度80
で作成しております!





基本的にリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は
下記よりメールで連絡を
下さい。



このBLOGはKONDO Racingを
応援しています






c0145198_230687.jpg
公社 日本写真協会会員


c0145198_22594281.jpg

一社 日本写真著作権協会会員
HJPI321100004227
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
以前の記事
検索
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:MINI ( 53 ) タグの人気記事
Mini の Wiper 交換
c0145198_19145547.jpg
c0145198_19150457.jpg

実はミニには昔、イングランドのTRICO Rainbow Wiperが付いていた。
しかし、ネットで探してみると、差し込み式のrainbow Wiperがほとんどない。
おそらく本物はこのブレードだけど3万円は下らない。
そこで、形が同じで刻印のないのものを見つけて取り付けた。
これなら8千円。どうせ雨の日には乗らないのでこれでいいや。
ちなみに上の写真が汎用の一番安い一般的なミニのメッキワイパーです。
下のがrainbowタイプのワイパーです。違い分かりますか??




by eos1d3 | 2018-07-18 19:19 | 機材紹介 | Comments(0)
Cooper S のツインタンクの給油
c0145198_17580676.jpg
c0145198_17575719.jpg
c0145198_17580381.jpg

本物のCooper Sのガソリンタンクはツインになっている。
通常なら片側35Lタンクだが、私のは両方25Lの50Lだ。

オリジナルを尊重する私はガソリンキャップもオリジナルなので満タン入れると
ガソリンがダダ漏れになる。なので、セルフスタンドで給油ノズルをなるべく
差し込んで自動で止まるところまで入れる。
すかさずに、片方に回り同じように給油する。
Cooper Sは本当に小さいのでギリギリに止めると、動かずに両方入れることが出来る。

燃料計も不確かなので、いつも実際にタンクの中を見れガソリン量を確認してる。
いつも同じように入れると片方13L入る。両方で26Lだ。
実はツインタンクはフューエルチューブで繋がっているので時間が経てば、同じ量になるのだ。

26Lという事は、まだ半分残っていることになる??
いやいや最初から50L満タン入れたことがないので、おそらく20Lずつしか入っていないと思う。
という事は7Lずつの14Lしか残っていないのだろう・・・。

ちなみにミニは昔乗ったインジェクションもツインキャブもリッター9kmだ。
それほど燃費が良くない事も意外と知られていないのだ。




by eos1d3 | 2018-07-14 18:06 | 徒然に | Comments(0)
バッテリー 充電
c0145198_19250026.jpg


夏になって電装品をたくさん積んでいる現代車はバッテリーが悲鳴を上げる。
家にある3台の車のバッテリーをチェックすると2台が「要充電」となり、
約1日で2台とも充電し終えた。
一方MINIの方は電装品が全くついておらず、唯一時計だけが常時電源で動いている。
チェックしてみると90のバッテリーを付けているので余裕なのか満充電状態だった。
しかし、とりあえず充電完了までやってみる。

MINIのオルタネーターは性能が悪いために電動ファンを付けると途端に電圧が下がる。
もちろんクーラーはないのでほとんどバッテリーは食わないが、それでも気を付けることはいいことと思う。




by eos1d3 | 2018-07-11 19:31 | 徒然に | Comments(0)
類は友を呼ぶのか?
c0145198_18172944.jpg

昨日、大阪も長く降り続いた雨が止んで湿気たミニを乾かすために50kmほど走行しました。
基本的に雨の日は乗らないのですが、なんとなく湿気てるような気がしてエンジンかけて
走るだけで充分乾燥するとどこかで読んだことがあるので、快調に走行しました。
近くにカーショップに行き買い物を終えて出てくると、となりにVWのタイプ3が止まっていました。

私はミニを止める場合、窓も開けっぱなしでエンジンキーだけを抜いてそのままでいます。
窓を閉めると、次に乗るときに暑くてもう乗ることが出来ません・・・。
となりに止めたVWも全く同じで窓を開けたままで止めていました。

そうこうするうちに、オーナーが戻ってきて私がVW何年製ですか?と聞くと1969ですと返答。
私のミニは1970年ですと言うと、クーラーないので暑いですね!とシャツにスプレーする
ミントミストスプレーを貸してくれて、これを掛けるとちょっとマシですよと教えてくれた。

僅か1分くらいのやり取りでしたが、旧車仲間の輪は意外に暖かく深いと思い知らされました。
実際、最高気温32度くらいまでなら何とか乗れます。

そもそも夏の甲子園に高校野球見に行くのに暑いからという理由で行かない人はいないでしょう?
見に行くには、暑さは当たり前で、野外スポーツだから文句を行く人もいません。
クーラーなしの旧車に乗る人も同じです。
真夏に旧車の運転するには旧車にまず乗らないと運転できません。

ただ、それだけなのです。




by eos1d3 | 2018-07-09 18:29 | 徒然に | Comments(2)
Prime Photos
c0145198_18162517.jpg

先日、iPhoneがクラッシュして思ったのが、写真はiCloudにバックアップすると
どうしても容量が必要で無料の5GBでは足りなくなります。
でも、やはり写真はバックアップしたい。でもPCも持ってないしどうしようか?と
言う人には、もしアマゾンのプライム会員になっていたらこのPrime Photosをイチオシする。

プライム会員だと無料で使える(というよりプライム会員に付属している)アプリで
クラウド式になっており、iPhoneに同じアプリを入れることでWiFi化にいるだけで、
撮った写真をすぐにクラウドに飛ばしてくれる訳だ。

しかも素晴らしいのは写真の劣化がなく同等で保存してくれることにあります。
私はカメラロールに残っていた写真1500枚をこれで保存しました。

このアプリを使いだして2週間後にクラッシュしてしまい、本当であれば
カメラロールの写真はiCloudでバックアップしてないのでなくなっていたが、
Prime Photosのおかげで全て助かっているのは素晴らしい出来事であった。

もちろん、新品のiPhoneを復元しても自動的にPrime Phorosからは戻らないので
自分で選択して戻す必要がある。でも、iPhoneアプリの中にクラウドになった
写真があるので、その必要もないと思う。


c0145198_18261111.jpg

by eos1d3 | 2018-07-05 18:24 | 徒然に | Comments(0)
こんな感じに
c0145198_12432659.jpg
c0145198_12433121.jpg


貼ってみるとこんな感じになりました。
なんとなくこの時代の車に似合っているような感じがしますね。
もうちょっと色あせていたらいいのですが・・・・。



by eos1d3 | 2018-07-04 12:46 | 徒然に | Comments(0)
排出ガス対策済み 有鉛 ステッカー
c0145198_19422773.jpg
私の車は昭和45年式
その頃の日本車にはこんなステッカーが貼ってありました。
排出ガス対策済みは助手席の窓に、有鉛は給油口に近いリアウィンドに

このステッカー、どこかの誰かがコピー品を売っています。
こんなの買うやつおるんかい??と思っていたけど、それは私でした・・・。




by eos1d3 | 2018-07-02 19:45 | 機材紹介 | Comments(0)
機械式 水温計 不具合
c0145198_21174579.jpg
先週取り付けた機械式の水温計ですが、1個目が2時間で壊れて
本日交換してもらったものも1時間で壊れました。
最初は初期不良と思いましたが、店主も今まで何個も付けて、
2時間で壊れたことがなかったし、まして続けて壊れるはずがないから、
車のセンサーを指している部分のシリンダーヘッドとの相性が悪くて
一瞬で壊れるんやとの結論に達しました。

元の電気式に戻すしかありません。
ほんと1週間に3回も水温計を付け替える羽目になるとは思ってもみませんでした・・・。



by eos1d3 | 2018-06-30 21:21 | 徒然に | Comments(0)
MINI 納車1か月
早くもミニが納車されて1か月が経った。
最初の数日間は、本物のミニクーパーSの迫力に体がついてこなかったが、
ようやく最近では操作に慣れてきたように思う。

何度も書くようであるがオールドミニの中でも1959~1971に製造されたミニは
マークが付くミニで今でも「特別」な存在であることに違いない。

私のミニは1970年製ということで、ほぼ最終形に近いモデルである。
平成の今のハイブリッドが主流の電気自動車に近い自動車がたくさん
走っている中において、1970年の車は全く別の乗り物のように思う。

とにかく、現代の自動車は優秀だ。
まず水温計がない。オーバーヒートする事なんて想定外で水温計が必要ないのだ。
オールドミニの中でもクーパーSはレーシングカーそのものだから、エンジン設計にも
ギリギリのところがあり、ボアがカツカツなのでとにかくエンジンが冷えにくい。
ミニショップではクーパーSは夏の渋滞は絶対にはまってはいけないと言う。
特に登坂の高速の渋滞になると、間違いなくすぐにオーバーヒートしてしまうだろう。
私も、30度の気温にミニを走らせると、渋滞に嵌ると一気に水温計が上がり、
電動ファンを回してもなかなか下がらない。
常に水温計を見ながら、ドキドキしながら運転している。

日本車に乗ると、そんな緊張感は全くない。
なんか、昭和の時代の車に乗るときの特別感が分かる気がする。
運転は非常に難しく、もちろんパワステもブレーキサーボもない。
クーラーもなければオーディオもない。
現代の車に慣れた人が、このミニに乗るとどう思うだろうか??実に興味深いところである。

c0145198_18190962.jpg
c0145198_18185502.jpg
c0145198_18190202.jpg
c0145198_18185911.jpg
c0145198_18191685.jpg
c0145198_18185220.jpg
c0145198_18191399.jpg

by eos1d3 | 2018-06-28 18:19 | 徒然に | Comments(0)
BRITISH LEYLAND のバッグ
c0145198_18292936.jpg

BRITISH LEYLAND MINI COOPER S MkIIIという名前の私の愛車は
普通知っているモーリスやオースチンと言った英国の自動車メーカーではなく
そういった会社が合併したBRITISH LEYLANDという会社が作っていた。
その会社のマークがこれである。

はたしてこの胡散臭いバックが正規品であるかどうかは問題ではなく、
このようなものが出回っているというだけで欲しくなってしまうのが
どうか?と思うのでした。




by eos1d3 | 2018-06-27 18:34 | 徒然に | Comments(0)